第16話 自尊心《プライド》を守る

 フェイフューが鞘から短剣ジャンビーヤを抜いた。

 オルティも足元に転がる短剣ジャンビーヤを拾った。鞘から引き抜き鞘を放り出した。

 サータム人の刃は、磨き抜かれていて、美しい刃紋をしている。

 フェイフューが突進してきた。オルティは胸の前に短剣ジャンビーヤを構えた。フェイフューの短剣ジャンビーヤの切っ先がオルティの胸に触れそうになる。速い。少しでも反応が遅れたら心臓を一突きにされていた。

 オルティは強引にフェイフューの短剣ジャンビーヤを振り払った。フェイフューが大きく一歩跳んで下がった。

 短剣ジャンビーヤを構えて睨み合う。

 今度はオルティの方から一歩大きく踏み込んだ。左斜め上から顔面を切り裂くつもりで振り下ろした。フェイフューはいともたやすく刃で受け止めた。

 金属音が鳴り響く。

 刃渡りの短い剣なので二人の距離が近い。間合いはかなりの狭さになる。

 オルティは刃を押し付けたまま右足を振り上げた。オルティの刃を受けるのに集中していたフェイフューは反応が一瞬遅れた。左の脇腹に蹴りが入る。フェイフューの表情が一瞬歪んだ。

「汚いですよ」

「剣だけで勝負を決めろとは言われていないからな」

 フェイフューが短剣ジャンビーヤを逆手に持ち替えた。オルティの右足に突き立てようとした。オルティの短剣ジャンビーヤが空いた。だがフェイフューがさらに一歩分こちらに踏み込んできたので刃を振り下ろした先にフェイフューの身体はない。宙を裂く。

「そっちがそのつもりなら僕だって」

 フェイフューが左手に短剣ジャンビーヤを握ったまま右手を伸ばした。まさか剣を片手で持つとは思っていなかった。

 フェイフューの右手がオルティの襟をつかんだ。

 襟を下に引かれた。

 体の均衡を崩した。

 腕力が強すぎる。しかも先ほどの蹴りの効果もあまり感じられない。

 分が悪い。そもそもオルティは騎射を得意とする戦士で近距離の経験は少ない。

 オルティの腹に、フェイフューの膝がめり込んだ。

 胃の中身が逆流しそうになる。

 ぐっとこらえたところで、顎を下から突き上げられた。首が外れるかと思った――オルティはそのまま後ろにあおむけに倒れた。

「止めてくれ!」

 響いたのはソウェイルの声だ。

「お前らやめろ! こんなことをしている場合じゃない! お前らが争ってる場合じゃないんだ!」

 ソウェイルでも腹から声を出すことはできるのだ。ソウェイルのかすれた声がオルティの耳にも届く。

 だがフェイフューの耳には届いていない。

 フェイフューがオルティの上に馬乗りになった。

 両手で短剣ジャンビーヤを振り上げる。

 刺される。

 あともう少しで――ということだった。

 漆にしては独特の光沢のある、金の紋様の入った剣の鞘が、フェイフューの手を横から叩いた。フェイフューの手から短剣ジャンビーヤが弾き飛ばされた。

 黒い袖をまとった腕が伸びてきて、フェイフューの襟首を後ろからつかんだ。

 そして、そのまま、後ろの方へ放り投げた。

「その辺にしとけ」

 低い声が聞こえてきた。

 次の時、オルティは横から抱え起こされた。

 サヴァシュだった。

 彼はオルティを抱えたまま、オルティではなく、フェイフューをまっすぐ見ていた。

「この勝負、お前の――フェイフューの勝ちでいい」

 フェイフューは尻餅をつく形で床に転がっていたが、サヴァシュの言葉を聞くと跳ね起きた。「はあ!?」と怒鳴る。

「殺すまでやりますよ、自分を僕と対等だと思っている思い上がった野蛮人を粛正するのです」

「もう死んだ。お前はこいつの戦士の魂を殺した」

 サヴァシュがそう言った瞬間、オルティは視界が歪むのを感じた。

 自分はフェイフューに敗北したのだ。

 とどめこそ刺されていなかったが――サヴァシュの言うとおりだ。蹴られ、殴られ、床に転がされた。だいたい丸腰で馬とも一緒にいられない状況に連れ込まれた時点でオルティの敗北は見えていたのだ。

 敵わない。

「つまらない」

 イブラヒムが言う。

「なぜ最後までやらせない?」

 サヴァシュは即答した。

「テメエが自分の手を汚さずに十五の若造に人殺しをさせようとしているのが胸糞悪いからだ」

 その言葉を聞いてフェイフューも黙った。目を丸くしてサヴァシュを見つめた。

 サヴァシュは、まだオルティの肩を抱えた状態で、眉間にしわを寄せてイブラヒムを見た。

「もう充分だろ。これ以上やりたいんなら外のもっと広いところで素手でやれ、他人から与えられた武器でやるな」

 フェイフューが、先ほどまで短剣ジャンビーヤを握っていた、サヴァシュに剣の鞘で叩かれた自分の左手を右手で撫でている。その姿に戦闘の意思は見られなかった。

 オルティも肩の力を抜いた。

「総督」

 見ると、今度はソウェイルが文机に両手を置いて乗り出すようにしてイブラヒムを睨んでいた。彼でもやろうと思えばこういうことができるのだ、と思うと、オルティは少し胸が温かくなるのを感じた。

「時間をくれ」

「何のための時間だ」

「オルティに覚悟を決めさせるための時間だ」

 ソウェイルの目は、声は、真剣だ。

「分かってる。サータムとロジーナが戦争をしないためには総督の言うとおりにするのが一番だ。総督の言うとおりにした方がいいって俺も思ってる」

「ソウェイル、君は思っていたより賢い子のようだ」

「でも俺はアルヤ王国を選んでわざわざここまで来てくれたオルティを騙し討ちみたいな形で殺すのは嫌だ。どうしてオルティが死ななきゃいけないのかみんなに明かした上で、本当にこれが最善策なのかみんなで考えて考えて考えて、それで――オルティに納得してもらってから、そうするべきだ」

 「それに」と、視線を逸らし、声の調子を落として、呟くように言う。

「オルティにはお姉さんがいる。お別れも言えないで、今日今ここで、なんて。つらすぎる」

 イブラヒムは少し考えたようだった。少しの間、動かなかった。イブラヒムだけではない、他の誰も、フェイフューやサヴァシュも動かなかった。

 オルティも、何も言えなかった。

「――よかろう」

 背もたれにもたれつつ、「やれやれ」と呟く。

「オルティ王子に時間の猶予を与える。第五の月モルダードの最終日に死刑を執行することにする。それまで姉君やお友達とゆっくり過ごすといい」

 イブラヒムがそう言った途端、ソウェイルがオルティの方へ駆け寄ってきた。オルティのすぐ傍にしゃがみ込み、サヴァシュから奪うようにしてオルティを抱き締めた。

 ソウェイルの手は震えていた。

「ごめん」

 オルティはちょっと笑った。

「ソウェイル……、ありがとう、な」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます