第21話 それからのこれから

 改めてもう一度JKを叱った。

 今度は俺だけじゃなく、キノシタやアミューさんやキノシタの奧さんまで全員揃って死ぬほど説教した。

 なんとコイツ、今まで実家に連絡すら入れてなかったのだ。

 しかも実家からの電話番号を着信拒否設定していたらしい。


「だって、何もかも捨てて取材しようと思ったから――」


 そんな熱血じみた台詞を言っても無駄だ。

 捨てられる側の気持ちを考えろと怒鳴って、ようやくJKは大人しくなった。


「うう……本当にかけなきゃダメ?」

「ダメだ」


 スマホを手にしゅんとしているJK。

 なんでこう高校生ってのは、親や家族の存在を軽視したがるんだ。

 ラノベの影響か?

 それともエロゲか? アニメか?

 高校生が主人公の作品は、とにかく親と離れたがるものだ。

 海外出張に行っていたり、すでに死去していたり。最近は寮生活ものが多いか。主人公の暮らしにおいて、親というものは邪魔でしかないのだ。

 だが、実際は違う。

 育ててくれた親に感謝なんて、ラッパーだってやっている。


「はー……」


 とうとう観念して、JKはスマホの電話帳を起動する。

 モンスターを前にした時よりも震える指でスマホをタップする。

 長い着信音の後、繋がった。


「……もしもし、お母さん?」

『あんたその声、もしかして花梨かりん!? 何やってんの!?』

「その、あたし――」

『こないだ角川書店の人から電話が来たのよ! あんた今、遠いところに行ってんだって!?』


 そうだった。俺が編集部に連絡を入れていたのだ。

 いつもの調子で「後処理は任せな」って言ってくれたけど、どうやったんだろう。

 転生したって言ってたが、あっちの世界にJKの死体はあるのだろうか。


『アンタねぇ! 今まで家に連絡しないで何やってたの!』

「ご、ごめん」

『それで、無事なの? どこもケガしてないの?』

「うん」

『そっかぁ……病院から連絡来た時はどうしようかと思ったのよ。私もお父さんも、あんたが死んじゃったと思って、本当に心配したんだから』

「うん……」

『良かったよ……本当に良かった』

「ごめん……ごめんね、お母さん……」

『…………本当に良かった……』

「ごめんなさい…………ごめんなさい……」


 涙を拭きながら話すJK。

 ほらな、連絡して良かっただろ?

 連絡はマメに取らないとな。

 編集とのやり取りだって同じだ。相手の気持ちをちゃんと知っておかないと、いざって時にすれ違って取り返しのつかない事になるからな。


「ねーねー、センセー」

「ん、どしたアミューさん」

「これからどうしよっカ?」


 そうだな。

 JKをこのまま同行させるのはまずい。

 本人も交えて相談したかったが、まだ親と通話しているようだ。


「先輩、あっちの部屋で話しましょう」


 キノシタが言うので、隣の部屋に移る。

 JKを診てくれた奧さんに改めて礼を言って、俺たちは今後の予定を決める事になった。

 ちょうどその部屋には世界地図があり、二つの大陸が見える。

 アメリカ大陸が線対称に二つ並んでいるような感じだ。

 西側が俺たちのいるディルアラン大陸なんだな。


「まぁ、普通に考えて、JKをあっちの世界に送り届けないとな」

「そうだネ! 本当は帰らなきゃいけないんだしネ!」


 JKがこの世界に滞在を許されているのは、編集部に了承を取っているからだ。

 ライトノベルを書きたいから、という理由なら俺も面倒をみるつもりだった。

 しかし心配する人がいるなら帰るべきだ。 


「おそらく学校もサボってるんでしょうね」

「だな。サボりはいかんなぁ」


 キノシタの言葉に頷く俺。

 別に学校で勉強がしたいわけではない。

 ただ、俺たちの年齢になると学校のありがたみが分かるのだ。

 だって考えてもみろ。

 ライトノベルの舞台はどこだ。ほとんどが学校だろう。

 高校生はその取材がタダでできるんだ。サボるなんてもったいなさ過ぎる。

 学校や仕事をサボってラノベが書きたい、なんて言う奴がいたらブッ飛ばしてやる。

 それは目の前に裸の女がいるのにエロ本に手を伸ばすような、最高にクレイジーな選択なのだと叩き込んでやる。


「じゃあ、JKは送り届けるという事で」

「ダイアランに戻らないとネ」


 アミューさんは世界地図を指さす。

 現在位置から海を渡って東へ――ダイアラン大陸の、俺たちが最初に滞在したハラン城下町付近のゲートまで行かなくてはならない。

 あそこはKADOKAWAが用意してくれた、異世界を繋ぐ扉がある。


「だけどもう一度海を越える必要がある。来た時はベルゲルさんの鳥だかエイだか分からないモンスターに乗せてもらったけど……」

「帰りは船しかないネ」

「高速で進める船のひとつでもあればいいんだけど。キノシタ、持ってる?」

「なんだ、そういう事なら僕に任せてください」


 手を叩いて、キノシタは微笑む。


「僕の召喚魔法で、飛べるモンスターを呼びますよ」

「それはありがたいけど、俺たちでも操縦できんの?」

「いいえ、できません。召喚獣は召喚者の命令しか聞きませんから」

「じゃあどうやってJKを送るんだよ」

「僕が送ります」

「はぁ?」

「僕があの子をゲートまで送り届けますよ」


 何バカな事言ってるんだ、この男は。

 自分の立場分かってるのか。


「お前、魔王だろうが! 勝手に城あけて、ダイアランまで行けるわけないだろ!」

「ダイアラン大陸には勇者がいるんだヨ!? 危ないヨ!」

「そうですね。リスクは高いですよね。でもやりますよ」


 キノシタは笑顔で続ける。

 こいつ、本気なのか。

 なんでそんな危険なマネを平気でやろうとするのだ。


「ついでにあっちの世界に帰ろうかな。久々だし、編集さんとも話したいし」

「なっ……!?」

「今、あっちのアニメで面白いの何があります? マンガでもいいですけど」

「何言ってんだ! 今、この国は戦争してんだろ!? ダイアランと! 勇者と! 王様がいきなり抜けたらどうなると思ってんだよ!」

「抜けたらどうなるのか――それを見届けるのも、取材になりますよね」

「奧さんはどうするんだ!?」

「そうですね……ま、僕がいなくてもやっていけるでしょ」


 肩をすくめて、キノシタはこう締めくくる。


「なんか、飽きちゃったんですよね、魔王」


 どうしたって言うんだ。

 本当に魔王に飽きて、何もかも捨てて元の世界に帰る気なのか。

 国も、妻も、今まで自分を慕ってくれた人全てを捨てて帰れるのか。


「お前っ!」


 俺はキノシタに掴みかかる。

 しかし――


召喚サモン


 床から生えた紫色のキノコ。

 その笠から胞子が飛んだ。

 吸ったらまずい、と頭では認識していても、すでに遅かった。


「キノシタ……! お前……なんで…………!?」

「ダメ……だヨ……!」


 イスから転げ落ちるアミューさん。

 俺はキノシタの足を掴もうとするが、もう身体に力が入らない。

 目の前が真っ暗になる。

 薄れ行く意識の中、キノシタは俺の耳元でこう囁いた。


「あなたがいけないんですよ、先輩」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます