第3話 説明書を読むタイプ


 作家なんだからポンポン書けるものが浮かんでくるはずだろう?

 異世界みたいなゲームに入り込んで何が不満なんだ?

 そうは言うがな、いざここで小説を書けって言われてもけっこう困るぞ。

 ここで適当に取材して、自宅でゆっくり作品に仕上げるつもりだったんだ。

 なのに取材先で小説を書けという。


「編集の無茶ブリもここまで来たか……」

「それだけ期待されてるんだよ、せんせー。あたしなんて、アリマさんから何も言われてないよ?」

「そりゃお前は黙ってても小説がポンポン出てくるからだ。現に今、もうアイデア湧いてるだろ?」

「うん。もともと異世界ものでデビューしたから、次は二巻の構想に入ってるんだ。だからここで経験する全てを二巻に生かすよ」


 やる気を見せるJK。

 彼女の書いたラノベは、新人にしては珍しいほど売れているそうだ。

 とはいえブームを起こせるほどでもない、という不安定な位置。

 ならば二巻目で盤石な立場を築かせるべきだろう。


 ラノベ作家は、まず一巻目が売れなければならない。

 これはもうどうしようもないほど困難な壁になった。

 俺もここでつまずいている。

 打開策は、分からない。

 それは作家も編集も、読者ですらあーだこーだ言い合うくらいに先が見えない。


 ところが一巻が売れたら、次は二巻を売らなくてはならない。

 壁の先に、また壁。

 しかも前の壁と登り方が違うという面倒さ。

 俺とJKは、今は違う壁と向き合っているのだ。


「ま、書きたいものにはいずれ出会うだろう。そのための取材だしな。面白い奴がいたら、そいつ主人公にするのもアリだし」

「それじゃ、ゲーム再開だネ!」


俺達の会話を聞いていたアミューさんが背中を押す。


「そうだな、いつまでもチュートリアルの町で止まってちゃダメだ。さっさとゲームを始めようぜ」

「へ? 何言ってるノ、センセ?」

「ん?」

「まだチュートリアル終わってないヨ! 私はガイドだからネ! ちゃんと導くおシゴトするヨ!」

「え! まだ終わってないのか!? だって操作は理解したぞ!?」


このゲームは操作もクソもなく、自分がそのまま動いてプレイする。

脳に繫いでるんだから、そうじゃなくては困る。

メニュー画面の使い方も分かった。これは考えるだけで動かせる。

あとは……?


「バトルとスキルの説明があるんだヨ」

「スキル! ああ、そうか!」


異世界ファンタジーにつきもののヤツ来た!

あれだろ、主人公がチートスキルで無双する奴だ!

 そのくらい俺でも知ってる。


「こうしてスキル一覧を見てみると――割と普通だな。力アップとか炎の魔法とか」

「そりゃチートスキルが一覧にあるわけないじゃん」

「そもそもチートってどうやるんだよ。ツールでも使うのか?」


 チート――データを改ざんする違法行為。

 ステータスの改変や、位置情報の変更、それ以外にも様々なズルができる。というかどんなズルでもできる。

 それ故に、そのくらい強力なプレイヤーを指してチートと呼ぶ事もある。

 まぁ、こっちは完全に負け惜しみなわけだが……。


「チートはダメだヨ!」


 アミューさんが手でバッテンを作って叫ぶ。


「チートしたらバンだよ、バン! 消えちゃうヨ!」


 BANとは弾く、つまりそのサービスを使えなくされる行為。

 アカウント利用停止されたプレイヤーは、運営のお許しが出るまで、あるいは永遠にそのサービスを受けられなくなる。

 この世界でのBANって、どういう意味なんだろう?

 穏便にゲームから出られるってわけじゃないよな。

 消えるって事は、つまり本当の死刑って事か……?


「いきなりチートはやめとくか。ていうかチートのやり方なんて知らないし」

「そだね。とりあえず普通のスキルから取ればいいのかな」


 俺もJKも少し震えながらスキル一覧を見る。

 どうやら個人にはスキルポイントというものが存在し、それを使用してスキルを取得するシステムらしい。わりとどこのゲームでも見るやり方だ。

 となると、スキルの振り方が勝敗を分ける事になるが……。


「ねーアミューさん。スキルって今すぐに振らなくても平気?」

「平気だヨ! いっぱい溜めてからジャーンと使うのもアリだヨ!」


 ふむ、ならこのゲームの事をもう少し知るまで保留にしておくか。

 遊んでいるうちに欲しいスキルが出てくるかもしれないしな。


「よし、じゃあ次は戦闘だ。MMOっていったら戦闘が面白さのキモだろ」

「戦いかぁ……あたしにもできるかな?」

「やり方はレクチャーするヨ! 大丈夫、最初は弱い敵だカラ!」


 弱い敵……それを聞いて、俺は嫌な予感がした。

 なんかそういう経験、前にもした気がするんだよなぁ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます