第18話 幕間


「――次はこ――のプロットを――」

「これは――――凡庸だが――――」

「――――すが――――は――」


 長い長い時間。

 紫煙と血の匂いが充満する会議室。

 イスに座る強面の編集者達は、全員書類に目を通しながら険しい顔をしている。

 彼らも仕事だ。

 自分の飯の種を引っ張ってくるためなら、どんな業界でも修羅となる。


「おし、じゃあ今日のプロット会議はこれにて仕舞いじゃ。おつかれさん!」

「っした!」


 両膝に手をついて頭を下げる編集者たち。

 そう、たとえ泣く子も黙る編集者とはいっても、会議の終了における開放感は何者にも代えられない。

 ヤクザだろうが編集者だろうが大統領だろうが、長い会議を好む者など存在しない。

 そう、だからこそ――


「ちょっといいですかい」


 皆が立ち上がりかけた瞬間を狙って手をあげたひとりの編集者に、全員からの憎悪の視線が注ぎ込まれる。


「なんじゃお前は! プロットは全部検討したろうが!」

「いえ、その事じゃあないんです。まぁ、プロットにも関係する事なんですがね」


 撫でつけた髪の毛に触れ、眼鏡を正す編集者。


「最近――ウチのゲームで妙な事をやってる奴がいるって聞きましてねぇ。なんですか、オンラインゲームって言うんですか? 脳を繋いで、直接異世界に行くって奴」

「それに関しちゃアリマが詳しいだろう、おいアリマ」

「へい。でもねぇ、ゲームに関しちゃ兄さんだって詳しいはずだぜ」

「別に詳しい話が聞きたいわけじゃないんですわ。ただ、ありゃ効率的にどうなのかと思いましてね。成果、ちゃんと出てるんですか」

「なんじゃお前は。姐さんの仕事にケチつもりかコラ」


 姐さんという単語が出て、全員の視線が会議室の一角に集まる。

 ガタイの大きな編集達に囲まれるように、そこにひとりの女性がいた。

 男ばりのスーツを着ている、長い黒髪の女。

 年齢は分からない。美人かどうかも分からない。

 なぜなら、彼女の顔は般若の面で覆い隠されているからだ。


「なーにー? アンタも“ゲーム”の事グチグチ言うわけー?」


 彼女は仮面の下で笑い声をあげる。


「あ、そうだ、今は“POK”って名前になったんだよ。ウチの作家さんが名付けたんだけど、面白いから使わせてもらってるんだよー」

「……言わせてもらいますがね、姐さん。そのナンチャラってゲーム、本当に“取材兼カンヅメ”の効果があるんですか? こないだモニターさせてもらいましたけどね、遊んでる奴らばっかりでしたよ」

「別にいいじゃーん。どうせリアルでも遊んでるだけでしょ」

「じゃあ、なぜ放り込んだんです?」

「その中から、少しでも見込みのある奴を拾い上げるためだよー。別にあのゲーム、出ようと思えばいつでも出られるんだから。面白い作品を書けばいいだけ。簡単よ」

「……その簡単すらも出来ない作家は、どうするんです?」


「死ねばいいんじゃなーい?」


 般若の女は、あっさりと告げる。


「仮想現実だけど、異世界ファンタジーという取材旅行につれていってもらって、書く環境も手段も用意して、それでも書けないんだったら、生きてる価値なんてないよ」

「姐さん……!」

「そんな連中を生かしたところで、どうせツイッターで知識人ぶった偉そうな言葉を並べるだけのオタクのままよ。ならウチで責任をもって隔離した方が世の中のためでしょ?」


 般若の言葉に、編集達は反論できない。

 非人道的な隔離施設だという事は承知している。

 だが――書かない作家は人間扱いされない、という事実が彼らを納得させる。


「アンタ……!」


 何人かの編集者が立ち上がる。

 そして彼女に詰め寄ると、こう言うのだ。


「ちょっとウチで担当してる作家も放り込みたいんだけど、やり方教えてくれ!」

「ウチもだ! イラストレーターをブチ込みてぇ!」

「俺も俺も!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます