第44話 義務

「いってぇな何すんだよっ!」


 飛び起きた俺は、頭に撃たれた銃弾をつまんでみせる。

 下手すりゃ頭蓋骨にヒビが入っていたところだ。


「な……!?」


 目を擦るヒマもない。

 驚いているジロー先輩――カウボーイのような格好をしているが、これはいつもの事だ。あの人はいつも西部劇のようなスタイルで生きている。もともと西部劇モノで人気を博した作家だからな。

 その弾丸は正確無比。

 今も俺の脳天をブチ抜くはずだった。


「なせ起きた……? いや、それよりも何故撃たれて平気なんだ……?」

「起こしてもらったんだよ、アミューさんに」


 いきなり連絡があった時はびっくりした。

 KADOKAWAの特別棟に銃を持ったジロー先輩が入ってきたと聞かされた時は、このゲームをモニタリングしていた全ての編集者が標的を察知したらしい。

 編集者も作家とは長い付き合いになると、行動パターンが読める。

 ジロー先輩がこういう時、誰を殺そうとするのかすぐに分かったらしい。


「GMか! 確かにGMならログアウトの権限を持っているが……だが、なぜ生きているんだ? 確かに当たっただろう」

「当たったよ。すっげぇ痛かった」


 俺は額の傷口に触れる。

 少し穴が開いて、血が流れている。

 傷の周囲から、ウロコの感触がする。

 銃くらいでは傷ひとつつかなかった、竜のウロコだ。


「まさか、お前――ドラゴン……!?」

「ドラゴン人間だよ。別にラノベ業界じゃ普通の事だろ?」

「……そうか、お前、以前の取材でドラゴンの血を飲んだそうじゃないか」

「ああ。だけどすぐに元に戻っちまった」


 本来ならば、呪いと褐色娘に詳しい作家の先輩に治してもらう予定だった。

 しかしなぜか自然と元通りになっていた。

 そのあたりの記憶は曖昧だ。


「俺も殺す相手の事くらい調べる。不思議な現象で、ドラゴン化は収まったと聞いた。医学的にも完全に普通の人間に戻ったと。だから銃で殺せると思ったのに――」

「その種明かしは簡単さ。俺はこのゲームに参加する時、イヤな予感がしたんだ。どうせKADOKAWAが作るゲームの事だ、何か罠があるんだろうってな。だから俺も入念に支度をしたのさ」

「まさか――お前」

「そのまさかさ」


 俺は自分の鎖骨に触れる。


「もう一度飲んだんだよ、ドラゴンの血を!」


 異世界に再び赴き、ドラゴンの山まで土産を持っていったのだ。

 東京銘菓だけでなく、東京の地酒を持っていったのが功を奏した。

 人間が口にする程度の血と引き替えと考えれば、安い取引なのか……?


「そこまでして――お前は!」

「実際、アリマさんがゲームプレイ中に撃たれたからな。KADOKAWAの編集ならそういう事も平気でやると思ったよ。ま、実際に撃ったのはジロー先輩、あんただけど」

「ふん――」


 ジロー先輩は薬莢を捨て、新しい弾丸をリロードする。

 その間に俺はゆっくりと起き上がり、寝台から降りた。

 接続の関係で上半身は裸だが、どうせすぐに破けるから都合がいい。


「なぁ、ジロー先輩。なんでだ? 俺を殺してどうすんだ?」

「……ただの憂さ晴らしだ。お前は俺の生活を乱した。このまま弟子を使って、プロットを供給させる生活がな」

「別に俺はやめさせたつもりはねーぞ。あんたの弟子が自分の意志で、あんたにプロットを捧げたいと思ってるなら、止める義理はねーよ」

「……弟子は全員辞めていった」


 それがどういう意味を持つのか、俺は聞かない。

 おそらく彼の弟子も、プロットに対してそれなりの対価をもらっていたはずだ。

自分が書いたプロットを師匠に売り、ネームバリューも筆力も上の人に書いてもらう。

 それもやり方のひとつだろう。


「ああ、そうか。その弟子達も――火がついちまったんだな」


 寝台から降りた俺は、出口に向かって歩く。


「作家としての心の火がついちまった。それはなんでもないきっかけで、ポッとつくものだ。だけど、一度ついたら書き上がるまで消せはしない。たとえ世話になっている師匠でもな」


 逆に言えば、その火を持っている者こそが作家なのだ。

 それを理解しているからこそ、ジロー先輩も引き留められなかった。


「こいよジロー先輩。ここじゃ他の人に流れ弾が当たるかもしれない」


 俺は――ゲームを変えたんじゃない。

 あのゲームを体験していたプレイヤーの意識を変えたんだ。

 歓迎してくれる人もいれば、スルーした人もいる。

 そして、面と向かって反発する人もいて当然だ。

 その反発を、俺は受ける義務がある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます