4・篠崎黒龍か?


 篠崎の屋敷は不気味なほど静かだった。

 空き家のように、人の気配がしない。縁側から土足のまま上がり込み、障子が並ぶ板敷きの廊下を足音を立てぬように慎重に進んでいく。

 奥まで行くと、障子が開いていた。十数人が会食したり寝泊まりできるほどの広い和室だ。

 敷居を踏む。

 大きな男の後ろ姿があった。

 龍の掛け軸と、日本刀が二本飾ってある床の間を眺めている。

 二メートルを超える巨体。黒羽二重の紋服に袴を着ていた。

 彼の頭に、リボルバーを向ける。

 カチリ。

 撃鉄をひく音で、顔がこちらに向いた。

 フルフェイスの白い髭を生やした50代ほどの男。顔は青白く、やせ細っている。


「ふむ。客のようですな?」 

「篠崎黒龍か?」

「だとしたらどうするのかね?」

「撃つ」

「ならば、こう言おう。私は篠崎黒龍だ」

「身代わりにでもなる気か?」

「私は篠崎黒龍だ」

「本物だぜ、これは」

「わかっておるよ」

「見張りの一人を殺している」

「わかっておるよ」

「侵入者に気付いてたのか?」

「誰かが来るとは思っていたからね」

「どこまで分かっている?」

「さぁて」


 銃を向けられても動じない。茶飲み仲間が来たかのように、おっとりとしている。

 イメージとは違ったが、その動じない態度で、こいつが篠崎黒龍であると確信した。


「妹はどこだ?」

「はて?」

「赤沢澄佳。まだ十三歳のガキだ。そいつを誘拐したんじゃないのか?」

「はて?」

「惚けるな。あんた、村浪組を襲っただろ?」

「ああ、君は村浪組の組員でしたか、なるほど、なるほど。よくぞここまでやってきました」

「素晴らしいプレゼントをありがとうよ」

「いやいや、村浪組の活躍はこの耳に届いています。あれぐらい安いもんですよ。それで、みなさんはどうなりましたか?」

「死んだ」

「それは素晴らしい!」


 パチパチパチと拍手をする。


「どこがだ! うちの組になんの恨みがあるんだ!」

「恨み? そんなものありません」

「なんだと?」

「私がプレゼントしたのは、村浪組だけじゃありません。1つの組だけなんて不公平ではないですか。みんな仲良くしてほしいですので、他の組のみなさんにもプレゼントを差し上げました」

「まさか……」

「本当ですよ。厚意にさせていただいている全ての組に差し上げました」

「モンスターをか?」

「モンスター? ふむ。まあ、そうともいいますかな」

「どうやって、やったんだ?」

「札束の入ったアタッシュケースを、普通に渡しただけですよ。みなさん、喜んで受け取っていただきました」

「そして、中身は別のものってわけか」

「いえいえ、みなさんが大好きなお金もちゃんといれてありますよ。もちろん本物です。金など、私には紙切れに過ぎません。そんなのに心奪われるとは、人間とは面白い生き物ですな」

「目的はなんだ? いったいどうやったんだ? あの殺しは人間がやるものじゃなかった。いったいどんなモンスターなんだ!」

「ふむ、君はプレゼントがなにか分かってないようだ」

「運良く、その場にいなかったのでね」

「やれやれ、私はサバイバルを生き残った勇者に来て貰いたかったのですが、あなたはそうでなかったのですね。これは残念です」

「なんだと?」

「……ですが、君は一番乗り。期待できるのかもしれません」

「期待って、殺されるのをか?」

「いえいえ、私の目的のために、部下になってほしいのですよ」

「馬鹿か、なるわけないだろ。目的って、すべてのヤクザを滅ぼして、天下を取るつもりなのか?」

「天下? ヤクザのですか? はっはっはっ、そんなの興味ありません」

「じゃあ、なんだ?」

「世界征服です」


 微笑を浮かべた。


「どうやら頭の病気にかかっているようだな。今、治してやるぜ」


 引き金を引いた。まずは一発目。頭ではなく、肩を狙った。

 篠崎は手を素早く動かした。

 当たった……はずだ。

 なのに、飄然としている。肩から血が出ていない。

 外したのか?

 篠崎の後ろにある掛け軸をみるも、穴は開いていない。壁にもなかった。空砲だった? そんなはずはない。

 確かに、弾を込めた銃を撃ったはずだ。


「お探しのものは、これですかな?」


 親指と人差し指の間に弾丸があった。それを指で潰した。弾薬の粉がぱらぱらと落ちていった。


「なっ!」

「はっはっはっ、こんなもので私を殺そうだなんて、可愛いところがありますな」

「化け物が」

「さてと、次は私の番ですな」


 パチンと指を鳴らす。

 大きな音。奥にある襖が倒れた。隣の大広間から、うようよと背広を着た男たちが歩いてくる。

 その数は、ざっと10人を超えている。


「待ちかまえていたってわけですか」


 予想はしていたが、実際にそうなると恐怖心で震えた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!