第四章:獅子の咆哮

Act.0024:私を誰だと思っている?

 ガランは、後をついてくる乙女の体をいたわった。

 乙女は、かなり暴行を受けていた。

 顔も腫れあがり、肋骨辺りにひびも入っているかもしれない。

 いつもは棒でも背中に入っているのではないか、と思うほど姿勢の良い長身は、くの字に折れ曲がり、きれいにまとめられていたポニーテールの黒髪も、今はバサッと乱れて肩と背中にかかっている。

 服も引きちぎられてボロボロで、胸もギリギリ隠せている程度。

 さらに口を切った時の血が染みをつくり、その上から土汚れにまぎれていた。

 まるで亡者のような出で立ち。

 だが、その明眸に曇りはない。

 強い意志で前を向き、ガランの後ろについてくる。

 さすが乙女とガランは感心するが、その足取りはやはり心許ない。

 仕方ないと、暗闇の草むらに身を寄せて乙女を座らせた。


「大丈夫か、乙女」


「心配には及ばぬ。奴らにやられたことなど、露ほども効いておらぬ」


 明らかに虚勢だとわかるが、それを問いつめるほどガランは野暮ではない。

 乙女もガランと同じように、武道を嗜む者として精神と肉体を鍛えている。

 さらに警務隊として、敬愛するアラベラと共に歩み、何者にも折れない正義を貫くと誓った志士だ。

 このぐらいのことで弱音を吐くことはないだろう。

 それに今は、無理が必要な状態だ。


 ほんの数時間ほど前だろうか。

 ガランが気がつくと、目の前には自分たちを襲おうとした山賊たちが、いまだ重なるように倒れていた。

 全員、かなり深く意識を失っているようでピクリとも動かない。

 そこでガランは芋虫のように体を這わせて、その男たちが持っていた鍵をなんとか引っぱりだした。

 乙女を目覚めさせ、腕につけられていた【呪縛環じゅばくかん】という魔術道具をはずすことに成功したのだ。

 呪縛環は、取りつけられた者のもつ魔力により作動する拘束道具である。

 拘束されている者は、魔法を使うことができなくなる。

 逆にいえば、呪縛環さえなければあとの縄を切ることなど魔法で簡単だった。

 2人は山賊たちが気がつく前に拘束から解放されると、その小屋からの脱出を図った。


 それは、驚くほど簡単だった。

 なぜならその小屋の見張り役は、気を失った男たちだけだったからだ。

 本来、外の見張りだった者たちまで、中に入って邪な欲望を発散しようとしたのが祟ったといえる。

 たぶん【新月ニュームーン】の如月は、誰も見張りがいないところをたまたま見つけ、様子を見に来たのだろう。

 そして中にいた山賊たちが気に入らないからと、部下に命じてのしてしまった。

 それは2人にとって、とてつもない僥倖だった。

 あとは闇夜にまぎれて、森をただひたすら真っ直ぐ進んだ。

 彼女たちも逃げ道はわからなかったが、同時にこの視界の効かない森の中では敵も探索しきれないだろう。

 ここはとにかく、距離を稼ぐのが先決だと判断したのだ。

 先ほど、敵の本拠地が騒がしくなり、魔生機甲レムロイドが何体か動き回り始めていた。

 たまに爆音も聞こえたが、どうやら手当たり次第に攻撃を仕掛けているらしい。

 逃げられたことに怒りを感じているのか、もうこちらの生死さえ気にしていないようだ。

 幸いなのは山賊たちが探している場所が、てんで見当違いであることだろう。

 ガランは自分の運の良さに感謝した。


「乙女、まだ頑張れるな?」


「無論! だが、アラベラ様は逃げおおせたであろうか……」


「たぶん。でも、アラベラ様のこと。ガランたちが戻っていないと知れば、単身でも助けに来る」


「フッ……。そうだな。そんなことになれば、元の木阿弥だ。それを防ぐためにも、早く森から脱出しなくてはな」


「うん。アラベラ様は、ここぞという時に運のない方だからな」


 薄闇でもわかるガランの苦笑いに、乙女もつられる。


「そうだな。では早々――!?」


「――!?」


 2人は同時に身構える。

 それは前方からの気配。

 隠すこともせずに魔力を纏い、かなりの速度でこちらに近づいてくる。


(見つかった!? ……しかし……)


 ガランは油断なく身構えながらも、違和感を抱く。

 こちらを捕らえるつもりなら、これほどあからさまに魔力を使わない方がよいに決まっている。

 それに追っ手が来るならば背後からのはずだ。


 バサッと風が枝葉を切る音が響く。

 前方の少し開けた木々の隙間。

 そこで、舞い上がるつむじ風。

 気がつけば、闇夜に浮かびあがる漆黒の影。


「何者だ!?」


 ガランの誰何に答えたのは、女性の声だ。


「あんたら……ああ。アラベラの部下だったな。無事だったのか」


 そう言いながら歩みよってきたのは、なんとも奇妙な姿をしていた。

 真っ黒なタイトなスーツに身を包み、背中には大きなリュック。

 そしてなにより異様なのは、獅子を模したマスクの頭と、その気配だった。


(強い……)


 ガランは肌で感じる。

 それはごく最近、感じた強者の風格と同等だ。

 いや、それよりも鋭く研ぎ澄まされている。

 戦えば、確実に自分より上手うわて

 もし、この異様な風情の人物が敵ならば、ガランは乙女と覚悟を決めなければならないところだった。

 しかし、この容姿には思い当たるものがある。


「そのエロなカッコ……もしや貴様、噂の獅子王か?」


「ふんっ。上司も上司なら部下も部下だな……」


 かるく両肩を落とすが、彼女はすぐに切り替えてみせる。


「まあ、いい。そうだ。私が獅子王だ。あんたたちを助けに来たのだが……アラベラはどうした?」


「……どうしただと?」


 獅子王の言葉に、乙女が思わず身を乗りだす。


「アラベラ様は、もしや貴様と一緒だったのか!?」


「ああ。彼女を助けたのだが、私が休んでいる間に勝手にあんたたちを助けに……って、ことは合流していないのか!?」


「あ、ああ。我々は独自に逃げ――」


 突如、乙女の言葉を爆音が遮る。

 それは、2人が捕まっていた小屋のある方向。

 ガランは、一瞬でその意味を悟る。

 そして乙女も、獅子王も悟ったであろう。


「アラベラ様!」


 走りだそうとするガラン。

 しかし、その腕がガッシリと獅子王に握られる。

 とっさに振りはらおうとするも、驚くべきことにビクともしない。


「このまま真っ直ぐいけば、森をすぐに抜けられる!」


「――!」


 獅子王の意図を理解して言い返そうとするも、ガランの言葉は潰される。


「あんたらがいても邪魔だ。アラベラは私が助ける!」


「で、でも……」


「いいから、その怪我人をつれて逃げろ。魔法を使っても、もう大丈夫だ。とにかく森から出てもらわないと、巻きこんじまう」


「巻きこむ!?」


「森を抜けたら月を背に進め。夜明けには警務隊の援軍が来るから合流できるはずだ。早くいけ!」


 ようやく腕を放されるが、ガランはそれでも言い返す。


「いくら強くとも、貴様1人でアラベラ様を助けられるわけがない! だいたい、貴様がなぜそこまで……」


 獅子王が不敵に笑った。

 目元と口元から伝わるもの。

 自信……とは違う。

 夜陰の中でもわかる、瞳に宿る光。

 それは、強い決意。

 ガランは、その笑みに圧倒される。


「必ず助ける! 私を誰だと思っている?」


「…………」


 ガランは改めてその姿を見る。

 真っ黒なボディラインを余すことなく見せる服装に、獅子の被り物をかぶる異様な風体。

 その姿はまさに――。


「疾風迅雷で現れる、獅子の頭をもつ正義の味方。その名も――」


「露出変態ライオン仮面?」


「――獅子王だ!!」


 獅子王の蔑称がパワーアップした瞬間だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!