第20話 旅立ちの朝

 翌日、俺たちは早朝から“王国”を出た。

 歓迎してくれるのはありがたかったが、どーにも居心地が悪かった。

 ヌルハチの野郎が作った国ってのもあるけど、住むにしても小説を書くにしても、どーも合わないというか、不自然な印象を受けてしまうのだ。

 ここに住んでいる作家達にとっては快適なんだろうけど、俺はダメだ。

 JKも同じ意見だったらしく、快く旅立つ事となった。

 もとよりここに住む気なんてなかったけどな。

 俺達はとっとと小説を書いて、このクソゲーからオサラバしたいんだよ!


「じゃあ、短い間だったけど、世話になったなヌルハチ」

「別にそんな堅苦しい挨拶いらないよ~」


 マンションの出口で、俺達はヌルハチに見送られる事になった。


「来ようと思ったら、すぐに来られるし。転移のスキル取った?」

「まだレベル一だからな。スキルポイントたまったら取るわ」

「名刺交換もしたし、これからはいつでも会話できるからさ」

「……結局、ここの若手作家達とはほとんど名刺交換できなかったな」


 遠巻きに見たり、当たり障りのない会話はした。

 けど名刺交換までは至らず。

 随分と距離感がある連中だったが――


「ところで、次の行き先は決まってるのかい~?」

「ああ、二大クランって言うくらいだから、次は“帝国”って呼ばれてる方に行く」

「なるほど……あぁ……そうか……“帝国”ねぇ……」


 困ったような顔をするヌルハチ。


「あの、ヌルハチさん。“帝国”ってどんな所なんですか?」


 俺が訪ねたかった事を尋ねるJK。


「そうだなぁ……JKちゃんはあまり居心地が良くないかも」

「私は? せんせーは?」

「この男は波長が合うかもしれないねぇ。いや、でも、どうだろうなぁ……」


 やはり考えてしまうヌルハチ。


「でも、君は一度行った方がいい。それでアバラヤマに会ってくるんだ」

「アバラヤマ? アイツが“帝国”にいるのか?」

「アバラヤマって、アバラヤマ・ホクセツさんですよね? “精霊装置の回転帝国ギャッツビー”で有名になった」

 JKが挙げた名前は、数年前に一世を風靡したラノベである。

 アニメにもなって、DVDも数万枚売れたと聞いた。

 彼も俺やヌルハチとデビューが近く、売れる前はよく飲みに行ってたりしたが……。


「あいつも姿を見せないと思ってたら……なんだ、アバラヤマもここでネット小説書いてたのか?」

「いや……そうじゃない」

「違うのか? なら、何やってんだあいつ……」


 旅の目的が少し明確になってきたぞ。

 まずは“帝国”に行き、アバラヤマと会おう。

 久々の再会だ、どんな風になっているだろうか――


「それから、ちょっと頼みがあるんだ~」

「お、どうしたヌルハチ」

「彼女も連れていってやってくれないかな~?」


 ヌルハチが示すのは、彼の隣に立っている騎士アルチュール。

 先ほどから従者のように微動だにせず立っていたが、ヌルハチに促されると一歩前に出て一礼した。


「ふつつか者ですが、どうぞよろしくお願いいたします」

「ええええーっ!」


 一番驚いたのは、何故かアミューさん。


「なんでアミューさんが嫌がるの」

「だ、だってガイドは私だヨ! この人もガイドなんでショ?」

「仕事取られるのが嫌だったのか……」

「だって、センセーのガイドは私だカラ……」


 拗ねたようにこちらを見るアミューさん。

 可愛い!


「心配しなくても、俺のガイドはずっとアミューさんだよ」

「ホント?」

「あー、イチャつくのは結構だけどさ、アルチュールは別にガイドじゃないから。騎士だからね」


 ヌルハチがツッコミを入れるまで、俺はずっとアミューさんの笑顔にデレデレしっぱなしだった。いかんいかん。


「ていうか、アルチュールさんってNPCじゃないのか? この国の?」

「え?」


 驚いて俺を見る騎士アルチュール。


「私は――プレイヤーですが」

「そうだったの!? だって王国の住民とか言うから!」

「はい、このシュマール王国というクランの一員です」

「そういう意味かよ!」


 騎士の格好して従者みたいな事してくれるから、てっきりNPCかと!

 だったら最初からそう言ってくれよ!


「あれ、でも、だったらどうしてこんな下働きみたいな真似……?」

「それがこの子の困ったところでさ~」


 ヌルハチが頭を掻く。


「彼女、イラストレーター志望なんだけどさ、まだデビューしてないんだ。で、ここの作家達との生活で色々学んでるんだけど、限界がきててね。ここでひとつ、新しい刺激を入れてみようか~って話になったんだ~」

「なるほどね、つまり俺達と取材旅行に行きたいってわけか」


 アルチュールは無言で頷く。

 そういう事なら話は早い。

 ヌルハチはこの国の運営で忙しいだろうし、他の住民も外に出たがらないし。

 かといって一人旅は危険だもんな。


「よし、じゃあ行こうぜ。みんなもいいよな」

「いいよ!」

「センセーが言うなら、仕方ないネ!」


 そう言いつつも、ガイドのライバルではないと分かったのでアミューさんも嬉しそう。

 心配しなくても大丈夫なんだけどなぁ。


「至らない私ですが、どうぞよろしくお願いします」

「よろしくね!」


 一番嬉しそうなのは、JKだった。

 まだデビューしていない子と一緒に旅をする、というのが昔の自分の姿と重なるからだろうか。

 二人とも、何かしら得るものがあれば良いのだが――


 こうして俺とJK、アミューさん、そしてアルチュールはシュマール王国を出た。

 巨大な壁の外は、やはりあの時の異世界と変わらない広大な自然が広がっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます