第17話 ひとりの理由

 女子勢に許してもらうために、一時間と高級レストランの予約を要した。

 もちろん半分はヌルハチに出させるつもりだ。

 アイツはすでにこのゲームから出る許可をもらっているのに、あえてここに残って創作の研究をしているらしい。熱心というかヒマというか。

 だが驚いた事に、この“王国”に住むプレイヤーの三分の一ほどが脱出権を持っているのだという。

 彼らは全員、新進気鋭のネット小説作家で、とにかくスピードだけなら他の追随を許さない。だから作品もゲーム開始から数日で書き上げてしまったのだとか。


「新人のネット小説作家が集まる国――か」


 割り当てられたマンションの一室で、俺は今日あった事をテキストにまとめている。

 どれも新鮮な体験だが、一番面白かったのはやはり人間だ。

 久しぶりに会えたヌルハチはともかく、新人作家の感覚も新しかった。

 何が新しいのかというと――


「すいません、こちらに先生がいると伺ってきたんですけど! あ、本当だ、どうもお久しぶりですー!」


 ノックをして部屋に入ってきたのは、長身で眼鏡をかけた坊主頭の作家。


「おお、ロックさんじゃないか! 久しぶり!」


 彼は外国人作家のミズキ・ロック。

 彼もヌルハチと同じように、紙の本でデビューした後、ネット小説で人気を博したラノベ作家である。

 俺も異世界に取材に行く時に、彼に色々と助言をもらった事があった。

 なにせ外国人にとっては、日本こそ一番の異世界だ。

 そんなロックがファンタジー世界に行く事は、なんら不思議ではない。


「ひとりで作業してるんですか? ロビーでウチの王国民が集まってますけど」

「王国民って、どっかの声優信者みたいに言うなよ」

「あ、そういう意味ならボクは違いますよ。ボクはもうヘッド一筋ですから」

「どっちでもいいよ。ロビーには行ったよ。でも帰って来た」

「なんでですか?」

「なんでだろな」


 俺自身、首をかしげて理由を考える。

 どことなく、全員がよそよそしかったのだ。

 それは俺が先輩作家だからというわけでもなく、ほぼ初対面という理由でもない。

 むしろ接し方はとてもフレンドリーだった。

 それが逆に距離感を感じたのだ。


「同じ作家とは思えないんだよな。これがジェネレーションギャップって奴か」

「うーん、どうでしょうね」


 首をかしげるロックは、いつものようにフレンドリーだ。

 しかしそこに距離感は感じない。

 何が違うのというのか。


「彼らはデビューしたばかりのラノベ作家です。当然、それまでは素人でした。ですから『自分が作家だ』という自覚ができてないんじゃないですか?」

「……そういや俺もデビューする前、編集に“作家の心構え”を色々聞かされたな」

「ボクもです。もちろん彼らもそうでしょう」


 今はそういうの、もっと厳しくなっているだろうな。

 SNSで炎上するような発言をする作家は、今の時代出版社としても扱いづらい。


「ただボク達と彼らとで決定的に違うのは、出発点ですよ。彼らは最初から作家になるつもりなんてなかった」

「“小説家になろう”で書いてんのにか?」

「新人賞デビューと、なろうデビューは違いますよ。野球に例えるなら、新人賞はプロテストに応募して、試験を通過して少ない枠を勝ち取るようなものです」

「あー……そうか、なろうの方は高校野球でスカウトみたいなものか」

「分かりましたか」


 どっちも同じデビューじゃないか、と思うかもしれない。

 だが、二つの間には決定的な差がある。

 なろうの方は、最初からただ好きで小説を書いていただけなのだ。

 もちろん「あわよくばプロに」という考えはあるだろう。

 しかし最初のきっかけは「なれたらいいな」というレベルでの投稿だ。

 そこから人気に火がついて、やがて欲が出てくる。


「だから彼らは、心は素人と玄人の間を彷徨っているんです。そんな彼らを一人前のプロにするのも、この“王国”の役割なんですよ」

「そこまでする必要あるのか、“王国”が」

「いやぁ、ただのお節介ですよ! 先輩としてね、ちょっといいところを見せたいと思いましてね!」

「それだけか?」

「ま、いいネタがあったらボクも使わせてもらいますけどね」


 そう言ってロックはニヤリと笑う。

 ま、先輩だろうが後輩だろうが、どんなデビューをしようが――

 結局、書きたい奴だけが生き残る世界だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます