分かたれる袂

何故?

そっちに行くの?


こっちにおいでよ。

だって僕等は仲間じゃないか。


え?

仲間だからって。

何で仲間だから、

別々の道を行く必要があるの?


仲間であるならば、

一緒に行った方がいいんじゃないの。

一緒の方が心強いじゃん。

一緒の方が助け合ったりも出来るじゃん。


でしょ。

僕の言う通りでしょ。


だったら、こっちにおいでよ。

だって僕等は仲間じゃないか。


え?

仲間だからって、

同じである必要はない。

別々の道へ進む事で出来る事もある。


確かに、そうなのかもしれない。

別々の方がいいのかもしれない。

別々の方が心細いけど、

別々の方が強くなれるのかもしれない。


僕等が目指している所は同じなんだ。

今は袂を分かっても、

いずれは再び出会う事もあるだろう。


なるほどね。


それが僕の可能性を拡げ、

君の可能性を拡げる。


そして、お互いが成長して、

再び出会う事で、

新たな可能性を作り出す事も出来る。


なるほどね。


それがこの世界の可能性なんだな。


Infinite Possibility...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!