第25話 頼れる恩人へ

 心は人間、肌はドラゴン。

 身体は大人、頭脳は子供。

 それが今の俺だ。

 結局、俺に血を飲ませたドラゴンの門番は、高笑いして飛んで行った。

 俺が人間の身体を捨てた事がよほど楽しかったらしい。

 ドラゴンも悪趣味なんだな、と思ったが、ここはディルアラン大陸だ。俺の常識で悪趣味なのだとしたら、こっちの大陸では高尚な趣味なのかもしれない。


「うっうっ……ゴメンね、センセー……」


 涙を流して俺の手を取るアミューさん。


「そんな顔するなよ。せっかく可愛いのに」

「でも、センセーがドラゴンになったら……私、ガイドなのに、お客さんの安全を守らないといけないのに……センセーにも自分にも申し訳ないヨ」


 自分の職務と、俺の身体、両方を心配しているんだな。

 真面目なアミューさんらしい。

 でも、泣く必要なんてないんだ。


「ゴメンね、センセー……」

「だから本当に大丈夫なんだって。これでダイアラン大陸まで飛べるようになったんだし、儲けモンだぜ」

「そんな場合じゃないデショ!」


 アミューさんが珍しく怒声を発し、俺の肩を掴んだ。

 彼女の手が温かい。いや、俺の肌が冷たいのか。

 全身ドラゴンになったせいか、誰かに触れられている感触も違う。


「ドラゴンの呪いは強力なんだヨ! 人間の祓魔師でも簡単に取り除けないヨ! センセー、もうずっとドラゴンの身体なんだヨ! 人間じゃないんだヨ!」

「うん、心配してくれてありがとう。でもな、アミューさん」


 俺は自分の身体を見る。

 全身が鱗に覆われた、醜いドラゴンの姿だ。


「大丈夫、治るから」

「へ?」

「このくらいの呪いだったら、俺の先輩にもらった呪具で解けるよ」

「……ホント?」

「ああ。先輩の呪いに対する知識は凄いんだ。こないだなんか、神話クラスの呪具でも手懐けちゃったんだぜ? その人にもらった、呪い除けの道具があるんだ」


 俺はリュックからお札を取り出す。

 何の変哲もない、どこの神社でも手に入りそうな札だが、あらゆる魔術的な呪いをはね除ける効果がある。

 嘘じゃない。俺は実際にこの目で見た。

 先輩が呪いそのものを飼い慣らしている姿を――


                   *


「えっ、今度異世界に行くの?」

「はい。ファンタジー系の異世界です」


 先輩の部屋には大小様々な呪具が並んでいる。

 様々な形態に変化する拷問器具や、血を見るまで鞘に収まらない刀――

 素人の俺でも分かるくらい、禍々しい気を放った呪具に囲まれている。この部屋だけではない。隣のキッチンや廊下、トイレに至るまで呪いの道具がひしめき合っている。

 それだけ大量に呪われた道具があるのに、不思議な事にまったく俺に影響がない。


「それで俺の家を訪ねてきたんだね。いいよ、任せて」

「ありがとうございます、ヤチ先輩」

「異世界は怖いからね。目に見える魔法攻撃ならいいけど、精神や内臓に届く魔法は避けにくいから。俺が過去に言った異世界でも、たくさんやられたよ」


 そう言って笑う先輩は、数々の修羅場をくぐり抜けたベテラン作家だ。

 こと“呪具”に関して、彼の右に出る者はいない。

 あらゆる呪いをはね除ける――それが先輩の能力。


「じゃ、とりあえずこれ。魔除けの札。それから体内の浄化をする水。あと敵を呪殺するための道具も要るかな?」

「い、いえ、札と水だけで充分です! ありがとうございます先輩!」

「そう? 困った事があったら何でも言ってよ。協力するから」


 優しい笑顔のヤチ先輩。

 彼は本当にいい人だ。

 この呪具とエロマンガとエロDVDだらけの家さえ見なければ、どこに出しても恥ずかしくない好青年である。

 ああ、それと性格も――


「さて、それじゃ交換条件についてだけど」


 同じ笑顔で先輩が迫る。


「ファンタジー異世界って事は、当然いるよね? エルフ族」

「多分いるんじゃないスかね」

「俺はね、ツヤツヤの褐色肌をしたダークエルフが大好きなんだ。もし見つけたら、ひとりくらい持ち帰ってくれないかな?」

「できるわけないでしょうが! つーか持ち帰って何する気なんだよアンタ!」

「そりゃもちろん、ラノベの参考に……ねぇ?」

「だったら自分で行けばいいじゃないですか! んで現地のエルフに射殺されればいいんだ」

「嫌だよ俺だって死にたくないもん。そんな事言うなら、札と水返してよ」

「嫌ですよ一度もらった物を返すなんて」

「あ、じゃあさ、せめて写真! 写真だけでも! できれば動画で! それなら犯罪にならないでしょ!?」


                   *


「……まぁ、そんな感じで、ダークエルフの写真と引き替えに、最強の魔除けグッズを手に入れられたわけだ。門番のドラゴン程度の呪いだったら、すぐに解けるさ」

「センセーのお友達って、変な人多いネ」

「ラノベ作家だからな」


 他の作家仲間にも様々な協力をしてもらっているが、どれも無理難題を押しつけてくるクソ野郎ばかりだ。ヤチ先輩の頼み事なんて、まだ可愛い方なんだぞ。


「しかしダークエルフか。ディルアラン大陸にいるのかな」

「いるヨ! でも人間嫌いだから、センセーが行ったら一瞬で殺されるネ!」

「それに今は時間が惜しい。すぐにキノシタを追いかけないと」

「そだネー」


 そこで俺は、ふと思いつく。

 アミューさんの肌は褐色だ。しかもめちゃくちゃ可愛い。


「なぁアミューさん、コスプレって知ってるか?」

「なにソレ?」

「俺たちの世界での、遊びの一種だよ。後で協力して欲しいんだけど」

「よく分かんないケド、いいヨ! それでセンセーが元に戻るナラ!」


 俺が言うのもなんだが、本当にいいのか。そんなに安請け合いして。

 ああ、俺を見る純粋な瞳が刺さる。

 だけどすまんアミューさん、ドラゴンの姿のままじゃラノベが書けないんだ。

 ヤチ先輩、報酬は必ず用意します!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます