第39話 変わる世界

 気持ちのいい朝だった。

 トスターの町は多くのプレイヤー達が歩いており、全員が笑っているか難しい顔をしている。時折、出会ったプレイヤー同士が挨拶をしつつ世間話をしているのを見かけた。

 あちこちで物売りが叫んでいる声が聞こえ、ケンカのような罵声も聞こえる。

 リアルでもあまり見ない光景だ。

 まるで市場のような活気に、俺も面食らう。

 ある意味、ファンタジーの町っぽい雰囲気に戻ったという事だ。


「センセー、嬉しそうネ」


 俺の隣を歩くアミューさんが、ニコニコしながら尋ねる。


「嬉しいっつーか、楽しいな。それを言うならアミューさんだって」

「だってセンセーと二人で歩くの久しぶりだカラ」

「そうだったっけ」


 言われてみれば、どこかへ行く時はJKも一緒だったな。

 アミューさんと二人きりってのはあまりない事だ。

 あぁ……そうか、そうだよ。


「アミューさん、仕事はいいのか?」

「これもお仕事だヨ。会社に楯突く不穏分子を監視してるんだヨ。いざとなったら、捕まえちゃうカラ」

「そりゃ怖いな」


 優しい顔の監視者を恐れつつ、俺はアミューさんに微笑む。

 このまま二人でずっと散歩していたいなぁ……。


「このゲームが終わったら、またどこか二人で行こうぜ。こっちの世界で案内したい場所、いっぱいあるからさ」

「ウン!」


 腕にしがみつくアミューさん。

 この貴重な時間を大切にしたいが、今はやる事がある。


「これでも仕事中だからな。デートはもっとマシな場所でな」

「JK抜きでネ!」

「なんだJKが邪魔なのか?」

「時と場合によるネ! 今はいなくて嬉しいヨ!」


 なるほど、正直な人だ。

 まぁ、俺もJKのおかげで間をもたせる事ができるヘタレなわけだが。


 俺達はトスターの町の中央広場を抜けると、市場に出る。

 NPCがアイテムを売っている場所だが、プレイヤーが物を売るスペースもある。売買専用の掲示板もあれば、直接やり取りをする者もいる。


「さー、見ていきな! 新作が入荷してるよ!」


 紙束を持ったプレイヤーが大声で叫んでいる。


「ダルト帝国の古参作家が書いた、SFのだ! 今なら誰も手をつけてないぞ!」


 彼が売っているのは、プロット。

 その彼に近づく若いプレイヤー。


「悪い、新作を見せてくれないか?」

「はいよ! どのジャンルがいい!?」

「ジャンルはどれでもいいけど、残酷な話が書きたいんだ。エログロ全開のプロットはないか?」

「それならこのへんはどうだい?」

「ふむ……あっ、これいいな。作者と連絡取りたい」

「あいよ、毎度あり!」


 どうやら取引が成立したようだ。

 プロットと作者の連絡先を得たプレイヤーは、喜んで歩き出す。

 彼の目的地は、ちょうど俺達が行こうとしていた場所と同じようだ。

 市場を抜け、また大通りに出る。

 そして、この町で一番大きな酒場に入った。


「あっ、せんせー! アミューさん! おはよ!」


 酒場のテーブル席では、JKが朝食を食べながら雑談していた。

 相手はアルチュールと、もうひとりの女性作家。

 先ほどプロットを買った作家は、別のテーブルにいる作家とコンタクトをとったようだ。


「おはようございます、先生、アミューさん」

「おはようJK、アルチュールさん。それから……タムラさん」

「おはよ〜! 元気だった〜?」


 いつも笑顔のタムラさん。

 彼女は俺の先輩作家で、同じレーベルで書いていた。

 そのホワホワした優しい雰囲気は、話す者全てを彼女の時空に引き込んでしまう。人物も作風も不思議な魅力があり、俺を始めとする男性作家は彼女に逆らえない。

 そんな妖精のようなタムラさん、JKと何を話していたのか。


「あのね〜、今、この子と一緒にプロット書いてたの。若い子っていいわね〜、アイデアがどんどん出てきて。私も負けてられないわね〜」

「い、いえ、そんな……タムラさんこそ天才ですよ。あたしのプロットの悪いところ、バンバン見抜いてくるし……でも、おかげで今までにないものが書けそう!」

「あと、アルチュールちゃんの絵もすごく助かるの。イメージをすぐに絵にしてくれるから、キャラが作りやすくて。次の作品のイラスト、彼女に頼もうかしら〜?」

「あ、ありがとうございます。タムラ様のキャラクターはとても動かしやすくて、生きている感じがするので描きやすいのです」


 互いに褒め合う三人。

 仲が良さそうで何よりだ。


「でも、すごいわね〜。この複数人でプロットを作るって呼びかけ、あなたから始めたんでしょ〜? 私、このゲームを始めてからケーキの味が気に入らなくて、ずっとケーキを作ってるだけだったもの。新しい事を始められる人って、すごいなぁ〜」

「そんな事ないですよ、タムラさん。新しいものはみんな持ってたんです」

「みんな持ってた……?」

「自分の中では使い古したアイデアでも、誰かにとっては新鮮なものになる。ひとりじゃ分からない事も、みんなで考えれば答えが出るもんです」


 その過程で新しいものが生まれる事もある。

 誰かのアイデアは、誰かにとってのアイデア。

 互いに助け合う。

 それが俺が出した売れるための作戦だ。


「あの……先生。ずっと疑問だったのですが」

「なんだアルチュールさん」

「誰かのプロットやアイデアを使うというのは、その、ナミオカ様がやっていた事と同じなのではないですか?」

「ああ、本質的には同じだよ」


 俺は答える。


「ただし――。これが大きな違いなんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます