葛藤

右手に自由を。


左手に責任を。


僕等は常に自由である。

同時に責任を負っている。


そして、

自由を求め過ぎると、

無責任になり、

責任に囚われ過ぎると、

不自由さを感じる。


仕方がないものなのだろうか。


善悪があるように。

虚実があるように。

有象無象に。

男女もまた然り。


未来に自由を。


過去に責任を。


僕等は反省を繰り返しながら、

挑戦を続けなければならない。


しかし、

反省をし過ぎると

卑下に繋がり、

無謀な挑戦は、

何の意味も為さないだろう。


僕等は迷いながらも、

苦しみながらも、

何かを選択しなければならない。


例え、それが、

間違いであったとしても。


でも、間違えたくはないから、

迷ったり、苦しんだり。


Like a Pendulum...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!