セルフパロディ

泡沫の夢

第1話

「なあ」

 白い息を吐き出しながら身支度を整え、寝室の扉の把手を掴んだ瞬間に背後から声が掛かった。全身総毛立ち、素早く振り返る。

 神殿の紋章入りガウンに身を包んだ赤毛の若い男が、途方に暮れたように立ち尽くしていた。先程までカレドアしか居なかったはずのこの部屋に。男は振り向いたカレドアの顔を見て、虚をつかれたような表情を浮かべた。

「どうしたんだ」

 当惑。

「なんだかお前、雰囲気が……」

 カレドアは勢いよく踏み込むと片手で胸倉を掴み、男を壁へと叩きつけた。男が呻き声を上げる。

「貴様は誰だ。何を知っている」

 左右に素早く目を走らせ、カレドアは低く囁いた。周囲に他の魔術師の気配はない。顔も手も、露出している肌はおおよそ青褪めていた。

「お前、いつもより腕力強くないか」

「答えろ」

 魔術の帯がカレドアの手を伝って男の服の上を滑り、体幹を壁の上に固定した。男が顔色を変えた。

「俺が誰かだと?」

 身を捩りながら、男が苛立ったように唸った。

「何の冗談だ。ふざけてるのか? 俺はライネルだろ。クソ、馬鹿馬鹿しい」

「そんなはずはない」

 カレドアの声は抑えられていたが、その一瞬激情を孕んで震えた。

「何故だ。何故そんなことを言う」

「私は、お前は誰だと聞いている……」

 その瞬間、彼の明るい茶色の瞳に激しい困惑が渦巻いた。その見て取れるほどの困惑の質量に、カレドアは思わず口を閉ざした。二人は暫く沈黙していたが、ライネルの顔にはいつまでも了解の兆しは現れなかった。やがて、彼は壁に押しつけられたまま、掠れた声で喋りはじめた。

「俺は、ライネルだ。サルバローザ師の弟子。なにも……状況が分からない。混乱している。ここは神殿の中じゃないな。お前はどうしてそんな服を着ている。昨日髪を切ったばかりじゃなかったか? それに、なにより、その瞳の色はなんだ」

 カレドアは混乱した。

「何があった。なあ、レドニス。ここはどこなんだ」

 魔術の枷が緩んだ。ライネルは思い切りカレドアの手を振り払うと、扉を開けて寝室を飛び出した。カレドアはよろめいたが、すぐさま我に返ると、その後を追いかけた。

 ライネルは逃げ出してはいなかった。雑然とした作業室の真ん中に、茫然自失の体で佇んでいた。カレドアは彼を捕まえるのも忘れ、廊下の入り口に立ち尽くした。ライネルは途方に暮れたようにカレドアを見た。そのとき、音でも聞きつけたのか、ロクドが階上から降りてきた。悴む手を擦りながら。早朝の作業室に立ち尽くす二人の男に、彼も意表をつかれたようだった。唖然としてカレドアとライネルとを見比べる。やがて、ロクドは控えめに呟いた。

「依頼人の方ですか?」

 誰も返事をしなかった。窓硝子に木枯らしが吹きつけ、ぴしりと音を立てた。冬の朝の出来事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます