第23話 JKとキノシタ

 ディルアラン大陸とダイアラン大陸を結ぶ海。

 西側からは“白の海”、東側からは“黒の海”と呼ばれている。要するに、双方にとって邪悪なイメージの色を名付けたのだ。海の向こうからは悪魔がやってくると伝えられているのである。

 その海の上空を、一羽の巨鳥が飛んでいた。


「すみませんキノシタさん、わざわざ送ってくださって」

「ハハハ、いいのいいの。先輩のお弟子さんだからね」


 鳥の背に乗っているJKは、手綱を握るキノシタの前に座っていた。

馬と同じように、騎手の前にタンデムする形の鳥なのだ。

 ベルゲルが操っていたエイのようなモンスターに乗っていた時は、高所が怖くて手すりに掴まっていただけだが、今度は違う。

 自分の目で世界を見てみようと思った。

 ――きっとあの人なら、恐怖心すらネタにする。

 そう思って、JKはスマホすら構えずに眼下の海を眺めていた。


「別に弟子ってわけじゃないです。たまたま助けてもらっただけで」

「あれ、そうなんだ。先輩の作品に憧れてついてきたのかと――ああ、そういや先輩がボヤいてたっけ。『名刺渡しても思い出してもらえなかった』って」

「そうですよ。あんなマイナーな作家さん、知るわけないじゃないですか」

「そんなにマイナーじゃないでしょ」

「マイナーですよ。一〇年も前にデビューした作家さんなんて、ほとんどの人は忘れてます。アニメ化もしてないし、ジャンルだってありきたりだし、なのにたまに鬱な話書くし、かと思えば今時の流行を狙って爆死するし」

「知らないって言うわりには、詳しいね」

「……!」


 びくっと身体を震わせるJK。

 キノシタはニコニコと笑っている。

 周囲に誰もいないのを確認して、JKは頷いた。

 確認するまでもなく、この場にいるのはキノシタと巨鳥と大空だけなのだが。


「……嘘。ホントは、知ってた」


 赤くなった顔を見られないように、口元を押さえるJK。


「ずっと前から知ってた。せんせーの小説、全部読んでた。だけど知らないフリしてた」

「どうして?」

「あたしね、この世界で誘拐されかけたところを、せんせーに助けられたの。本当はすごく嬉しかった。だけど、あまりにも出来すぎてるじゃん」


 誘拐された時の絶望は、いまだに覚えている。 

 異世界に転生し、ようやく辿り着いた人間のいる町で起きた事件。

 力強い腕に抱え上げられ、何人もの男がいる家に放り込まれた恐怖。

 リーダーのような大男に「商品価値が下がるから犯しはしない」と言われた時、もっとひどい未来が待っているのだと思った。


 そんな時に助けてくれた、冴えない男。

 雑誌のインタビューで見た時より、少しだけ老けていた。


「好きな作家がピンチに駆けつけてくる――理想的な展開だね」

「そんな状況で、『ずっと前からファンでした』なんて言える? 恥ずかしくて言えないよ。あたしもせんせーも絶対に気まずいって」

「言えばよかったのに。絶対にあの人、喜ぶよ?」


 無責任に言い放つキノシタ。

 そう思って彼の顔を見たが――

 キノシタは笑っていなかった。


「それに――そういう展開があるから、ラノベは面白いんじゃないか」


 キノシタはJKの頭に手を置いた。


「思いがけない出会い。予想外の素敵な展開。ご都合主義だと言う人もいるかもしれないけど、都合のいい夢を見せるのが僕たちの仕事だ。先輩はちゃんと仕事をしたんだよ」

「そう……ですね」

「それに、先輩に会えて嬉しかったのは君だけじゃない。僕だってそうだ」

「キノシタさんも?」

「久しぶりに先輩に会えて、本当に嬉しかった。僕は先輩に言いたかった事がたくさんあったんだ」

「ああ、お酒飲みながら話してましたもんね」

「あんなんじゃ足りないよ。まだまだ先輩には言いたい事が山ほどある。あの人はすごい人なんだ。なのに――誰も先輩のラノベの素晴らしさを分かってくれない」


 キノシタは険しい顔をする。

 何に対して怒っているのか。


「先輩ですら、自分のラノベの価値を分かっていない」

「キノシタさん……?」

「あの人は、あんなところで何をやって――」


 そこまで言いかけた時、視界が少しだけ変わった。

 水平線が徐々に大きくなっている。線だったものが面に――陸地の形を作っている。

 ダイアラン大陸に辿り着いたのだ。


「もう着いた! この鳥、速いんですね!」

「一番いい奴を呼び出したからね。苦しくなかったかい?」

「全然! そういえば、凄く速かったのに空気抵抗とか感じませんでした」

「モンスター本体が特殊な魔法のフィールドを出しているんだ。そうしないとこの子の羽根が痛んじゃうからね」

「なるほど。魔法って便利ですね」

「便利だよ。便利すぎるから“魔”の“法”って呼ばれるんだ」


 あの人が言っていた。JKは一度見ただけで何でも覚えられるチート能力を持っているのだと。

 だとすると、この空気抵抗をなくすフィールドも使えるんだろうか。

 そんな事を考えていると、見覚えのある砦が視界に入った。あれは前に勇者が無双していたカンティオ城塞ではないか。

 大地が真っ黒に染まっているのは、勇者が殺した野生の動物の死体のせいだろう。モンスター以外にも、魔王軍は動物を操る魔法も持っているのだとか。


「そういえば勇者さん、どうしてるかな――」


 JKが呟いた直後。


 目の前に、人がいた。


 高さ四〇〇メートルほどの上空をダッシュで走る人が。

 彼が足を動かすたびに、具足から魔法の足場が出現し、床や階段のように体重を支えている。

 その魔法の鎧を着た人物は――


「とうとう魔王自らこの大陸にやってきたかっ! このミュータス・ランダーの名にかけて、一歩たりとも大地は踏ませないぞ! いざ、尋常に僕と勝負しろっ!」


 勇者ミュータスの声が、心臓に届く。

 次の瞬間、光を纏った剣が振り下ろされる。

 二人を乗せた巨鳥は、まるで粘土細工のように両断された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます