第45話 六発の弾丸

 KADOKAWA特別棟の屋上は寒かった。

 なにしろ上半身裸な上に、夜だ。

 東京でも夜はしっかりと寒い。それに今までゲームの中で過ごしてきたんだ。暑さも寒さもシステムで管理されていたため、ここまで急激な温度変化は久々なんだ。


「あいにくと、六発しか持ってきていないんだ」


 ジロー先輩はゆっくりと弾を入れ替える。


「バケモノ用の弾丸はな」


 彼は俺から離れると、ホルスターに再び銃をしまう。

 決闘の誘いだ。

 俺はゆっくりと歩き、二〇メートルほどの距離を置く。

 そのまま殴り合っても良かったが、そこはジロー先輩の誘いに乗っておく。

 この決闘も、取材の一環だ。

 卑怯な手を使ってブチ壊しては、面白くない。


「ジロー先輩。もし俺を殺したら、その後はどうするんですか?」

「そうだな――しばらく休むか」

「書かないんですか?」

「おいおい、小狡い手を使ってプロットを集めたのは俺だぞ? 集めたプロットを俺がどうしたと思ってるんだ」


 ナミオカさんに横流ししたプロットもあるだろう。

 しかしそのほとんどは彼が自分で書いて出版した。

 いくつもの出版社、いくつものレーベルから――

 だから彼は人気ラノベ作家なのだ。


「弟子達には本当に感謝している。西部劇ものしか書けなかった俺が、ここまで世界を広げる事ができた。アニメにもなった。憧れの声優と会うこともできた」

「そこまで売れちゃうと、止められねーか」

「……ああ。悪い事をしている自覚はあったが、止められなかった。その点においては感謝している――無論、それとこれとは別だが」

「わーってますよ」


 俺はジロー先輩に向き直る。

 バケモノ用の弾丸って言ってたな。

 おそらく撃たれたらドラゴンの皮膚でも貫通するんだろうな。

 銃で撃たれるのなんて、担当との打ち合わせの時だけだと思ってたぜ。


「単純な勝負だ。俺の弾丸が早いか、お前の拳が早いか――」


 そんなの弾丸に決まってんだろ。

 だが――六発撃ちきる前に俺の拳が届けば、あるいは。


「っ!!」


 すでに撃たれていた。

 見えなかった。

 ホルスターに手が伸びた動作が、まるでコマ送りのようだった。

 ファニングで放たれた一発目の弾丸は、俺の左肩に命中する。


「あああああああああああっ!」


 走った。

 ドラゴンの脚力で、屋上の床がわずかにへこむ。

 二発目の弾丸が俺の胴にめり込んだ。


「ごぁっ……!」


 痛い。

 ナミオカさんにゲーム内で刺された時よりずっと痛い。

 おそらく弾丸が内部で破裂してやがる。


「うおおおおおおおおおっ!」


 ジロー先輩まで、あと五メートルほど。

 肥大化した俺の身体なら、あと三歩進めば手が届く。

 だが――三発目、四発目と立て続けに撃たれた。

 もちろん避ける努力はしている。

 だがジロー先輩の早撃ちは反応できない。

 さすが西部劇モノの第一人者。ミリタリーやファンタジーを書いていても、結局はそのスタイルが一番ってことだ。


「がぁ………………っ!」


 あと、一歩。

 だが――


「終わりだ」


 俺の眼前に突きつけられる拳銃。

 ジロー先輩を見る。

 彼は、笑っても怒ってもいなかった。

 黒眼鏡の向こうには、虚無があった。

 何の感情もなく、ただ引金を――


召喚サモンっ!」


 突如、横から飛来した人魂のようなものがジロー先輩の銃を弾き飛ばした。

 暴発した銃から放たれた弾丸が、屋上のフェンスに当たる。


「なっ……!?」


 俺もジロー先輩も驚いて横を見る。

 そこには寝間着姿のJKと、ナイフを構えているアミューさんがいた。


「センセー! 助けに来たよ!」

「あ、危ないところだった……召喚サモン


 JKが召喚したのは、無数の機械の腕。

 それが俺の身体にまとわりついたかと思うと、ジェルのような粘性の液体を塗りたくっていく。すると痛みがどんどん消えていった。


「ジロー! センセーを殺そうとするなら、私が殺すヨ!」


 強い口調で警告するアミューさん。


「これは決闘だ。他人が入るのはマナー違反だぜ」


 冷静に告げるジロー先輩。

 しかし、それに対してアミューさんはこう返す。


「私は、センセーのモノだから! センセーの武器で、盾で、鎧で、目だヨ! だから他人じゃないヨ!」

「なっ……」


 ジロー先輩は絶句するが、それよりも俺が驚いた。

 馬鹿なこと言うなよ。

 アミューさんを盾にするわけないだろうが。

 ものの喩えである事は分かっているけど――


「あたしもそうだよ。あたしはせんせーのために戦える」

「お前達――」

「あたしだけじゃないよ」


 周囲を見るJK。

 そこには、さらに数人の作家が臨戦態勢で構えていた。

 アルチュール、ヌルハチ、アバラヤマ、ロックさん、タムラさん――

 ゲーム内で世話になった人が、みんなここに集結していた。


「ジロー先生。せんせーがやった事は、こういう事だよ」

「……なるほど。一理ある」


 JKの言葉に、ジロー先輩は銃を下ろした。

 これは作家としての戦い。

 いや――POKというクソゲーの中での戦いがまだ続いていたんだ。


「そうだな。俺は――お前のその偉業に腹を立てたんだ。多くの作家を目覚めさせ、火をつけ、再び立ち上がらせた――そのに負けたんだった」

「ジロー先輩……」

「対して、俺は全てを失った。もはや、俺にはお前のような味方はいない」


 肩を落とし、ジロー先輩は自分の銃を見つめる。


「作家として、小説家として、俺はお前に負けたわけじゃない。俺の方が面白い小説を書けるし、売れる」

「……ええ、そうでしょうね」

「だが――お前達がどうなのかは、俺も分からない」

「俺にも分かりません」


 それは火がついた作家次第だ。

 未来がどうなるかは、誰にも分からない。


「――俺の、負けだ」


 ジロー先輩は持っていた銃を持ち上げる。

 そして――それを自分のこめかみにあてた。


「……先輩っ!!」


 引金が引かれる。

 破裂音と、小さな硝煙。

 その向こうで――ジロー先輩は生きていた。

 銃を持ったジロー先輩の腕を掴む、若い作家と共に。


「先生…………もう一度……やり直しましょう……」


 なんだよ。

 ひとりじゃねーじゃん。

 まだアンタを慕っている弟子がいるじゃねーか。


「まったく……お節介ばかりだ……!」


 ジロー先輩はその場に膝をつく。

 そして泣きながらしがみつく弟子の肩に、そっと手を置いた。

 もう、俺など見ていない。


「ハッ……情けねぇな、俺」


 俺は血の混じったため息をつく。

 こんなに多くの人に助けられて。

 最終的にジロー先輩を救ったのも、弟子だ。

 自分では何ひとつやっていない。


「なんで勝ったのにヘコんでんの、せんせー」


 召喚獣で俺を治療しながら、JKが尋ねる。


「あー……俺は、主人公にゃなれねーな、って思ってな」


 傷も負わず、チート能力で敵を倒し、ヒロインにはモテモテ、心にもダメージを負わず、頭もキレて冷静な――

 そういう奴になりたかったなぁ。


「せんせーが主人公になんて、なる必要ないじゃん」

「そうか?」

「せんせーは、主人公を側でしょ」


 それもそうか。

 ラノベ作家だもんな、俺達。

 醜くあがくのも許される――か。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます