2・なんでヤクザになんかなったのよバカ



 姉を思ったのは第六感が働いたからだろうか。

 事務所に向かう途中、携帯が振動した。組の兄弟だろうと発信者を確認せずに出てみたら、懐かしい声が聞こえてきた。


「あんた澄佳をどこやったわけ!」


 三年ぶりに聞くおっかない女の怒鳴り声。懐かしさに、笑みがこぼれていく。


「姉貴、久しぶりだな。元気してたか?」

「うっさい、うちにはヤクザになった弟なんかいません、べーっ!」


 相変わらずだ。

 三年前どころか、昔から何も変わっていない。だが、懐かしんでもいられない。絶縁中の弟に電話をかけてきたんだ。なにか非常事態が起きたのだろう。


「澄佳がどうした?」

「どこやったのよ! 返しなさい!」

「話が見えない」


 澄佳は、十歳離れた妹だ。


「澄佳は、三年前に会ったっきりだ」

「嘘つくな。あんたたち、仲良かったもんね! 頻繁に会っているのは知っているのよ!」


 姉との縁は切れても、澄佳は俺を捨てなかった。内緒で、月に二回ほど連絡を取り合っている。「お姉ちゃんにはバレてない」と澄佳は自信満々に言っていたが、姉は気付いていながら、黙認していたのだろう。


「澄佳、いなくなったのか?」


 笑い事じゃなさそうだ。


「しらばっくれないで!」


 必死なのは分かるが、きゃんきゃん叫ぶから耳が痛くなってくる。


「本当に知らない。最後に会ったのは二週間前だ」

「メールは?」

「してない」

「だから、嘘つくな」

「本当だ。手紙ならやっている」


 メールだと見られる可能性があるから、手紙でやりとりしていた。澄佳が中学生となり、寮生活をするようになっても、手紙の方が味わいがあるから、変えることはしなかった。妹との文通は俺の楽しみだ。お守りのように持ち歩いているし、ボロボロになるまで読んでいる。


「最後に来たのは?」


 何日だったかと、空を見上げながら考える。


「五日前だったかな? 大したことは書かれてないぞ。前に会ったお礼があって、お姉貴や友達の美桜ちゃんのこととか、ああ、好きな男についても書かれてあったな」

「ふーん、そいつのこと話してたんだ」


 澄佳の好きな男がいるのは、姉も知っているようだ。


「名は知らない。気になる男がいるから、告白しようか迷っている、ぐらいしか書かれてなかった。まさか、そいつと駆け落ちしたんじゃないだろうな?」

「それはないわ。樋村は今日学校に来ていたし」確認済みのようだ。「もしそうなら、とっくにぶっ殺してるわよ」

「そのときは俺にも協力させてくれ。澄佳は、いついなくなった?」

「昨日。あんた本当に、なにも知らないわけ?」

「俺のところにいるなら、真っ先に姉貴に連絡してるさ。心配させたくないからな」

「ヤクザの癖にお優しいことで」

「家族には優しいのさ」

「あんたなんか赤の他人よ」

「姉貴、愛してるぜ」

「死ね」


 俺は笑った。


「それで、澄佳がいなくなったのは?」

「夕方5時ぐらい。私が、陸上部の活動を終えてから、黒魔術研究室に行ったときね。迎えにいったら、澄佳と小麦の姿がなかったの」

「小麦? 友達も一緒なのか?」

「そうよ、小麦美桜って子なんだけどね。部室に鞄を残したまま、どこにもいなくなっちゃったの」

「誘拐?」

「分からない。でも、澄佳は黙ってどっかに行く子じゃないし」

「小麦美桜ちゃんの方は?」


 少し間があった。


「黙っていく子ね。担任だけど、あの子のことは良く分からないの。私に敵意剥き出しだし、いつも挑発してくるのよね。澄佳にはべったべたなくせに」

「彼女が連れて行ったという可能性はありそうだな」


 それなら、見知らぬ男にさらわれたよりかはマシだ。


「なんのため?」

「俺が分かるかよ。美桜ちゃんについては、手紙でしか知らない。澄佳がいなくなったのだって、たった今知ったんだ」

「ヤクザのくせに役立たずね」

「ヤクザは探偵じゃないんでね」


 バイバイと、電話を切ろうとしたので、俺は止めた。


「俺も手伝う。断ると言っても、手伝うからな。縁が切れようが、家族であるのは代わりない。俺だって、澄佳のことが心配だ」


 電話口から声が聞こえなくなった。微かに息が聞こえる。切れたわけではなかった。


「どうした?」

鏡明きょうめい


 姉が俺の名を呼んだのは久しぶりだ。


「どうした姉ちゃん?」


 だから俺も、昔のように姉ちゃんと呼んだ。


「元気してた?」

「さっきまではな。今は澄佳のことが心配で、元気とはいえない。でも、なんとか生きているよ」

「……あたしを心配させないで」

「ごめん」

「なんでヤクザになんかなったのよバカ」


 電話が切れた。バカと言ったときの姉貴は、泣き声だった。


「ごめん」


 聞こえてない送話口に向けて、もう一度謝った。


――鏡明はあたしが守る!


 再び、記憶のなかの姉貴が浮かび上がってくる。

 十四歳。

 澄佳と同じ年のころの姉だ。炎のように真っ赤な髪に、肌の露出の多い白と黒のドレスを着て、手にはナイフのような武器を握っていた。

 姉が、髪を赤く染めて、派手なコスチュームを着て、凶器を振り回すという、気の狂ったことをしたことがあっただろうか? ないはずだ。なのに姉と連想すれば、いつもその光景が浮かんでくる。


――鏡明はあたしが守る!


 真っ先に浮かぶのが、姉の顔ではなく背中だった。

 それは俺が、姉の前でも横でもなく、いつも後ろにいて、守られた存在であったからだろう。

 不思議なものだ。

 いくら考えても、俺はなにから守られてたのかさっぱり分からない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料