第42話 対決と呼ぶには

 トスターの町の中心部に降臨したナミオカさんの絶叫。

 それは破壊を伴う衝撃波となって町全体を襲った。

 周囲の建物は吹き飛び、地面にクレーターが空き、天からは槍のような雷が降る。

 逃げ惑う作家が何人か殺され、ホームポイント送りになる。


 ただの音波でこうなるはずがない。あきらかにGMとしての権限を使った破壊行為。

 なぜそんな事をするのか。

 簡単だ。ムカついたからである。

 そういう人間なのだ、彼女は。


「おいやめろ、てめぇで作ったゲーム内で何やってんだ」


 俺は酒場から出ると、ナミオカさんがいる中央広場に出向いた。

 ポケットに手を突っ込んで悠々と話しかけるのは、わざとだ。

 今までさんざんバカにしてくれた分、煽りまくってやる。


「アンタァ……! ふざけた事してんじゃないわよ!」


 般若の面をつけた編集者は、その憎悪を俺だけに向け始める。

 周囲への攻撃が収まった代わりに、俺への攻撃が始まろうとしている。

 彼女の周囲にいくつもの武器が出現し、その全てが俺に向く。ああ、あの武器、見た目からしてこのゲームの最強武器なんだろうな。


「なんでカクヨムで書かないのよ! KADOKAWAが運営してるカクヨムでやりなさいよ! そうすれば私が出版させてあげるっていうのに!」

「どこで書こうが別にいいだろうが。どうせ拾いたい作品があればKADOKAWAが拾うつもりなんだろう?」

「宣伝効果ってもんがあるでしょーーーっ!」


 槍が飛んでくるのを、慌てて避ける。

 これで俺が死んだら会話が止まるが、いいのかナミオカさん。


「……まぁいいや。じゃあ、拾ってあげる。今人気のある作品全部、ウチで出版してあげるから。ありがたく思いなさい」

「残念だが、そいつはできない」

「はぁ!?」

「悪いなぁ、ナミオカさん。もう大抵の作品は他の出版社から声がかかってるんだわ」

「なっ……!?」


 おそらく般若の面の下では、見た事もないような歪んだ顔をしているのだろう。

 もしも見る事ができたなら、きっと爆笑していたはずだ。


「ヌルハチやロックさんはもちろん、アバラヤマもダルト王国のみんなも、ぜーんぶ他の出版社から出すってよ。ああ、なんて言ったかな……レドンダン文庫っつったっけな」

「レ、レドンダン文庫ですって!?」

「そこの――ギンジョウさんって編集者から何人かに打診が言ったよ」

「……アンタァァァァァッ!」


 レドンダン文庫のギンジョウ――

 その名前を聞いた瞬間、ナミオカさんは本気でキレた。

 何本もの武器が俺に向かって飛来する。

 その全てが俺に突き刺さり、勢いで俺は壁まで吹き飛ばされる。

 武器が全身に刺さり、壁に磔にされても俺は死ななかった。減り続けるHPだが、1から減らないのだ。きっとナミオカさんがチートしているのだろう。


「アンタ! 知ってるんでしょ! ソイツが誰なのか!?」

「ああ、業界では有名だ。とんでもないクソ野郎ってな」

「……!」

「他人のプロットを奪うなんてのは序の口だ。有名ライターを自分のレーベルで書かせるために、『原稿はこちらで用意するから名前だけ貸してくれ』とか言い放ったくらいのクソ編集だ。プロットなんてメじゃないぜ」

「そうよ。だからKADOKAWAから追放されて――そこまで知ってて、なんで売り渡すのよ!?」


 ナミオカさんから放たれる激しい怒気。

 だが、その怒りの原因は――


「売り渡したらどうなると思う?」

「決まってるでしょ! そのタイトルだけ使ってテキトーに客を集めたらポイよ。その作家が今後どうなろうと知ったことじゃない。レドンダンのやり口はいつもそうよ」

「アンタはそうなって欲しくないのか」

「当たり前でしょーがっ!」


 ナミオカさんのパンチが俺の腹部に届く。

 武器で磔にされた痛みはないのに、このパンチだけは妙に重く痛みを感じる。


「私はね、金のなる木は絶対に切らないわよ! だって儲けられなくなるじゃない! そのためには作家自身にも育ってもらわないと困るのよ! 作家が成長して、自分で生きられるくらい稼げるようにね!」

「……他人のプロットを押しつけるのも、そのためか」

「だってそうしないと儲けられないじゃない! 売れないラノベを書いて稼げないより、少しでも稼げる方がいいでしょ!? みんな生活かかってんのよ!」


 そこがレドンダン文庫との違いだ。

 KADOKAWAはそう簡単に作家を切り捨てたりはしない。

 出版社も作家も儲けられる道があるなら、その手段を選ぶ。

 その結果生まれたのが、このPOKという作家牧場なわけだが。

 手段は最悪だが、一応、作家としての自立を促す場所ではあるのだ。

 それが彼女のやり方。

 作家と出版社、どちらも生かすための強引な手段なのだ。


 それは前から知っていたんだが――

 けど、まぁ、作家から見ればムカつく事に変わりはない。


「――じゃあ、どうする? ナミオカさん」

「くっ……!」


 俺に剣を突き刺したまま悩むナミオカさん。

 すでに彼女の中では何通りもの解決法があるのだろう。

 その中でどれを選択するか――

 さっきから俺の腹から剣を抜いたり刺したりしながら考えている。


「あの、ナミオカさん、やめてくんないかな、それ。痛くはないけど気持ち悪い」

「ちょっと黙っててよ。今考えてるんだから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます