憎悪

とても憎い。

あいつが憎い。


僕を傷付けた、

あいつが憎い。


この痛み。

あいつに教えてやりたい。


そして、今日、

あいつをぶちのめしてやった。

夢の中でだけど。


やり返した事で、

少しでも僕の気が晴れたのか。

否。


僕があいつになってしまったようだった。

ものすごく不快であった。


あんなに憎かった、

あいつになるなんて。


夢の中とは言え、

もうあんな事は二度と御免だ。


確かに憎い。

あいつが憎い。


僕を嘲笑った、

あいつが憎い。


この思い。

みんなに教えてあげたい。


例え、憎くとも、

誰かを傷付けてしまったら、

自分が苦しむ事を。


こんな思い、

大切な誰かにはしてもらいたくはない。

応。


素晴らしきこの世界の中を、

憎しみや苦しみで満たさない為にも。


憎しみは憎しみしか生み出さない。

その虚しさを。


厳しい現実の中でも、

一度きりしかないこの瞬間を諦めたくはない。


だから、言わずにいられない。

憎しみに染まってしまった、

僕のようになってもらいたくはない。

と。


Hatred is Futile...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!