第3話 エスファーナは世界の半分

 中央市場は今日も賑わいを見せていた。復興した、というよりは、まるでもともと戦などなかったかのようだ。

 幅広い大通りが、行きう人々で埋め尽くされている。思い思いの衣装の人々が往来を自由に闊歩する。

 ユングヴィは、買い込んだ石焼きパンナンを袋ごと抱き締めつつ、大きく息を吐いた。

 学もなくアルヤから出たこともないユングヴィにはいまいち想像がつかなかったが、聞いたところによると、アルヤという国は東大陸のほぼ中央に位置しているそうだ。そして、その国土の東西を横断かのするように、東大陸の果てから西大陸へ通じる大通商路の中央部を抱えている。自然、大陸中を練り歩く商人や旅人向けに国際市場や宿場町が造られる。通商路沿いはそこで落とされる利益で潤う。

 アルヤに数ある都市の中でも、首都エスファーナは大陸一とうたわれる規模の巨大中継貿易地点だ。役人が管理しきれない数の市場とそれを使い回せるほどの人口を有する。百万都市エスファーナ――不毛な砂漠の広がるサータム帝国にとっては喉から手が出るほど欲しい土地だったに違いない。

 この大賑わいはもうアルヤだけで分配できるものではなくなってしまった。

 自分たちが守れなかったせいだ。自分たちはアルヤの富をサータム人たちに明け渡してしまった。

 それでも、エスファーナは死なない。中央市場には今なおさまざまな国の出身者たちがひしめき合っている。

 中央市場とは三十を超える市場の集合体の通称だ。それぞれの市場は取り扱っている商品の分野ごとに独立して運営されている。絨毯市場、革製品市場、銀細工市場――いろいろな市場が集まっている中、地元の人間がもっとも足しげく通っているのは、ユングヴィが今いる食品市場だった。

 石焼きパンナン――買った。発酵乳ヨーグルト――買った。羊肉――買った。あとは果物で終わりだ。

 青果通りにはさまざまな果物が並んでいた。定番のスイカやブドウから、常に暖かいと聞く南洋の果物、舶来の品種らしく食べ方の分からないものまで売られている。色とりどりの果実が所狭しと置かれているさまは、中央市場の、あるいはエスファーナの縮図のようだった。

 馴染みの果物屋へ目をやった。

「ほれ、お嬢ちゃん。今朝のもぎたてだ、お食べ」

 恰幅の良い店主が、その太い指に見合わぬ小さなリンゴを差し出していた。

 店の前に立っていた黒づくめの『少女』が、リンゴを受け取った。

 『少女』は、顔や頭を黒いマグナエで厳重に覆い隠していた。大きな一枚布で作られた服に身を包んでいるため、体の線も判別できない。アルヤではあちらこちらで見掛ける女性ならではの服装だった。

 ユングヴィは、マグナエを緩めてリンゴをかじろうとする『少女』に急いで歩み寄り、大声で「こら」とたしなめた。

「そういうことは外じゃするなって言ってあるだろ、はしたない」

 『少女』が肩をすくめた。

 店主が野太い声で『少女』に助け船を出した。

「ちょっとぐらいいいじゃねぇか、お兄ちゃん。こーんなちっちゃいうちからこーんな厳しくマグナエ巻いて、可哀想じゃねぇの」

 お兄ちゃん、という言葉が胸に突き刺さった。男だと思われているのだ。何度も通っている店の主にまでまだ男性に間違われているとは切ない。

 自分もあえてマグナエではなくターバンを巻いている。筒袴に短い胴着ベスト、その上から羽織った外套マント――どこからどう見ても男の恰好である。だが、いざという時に動きやすいという理由で選んだもので、男装しているつもりはないのだ。

 その上――通りを行き交う同世代くらいの女性たちを見下ろす。見下ろせるほど彼女たちが小柄であるように思える。自分は頭半個分以上背が高い。自分は女性らしい小柄で華奢な体格ではない。

 変装の必要がないということだ、気が楽ではないか――そう自分に言い聞かせて、ユングヴィは口を開いた。

「すみません、お代は?」

「いやいや気にしねぇでおくんなさい、そいつは小さくて売り物にならねぇんだ。小さいだけで中身は問題ねぇから、皮を剥かずにそのままかじっておくんなさい」

 「うまいぞ、おうちでお食べな」と、店主が『少女』に微笑み掛けた。『少女』が大きく頷き、明るい声で「ありがとう」と応じた。

「素直な良い子じゃねぇの」

「ありがとうございます。あ、リンゴ、これと別に五個ください」

「あいよ、まいど」

 袋に入れられたリンゴを『少女』に手渡す。『少女』が片手に貰いもののリンゴを持ったままもう片方の手で受け取る。

「ほれ、仕事しろ、荷物持ち」

「きびしい『お兄ちゃん』だ……」

「ぶっ飛ばすよ」

 店主が手を振る。『少女』が手を振り返す。

「まったく、あっちふらふらこっちふらふらしてっ! ちょっとはマグナエの意味を考えなよ」

 『少女』の、リンゴを握っている方の手首をつかんで引いた。引っ張られて、『少女』が小声ながらも不満であると伝わってくる調子で訴えてくる。

「これ、いつまでかぶってればいいんだ? まだはずしちゃダメか?」

「そーんな髪の色してこーんなところでマグナエを外したら目立っちゃって目立っちゃってしょうがないでしょうが。家まで我慢しなさい」

 家までは多少の距離を歩かねばならない。『少女』が「ちぇー」と唸るように言った。ユングヴィは「それらしくしなよ『お嬢ちゃん』」と言って後頭部をはたいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます