第12話 属国になるということ

 ナーヒドとテイムルが苦虫を潰したような顔で正面を向いた。ベルカナも二人の前からナーヒドとテイムルの間へ移動した。

 もう何も言えない。

 ユングヴィは頭の中身がぐわんぐわんと揺れるのを感じながらナーヒドとベルカナの間に入った。

 次の主を待つ間にと壁に飾られた紫の神剣の脇、控え室の緞帳が持ち上がった。サータム人の兵士たちが儀式用の槍を恭しく掲げて出てきた。

 兵士たちに守られ、サータム人の民族衣装を着た――眩しいほど白い貫頭衣カンドゥーラをまとい、同じく白いクーフィーヤと呼ばれる頭巾をかぶった、浅黒い肌の男が現れた。短く整えられた口ひげと顎ひげの男だ。年の頃はすでに中年のはずだが、太く濃い眉の下で輝く瞳ははつらつとして見えた。

 サータム帝国アルヤ属州総督ウマルである。

「控えよ!」

「頭が高い!」

 兵士たちが叫ぶ。軍楽隊の音がひと際高まる。

 テイムルが膝をついたのを皮切りに、ナーヒドとベルカナも膝を折った。ユングヴィもまた目線はまっすぐ前にやったまま三人に続いて身を屈めた。

「ウマル総督のおなり!」

 ユングヴィの緊張も高まる。自然とウマルの武装に目が行く。腰にサータム人男性特有の短剣ジャンビーヤを差しているだけの文官だが、鍛えているのかその体躯は筋骨隆々として見えた。

 一堂を見渡し、ウマルが片手を挙げて微笑んだ。

 次の時だった。

 緞帳の向こう側から、小さな影が出てきた。

 ウマルと揃いなのかと思うほど白い貫頭衣カンドゥーラのこどもだった。

 ユングヴィは自分の目を疑った。

 その蒼い瞳は、間違えようもない、アルヤの太陽の子のものだ。

 フェイフューが、サータム人の民族衣装を着せられている。

「殿下」

 隣でナーヒドが立ち上がろうとした。神剣を抜こうとしたのか、かすかに金属の音もした。テイムルの「だめだナーヒド」と制する声が聞こえてこなかったら、ナーヒドはウマルに斬りかかっていたかもしれない。

 テイムルはなぜナーヒドを止めたのだろうと、ユングヴィは思った。斬って捨てればいいのにと、ユングヴィは思ったのだ。

 アルヤ王国の王子がサータム人の民族衣装を着せられている。

 アルヤ王国の王子が、サータム帝国のものになったということだ。

「うーむ、可愛いね」

 ウマルがフェイフューに手を伸ばす。フェイフューが立ち止まる。先日会った時は素直そうな子だと思ったが、今は顔中で不快感を表現しながら首を横に振っている。きっと自分が何をさせられているのか分かっているに違いない。利発な子だ。

 ウマルはあえて一歩下がった。嫌がるフェイフューを強引に抱き寄せ、自分の前を歩かせた。

 そして、頭を撫でた。

「なかなか様になっている。君たちもそう思わないかい?」

 手が震える。

 これ以上の侮辱はない。

 ウマルが本来太陽の座るべき玉座に腰を下ろした。左手ではフェイフューの腰を抱えている。フェイフューが座ることはない。ウマルの傍らに立たされたままだ。

 ウマルの右手が掲げられると、軍楽隊の音が止まった。

「今日は素晴らしい日だ」

 ウマルの朗らかな声が響いた。

「我らがサータム帝国の皇帝陛下がアルヤ王をお認めになる。アルヤ王国の再興をサータム帝国皇帝がお約束なさるのだ。これでアルヤとサータムの絆もよりいっそう固くなるだろう」

 吐き気がした。

 三年目にしてやっと自分たちが今置かれている立場を理解した。

 自分たちは歯向かえない。集合することすら許されない。王をいただくことも――太陽にひざまずくことも――主を選ぶことも、自分たちには許されていない。

 これが属国になるということなのだと、ユングヴィはたった今ようやく思い知った。

「いやあ、良い日だ。実に良い日だね」

 ウマルの機嫌のよさそうな声を聞くたびにはらわたが煮え繰り返る。

 アルヤの要人たちがざわめき出した。

 サータム帝国から来た総督と兵士たちは壇の上にいる。アルヤの要人たちはみんな壇の下にいる。

 ここはアルヤではなかったのか――サータム領アルヤ属州であって自分の生まれ育ったアルヤ王国ではない。

「終わったな」

 誰かがそう囁いた。その声からは諦めが感じられた。

 ウマルがフェイフューの背を撫でた。フェイフューが肩を縮め込ませた。

「どうしてそこまでがっかりしているのかね」

 大ぶりの宝石がはめ込まれた指輪の数々を見せびらかしつつ目を細める。

「アルヤはサータム帝国の傘下に入ったのだ。これから先はどの国がアルヤに攻め入っても帝国は全力でアルヤを守るだろう。アルヤのこの小さな王子様も我々サータム人が全力で守ってさしあげる。これで安心だね、何もかもが安心だね。我々のものになった以上は、アルヤは未来永劫安泰なのだ」

 この国はサータムのものなどではない。

 アルヤは自分たちの太陽のものだ。

 アルヤは自分たちの太陽の――『蒼き太陽』のものだ。

「フェイフュー殿下……っ」

「なに、心配ないさ」

 歯軋りをしたナーヒドへと、ウマルが手を振る。

「さすがの君たちも――将軍になってまだ三年目の若者二人と女性二人では、不安ではないかい? 何もかも私に委ねるといい」

 もう無理だ。我慢できない。

 こんなアルヤのために――サータムのアルヤのためになど戦えない。

 ユングヴィは立ち上がった。

 どよめく人々を掻き分けた。アルヤ人かサータム人かにかかわりなく、目の前にいた人を軒並み押し退け突き飛ばした。人間だけでなくついたてなど行く手を阻むものすべてを視界から薙ぎ倒した。テイムルの「ユングヴィ」と怒鳴る声も耳に届いたが無視した。一刻も早くこの場を脱出したかった。

 ユングヴィは後悔した。

 なぜもっとよく考えなかったのだろう。テイムルやナーヒドやベルカナは分かっていたのだろうか。サヴァシュや東西南北の将軍たちは分かっていたのだろうか。

 敗北するということは、戦う理由を奪われるということだ。

 十四で神剣を抜いてからこちら五年間ずっとアルヤ王国の将軍として生きてきたユングヴィの生き方が否定されようとしているのだ。

 王を失っただけではない。将軍たちを失っただけではない。ユングヴィの意思や思想もまた失われつつある。

 アルヤ王国が失われる、ということは、そういうことだったのだ。

 出入り口を守っていた白軍隊士たちが手を伸ばしてきた。ユングヴィは難なくかわして滑るように大広間を出た。

 回廊の柱の間を抜け、庭の芝生を蹴り、芝生を潤すために設けられた溝の流れも飛び越えて走った。軍の施設を横目に蒼宮殿の敷地を突っ切った。

 このままサータム人たちの好きにさせてはいけないと思った。

 自分だけが生きる理由を失うわけではない。アルヤ人全体が王を戴く自由を認められなくなる。

 アルヤのみんながサータム人たちの指示どおりに生きる未来が待っている。

 サータム帝国の操り人形としてのアルヤ――絶望だった。

 だが、アルヤ王国に希望の光を燈す方法がないわけではない。自分にできることがたった一つだけある。

 人間は希望さえ失わなければ強くいられるのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます