硝子の海と天色の贈り物

作者 結音ゆえ

47

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

登場人物達の人生が丁寧に描かれていて、その過去が物語の中で縁を紡いでいき、幸福の日々へと繋がっていく。
茉莉花と朔哉さんのラブラブっぷりに、こちらまで幸せになりました。
生きる力を得る食事、大切な一時を切り取る写真、命を救い安らぎを与える薬と、キーワードになっているアイテムがとても上手に使われていて、素晴らしかったです。
朔哉さんの意地悪なところ、わたし大好きです。

★★★ Excellent!!!

「空の雫」同様、少女と年上の男性との恋物語。こういうシチュエーションにグッと来る人なら読んで損はない作品です。
音叉は某小説投稿サイトで読んで今回で読むのは二度目なので鮮度が少し落ちてしまいましたが、作者様の「乙女の夢」を綴っていく姿勢には賞賛を送りたい。
ゆったりと流れていく好きな人との時間の切り取り方はこの作者様ならでは!
個人的には「星&昴」より「茉莉花&朔哉」のほうが好きなので★三つです。