早朝

まだ、空が、

闇に引きずられてる中、

僕は、

ゆっくり目を覚ます。


まるで、

数瞬の間、

時が止まったかのように、

世界は静か、だ。


心地好い。


そして、空が、

闇を突き放すまで、

もう、

いくらもないだろう。


少しづつ、

体内の血が、

指先まで行き渡るかの如く、

世界が動き始める。


一日の中でも、

限られた、

ほんの少しの、

貴重な時間。


これを体感出来る、

僕は、

幸福、

なんだろうな。


しかし、

その幸福も、

長くは、

続かない。


すぐそこまで、

現実が、

迫って来ている。


そして、空が、

闇を退けると共に、

僕は、

現実に引き渡される。


長い一日の始まり。


刹那な幸福の終焉。


The Precious Time...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!