5・ノーミソ食わせろ


「ご活躍を期待していますよ」

「ふざけんな! 俺が倒すのはおまえだ!」


 拳を、篠崎にぶつける。


「ふんっ」


 腕を取られ、背負い投げをされる。風船のように軽々と投げ飛ばされた。

 俺は、男たちの近くに倒れた。

 受け身を取ったからダメージはない。素早く立ち上がる。

 敵の足は遅い。杖を失った年寄りのように、のろりと歩いてくる。

 目がうつろ。顔が真っ青。頭が重そうに左右に揺らしている。

 生気がまったく感じられなかった。

 なにかに似ていると思って、すぐに気付いた。門前に立っていた、俺が撃ち殺した見張りだ。あいつがサングラスを外したら、同じような目をしていただろう。

 そして男たちは、なにやらブツブツと唸っている。


「のーみそ」


 なんだ?


「ノーミソ食わせろ」

「ノーミソだぁ」

「ノーミソだ」「ノーミソがあるぞ」「ノーミソを食いたい」「ノーミソ」「のーみそぉぉぉーーーーっ!」


 大きな口を開けた。俺に向かって食いつこうとする。

 引き金を引いた。


『アドバイスをしよう。奴を殺すときは脳みそを狙え。そこが奴の弱点だ。迷わずに撃て』


 おやっさんの言葉を思い出し、頭の中心部、つまりは脳みそを狙った。

 頭に穴をあけた。

 そいつは、後ろからよろっと倒れていった。畳の床にぶつかると、ひっくり返った虫のように両手足をのろのろと動かしていく。

 暫くして、その動きも止まった。

 他の男たちはその様子を見ていたが、仲間の動きが停止すると、一斉に顔をこちらに向けた。


「ノーミソぉぉぉーーーっ!」


 確信した。

 こいつらは人間じゃない。かつては人間で、篠原組のヤクザだったのだろうが、今はそうではない。化け物になってしまった。

 遠慮することはない。したならこっちがやられる。組の仲間のように。これは敵討ちだ。情など消し去れ。

 人間の脳みそが好きであると同時に、自身の脳みそが奴らの弱点だ。俺は、近寄ってくる化け物の頭に銃口を定める。

 撃つ。

 脳に当たり、ひとり倒れた。

 また撃つ。

 もう一人倒れた。

 亀のようなのろさなので、面白いように当たってくれる。弱いわけではない。遠くならこっちが有利だが、近づかれたらこっちが不利となる。間合いを取りながら、俺は一発、一発、玉を大事にしながら、引き金を引いていく。

 事務所でなにが起きたのか把握した。

 兄貴たちは、篠崎のプレゼントによって、このような化け物となり、人間を食うようになった。

 そして、身体を食われた奴も同じ化け物となり、ノーミソを求めて……と地獄絵図となったのだ。

 おやっさんは、外に広まらないように、化け物になった部下を殺し、自分もそうならないように自殺したのだ。


「ゾンビか……」


 映画の世界だけの存在と思っていた。


「分かりやすくいえば、そうですな」


 篠崎は言った。


「特別、名称があるわけでもないようですし、ゾンビウィルスとでも名付けましょうか。30%だとこのように、主人の言うことは聞いてくれるものの、思考が働かず、人間の脳みその誘惑に負けてしまうんだそうです。私がほしいのは70%ほどでしょうか。命令に忠実な部下になってくれます」

「他の組の奴らにプレゼントしたのはなんパーセントだ?」

「純度の悪い覚醒剤。偽物に近い粗悪品、といったところです。10%程度じゃないでしょうか。人の言葉は理解できず、脳みそしか興味なくなります。ゾンビに食われてウィルスに感染した人も、そのぐらいのゾンビとなります」

「ここにいる奴らは、一応はおまえの言うことを聞いているということか」

「ええ、主人の私を襲わない知能ぐらいはあります。ああ、人間の時の倍以上の力がありますから、捕まらないよう気をつけたほうがいいと、アドバイスいたします」

「お気遣いありがとよ。嬉しくて涙が出てくるぜ」

「どういたしまして、お礼は身体でいいですよ」

「あいにくホモじゃないんでね」

「いやいや、部下になれということですよ。女が欲しいなら、ゾンビの美女でも用意してさしあげます」

「ババアを彼女にしたほうがマシだぜ」

「私が作ったゾンビを次々と倒すご活躍。無傷でうちの部下を全滅させたら、私の闇の力をフルパワー使って、70%のゾンビにしてさしあげましょう」

「0%でも100%でもお断りだ」

「ゾンビになれば、そんな思いを消えてくれますよ」

「ふざけん……」


 カチ。カチ。

 くそっ、弾切れだ。


「さて、頼りになる武器を失いましたが、どうなさるのでしょうか?」


 ゾンビの動きが、二、三割速くなった。

 両腕を前に伸ばし、


「ノーミソくわせろぉぉぉぉーっ!」


 と叫びながら、俺に向かってくる。

 思考能力が激減しようとも、銃に撃たれたら死ぬというのは理解できているようだ。

 知能は動物並みってところか。

 銃を逆に持った。

 ブンブン振り回しながら、後ろへ下がっていく。人間相手なら、拳銃を直接ぶつけるのも武器になってくれるが、相手はゾンビだ。威嚇にしかならないし、それもてんで役に立たない。

 じりじりと間合いが詰められていく。

 背中がぶつかった。

 壁だ。

 追い詰められた。目の前のゾンビたちが笑ったような気がした。


「ノーミソ食わせろぉぉぉぉぉぉーーーっ!」


 大きく開いたゾンビの口に、銃をくわえさせた。奴はもがいた。腹に蹴りを入れる。倒れた。その身体を踏んで、ゾンビとゾンビの間を通り抜ける。

 身体が動かなくなった。

 俺のスーツを掴んでいるソンビがいた。すごい力で引っ張られる。

 素早くスーツを脱いで、そいつの顔にかぶせた。

 そして蹴る。

 倒れなかった。視界を塞がれて、もがいている。別のソンビの手がこちらに来る。

 俺は横に飛んだ。畳の上を転がる。

 篠崎のいる方向に手を伸ばす。狙いは奴じゃない。

 その奥にあるものだ。

 日本刀。

 手に取った。ずっしりと重い。

 紋が付いた焦げ茶色の鞘を篠崎に投げた。当たったが、「おっと」とつぶやくだけだった。ダメージはない。

 両手で柄を持ち、勢い任せで日本刀を大振りに振った。

 ゾンビの手が真っ二つになった。

 ありがたいことに本物だ。

 狙いを定めてさらに振った。首が跳ねた。顔が、篠崎の足元に転がっていった。

 キック。


「のーみそぉぉぉーーっ!」


 ゾンビの顔が、大口を開けながらこっちにくる。咄嗟に避けた。後ろにいたゾンビに当たり、ボーリングのように3人倒れていった。


「人の物を盗むなんて、赤沢くんは悪い子ですね」

「ヤクザによい子はいねぇさ」


 ブン、と篠崎に刀を振った。かわした。目に見えぬ素早さだ。人間技じゃない。

 だが。


「ひとつ分かったことがあるぜ」

「なんです?」

「銃の時は手で取っていたが、刀は避けたことだ。手で掴むことができない。つまり刀ならおまえを殺すことができる」

「当たればの話ですよ?」


 ビンゴだった。


「当ててみせるさ」


 俺はニヤリとする。


「チャレンジ精神は褒めたいところですが、戦う相手を間違えてはおられませんか?」


 指を向けた。俺ではない。さらに後ろにいる奴だ。


「分かっているさ」


 背中にいるゾンビを斬る。血が出るが、固まりかけたセメントのようにドロっとしている。

 斬り心地は最悪だ。


「さっき俺の名を言ってたな。なんで知っている?」

「さきほど、妹の赤沢澄佳の名を言っていたじゃないですか。それとも名字の違うご兄妹なのですか?」

「記憶力いいな。ついでに、妹の居場所を教えてくれ」

「こちらが知りたいぐらいですよ」

「なに?」

「赤沢くんは勘違いをなさっているようですね。私は赤沢くんの妹の澄佳さんを誘拐してません、逆です、探しているのですよ」

「つまり妹のことを知っていたと?」

「そうなりますな。まさか探し人でなく、お兄様が来られるとは驚きです」


 驚いた様子もなく、のほほんと言った。


「どういうわけだ? 俺の妹はごく普通の中学生だ。ヤクザや化け物が興味をしめす相手じゃない。それになぜ、俺の組長が、死ぬ間際に、篠崎の屋敷に俺の妹がいると言ったんだ?」

「正確に、そのようにおっしゃったのですかな?」

「篠崎の屋敷。おまえの妹を……だったかな。誘拐したと俺は解釈した」

「ふむ、そうですな。私の推理によりますと……」


 篠崎は顎髭を撫でる。


「ゾンビウィルスをプレゼントしたとき、赤沢澄佳を探しているから、知っていたら教えてほしいと伝えていたからではないでしょうか? まあ、一応、探す約束をしていましたし、連れて来れたらの話ですので、聞いただけの話ですよ」


 それでおやっさんは、その相手が俺の妹だと分かり、そのように伝えたというわけか。


「なぜ探している?」

「はて?」

「とぼけるな」


 篠崎は指を向けた。日本刀をブン回す。一人斬った。さらに一人斬ろうとしたとき、潰されそうな強烈な痛みが右足首を襲った。


「くっ!」


 倒したはずのゾンビが俺を掴んでいた。

 ヘソから下を失い、胴体が半分になった姿のまま、腹ばいで動いていた。


「日本刀の斬れ味に魅了されすぎたようですな。狙うのはノーミソですよ」

「そのようだな」


 ゾンビの頭目掛けて、刀を降ろそうとする。

 が、身体が動かない。

 別のゾンビが俺の肩を掴んでいる。さらに別のゾンビが、日本刀を持つ腕を掴む。さらなるゾンビが後ろから抱きついてくる。

 倒れると、次々とソンビが俺の身体を襲ってきた。

 必死で逃れようとするが、身体の方がちぎれそうだ。ロードローラーに身体を潰され、身動き取れなくなったかのようだ。


「のうみそだぁぁぁぁぁぁっ!」


 ゾンビたちの口が開いた。血と臓器とよだれが垂れていく。そして奴らの歯が、俺の肉に噛みつこうとする。


「ジ・エンド。期待できたのですが、ここまでですか。残念なことです」


 終わってたまるか!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料