クジラは空の夢を見るか

作者 片栗粉

17

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作のタイトルは彼の有名な小説のオマージュでしょう。
電気羊のタイトルのオマージュはどれもありますが、多くはタイトルだけをとり、内容は一切関係ないものばかりです。
しかし本作はタイトルだけでなく、基になった電気羊のテーマの一つであった人工知能の命について描かれています。
ただのオマージュにとどまらず、1つの作品として昇華させたのは素晴らしいというほかありません。
SF作品としてもクオリティが非常に高く、ウェブ小説の形で読めるのが惜しい作品です。
これからも応援しています。

★★★ Excellent!!!

久し振りに、SF作品と呼べる創作作品を拝読する事が出来、嬉しく思います。
最後、少々、走ってしまい、説明的に終わってしまった感がありますが、構成・テーマが良く練られた秀作だと感服しております。

最初、タイトルを拝見した時、『 あの小説 』の類かと思いましたが、見事に、ご自身のモノとされていますね。
カクヨムにも、貴方のような方がいらっしゃるのであれば、稚拙な論評を書くまでも無かったかもしれません・・・

私も、フォローさせて頂きます。
これからも宜しくお願い致します。