番外第3話 効果的なCMとは

「イイヨ!」


 異世界。

 こちらの世界との境界を越えた先にある、もうひとつの現実。

 中世ヨーロッパに似た文明レベルのそこは、俺達が知らない文化がたくさんある。

 そんな異世界を案内するガイドのアミューさん。


「マジでいいのか?」

「ウン! そのカメラで撮るんでしょ?」


 頭の上から動物のような耳を生やした、褐色の女の子。

 彼女は俺やKADOKAWAが一番信頼している異世界ガイドだ。

 何度も命を助けられたし、気持ち的にも安心できる。


 異世界に来たら、まず彼女に会った。

 俺もJKも再会を喜び、町で乾杯した。

その席で、申し訳なさそうに頼んでみたら、これだ。


「アミューさん、やけに慣れてるみたいだけど、経験あるの?」


 一緒についてきたJKが尋ねると、アミューさんは得意げに頷いた。


「今までガイドしたのはラノベ書く人だけじゃないカラ。ゲーム作る人トカ、マンガ描く人トカ。あと、ユーチューバーもいたヨ!」

「へー、ユーチューバーも異世界に来るんだー」


 最近では企業が主体になって動画を配信する事も増えてきた。

 素人が異世界に来ると危険だが、企業のバックアップがあれば話は別だ。

 特にKADOKAWAはドワンゴと提携を結んでいるから、異世界へ行く実況者などが増えているのだろう。

 もっとも、最近はそれで死亡事故も増えていると聞く――

 まぁ自己責任なんだけどな!


「じゃあ、アミューさんはカメラに映るの平気なのか?」

「大丈夫だヨ! 変な風に撮らなければ!」

「アミューさんならどんな格好だって変じゃないさ」


 俺はさっそくカメラを彼女に向ける。

 フレーム越しに見える風景は、酒場の喧噪。

 笑顔のアミューさんの後ろで、楽しそうに酒を酌み交わす冒険者。ゲームなどとは違い、武器を持っている者は少ない。仕事帰りの労働者が多いようだ。


「それで、どんな感じに撮るノ?」


 フレームの中のアミューさんが尋ねる。


「どんな……感じ……?」

「宣伝なんでショ? どういう宣伝にするノ?」


 しまった、考えていなかった。

 ただ異世界をカメラに映せばいいというわけではない。

 これは小さな番組なのだ。

 俺の本を買ってもらうために、魅力的な宣伝をしなければならない。

 テレビCMは十五秒で起承転結のある内容にしている。

 つまり宣伝にもストーリーがあるという事だ。


「ちょっと待ってくれ、今考える」


 俺はメモ帳を取り出し、一時間かけて話を組み始めた。


                 *


 町を一望できる丘の上。

 額を手で押さえながら歩いてくるアミューさん。


「Oh……困ったわ。これじゃあ取材なんてできない」


 そこへ登場する、笑顔の俺。


「ハーイ、アミュー! そんなしょぼくれた顔をして、どうしたんだい!?」

「聞いてよ、この異世界は複雑すぎて、何をしたらいいのか分からないわ! これならスーパーマーケットの缶詰コーナーの方がまだマシよ!」

「HAHAHA! いつも買いに行くのはボクだけどね!」

「これじゃあ、面白いライトノベルなんて書けないわ!」

「そんなアミューのために、今日はいいものをご紹介しよう! コレさ!」


 懐から文庫本を取り出す俺。


「富士見ファンタジア文庫が出版している『異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~』があれば大丈夫! 危険な旅もこの一冊で安全なピクニックに早変わり!」

「まぁ、なんて便利なのかしら!」

「これさえあれば、君も異世界で必要な情報をゲットできるって寸法だ!」

「まるでニンジャね! こんなに簡単に手に入ってしまうなんて!」

「だけどママの秘密は盗んじゃダメだぞ!」

「これを読めばライトノベル作家になれるのね! とってもお手軽!」

「今ならあさのハジメ先生の『編集さんとJK作家の正しいつきあい方』と二冊セットで、1296円! お求めはお近くの書店まで!」

「ステキ!」


 俺の腕に抱きついてくるアミューさん。

 二人で爽やかな笑顔を見せて――


「はいカット。どうだったJK?」

「ダサいね」


 カメラを持つJKに、一言で切って捨てられた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます