Act.0022:だから、正義には矜持が必要なんだ

「……え? あ、ああ……」


 和真の唐突な話に、アラベラは虚をつかれた。

 そのせいで怒りを忘れ、素直に言われたまま記憶を探る。

 確か20そこそこぐらいの女性と、まだ10代前半ぐらいの男の子がいたことは覚えている。


「2人は俺の幼馴染みでな。父親はとっくに死んじまっていたんだが、母親は【四阿の月食】で殺されちまった」


「…………」


「それもあの男の子、ススムの目の前で、【新月ニュームーン】の奴が、母親だけを魔生機甲レムロイドで見せつけるように踏み潰したそうだ。本当に眼前で、母親が潰されるシーンを見ちまったらしい」


「くっ……外道が!」


 アラベラは強く拳を握りしめる。

 悪党は、やはり悪党。

 自分の記憶をフラッシュバックさせながら怒りをたぎらせる。


「ススムは……アイツは、狂ったように泣いた。そして、恨んだ。憎んだ。テロリストを、そして母を踏み殺した魔生機甲レムロイドを。絶対に強くなって、テロリストに復讐すると誓った」


「当然だ!」


 それが普通だ。

 正しい思考だ。

 しかし、アラベラには和真の意図がわからない。

 彼は自分の過去を知っているのだろう。

 だから、似たような境遇で苦しむ少年の話をしたはずである。

 しかし、その少年も悪を憎んだ。

 ならば、恨みを晴らすには、テロリストを殺すしかないはずだ。


「まあ、俺もそう思うよ。俺も恨んだし、復讐しなければ気持ちが晴れない……そう思っていた」


「思って……いた?」


「ああ。初めのうちはな。……ススムに会いに来た東城世代セダイが言ったんだ。『許さなくてもいい、憎むな』と」


「ふっ……」


 我慢できなかったように、アラベラは激しい鼻息で嗤う。


「その東城世代セダイという男もバカなのか。憎むななどと無理を言う」


「だよなー。まったく同意だぜ」


「……なにが言いたい?」


 和真の真意が、本当に見えない。

 おかけでアラベラは、彼に対してもやもやとした苛立ちをまた感じ始める。


「東城世代セダイは、魔生機甲レムロイドが好きだったススムに、こうも言ったんだ。『憎しみを晴らす道具に魔生機甲レムロイドを使わないでくれ』『かっこういい魔生機甲レムロイドを好きでいてくれ』ってな」


「なんだ、それは?」


「俺もよくわからなかった。でも、そう言ってからあいつがススムに、自分がデザインを描きこんだ魔生機甲設計書ビルモアをプレゼントしたんだ」


「――!? 魔生機甲設計書ビルモア……しかも、東城世代セダイの作品だと!?」


「それを見た瞬間、ススムの目から憎しみの色が消えたんだ。もちろん、完全に憎しみを忘れたわけじゃない。でも、ススムは東城世代セダイの言うとおり、憎しみを晴らす道具として魔生機甲レムロイドを使うのをやめようと思ったのだろう」


「……どういうことだ?」


「簡単な話だ。かっこうよかった・・・・・・・・んだよ、東城世代セダイ魔生機甲レムロイドが。ススムは、その魔生機甲レムロイドに一目惚れしたわけだ」


 その回答に、アラベラはいつの間にか乗りだしていた身を元に戻す。

 なんと期待外れな話なのだろうか。

 なんら実りのない、子供の気まぐれの話ではないか。

 むしろ、和真の持つ魔生機甲設計書ビルモアの他に、東城世代セダイ魔生機甲設計書ビルモアがあったことの方が気になる。


「所詮、子供ということか。気にいったおもちゃが手に入ったから、上機嫌になってしまっただけであろう。そんなことより、その――」


「――あんたは、気にいったおもちゃが手に入ったら、親を殺された怨みを忘れられるのか?」


「…………」


 和真の言葉に、アラベラは言葉を呑みこむ。

 そんなことは無理だ。

 いくら10代前半でも、忘れられるわけがない。


「違うんだよ。上機嫌になったからじゃない。むしろススムは、すぐに自分が恥ずかしくなったんだ。輝くようにかっこうよく、憧れてやまない、目の前に現れた魔生機甲レムロイドの姿に。この魔生機甲レムロイドを憎しみで動かしちゃいけない。恨みを晴らさせるような使い方をしちゃいけない。子供心にも、『もっとかっこうよく、胸を張って乗れるよう、正しく使いたい』と思ったんだ。……その時、その魔生機甲レムロイドが、ススムの『正義』になったわけだ」


魔生機甲レムロイドが正義に……」


「俺が『正義はかっこうよさだ』と言ったのは、別にふざけてのことじゃない。きれいごとの話でもない。かっこういい正義・・・・・・・・は、人を惹きつけるんだ。見た者がそれ――正しい道に、ついていきたくなる。悪を正すだけではなく、普通の人もより善い方に導く力があるんだよ。しかし、かっこう悪い正義・・・・・・・・には、魅力を感じない」


「……ふふふっ。あははは……確かに、な」


 嘲笑を交えながら、アラベラは言葉をもらすように話す。


「憎しみで悪を殺す正義に、なるほど魅力などない。くっくっ……かっこう悪いか……。そうだな。導く光などない、その場ばかりの正義か」


 不思議な感覚だった。

 アラベラの全身から、なにかが抜けていく。

 それは脱力感なのだが、どこか気持ちがよい。



――アラベラ、許す心をもつのだ。罪を憎んで人を憎まず。これは大事なことだ。



 父の声が脳裏で響く。

 両親を殺されたあと、父はまちがっていたのだと考えた。

 悪人は殺さなければならない。

 それには、憎まないと殺せない。

 罪も人も憎んで、許さずに戦うことが正義だと思った。


 だが、その結果が今の自分だ。

 仲間に裏切られ、仲間を犠牲にした。

 それは自分の正義に、魅力がなかったせいではないのか。

 厳しくしようとも、誰もが正しいと感じられる光があれば、裏切られることもなかったかもしれない。

 もっと協力者もいたかもしれない。

 大事な友であり部下である2人を危険な目に遭わせなくてすんだのかもしれない。


 考えてみる。

 和真の正義を聞いた今も、やはり父の言葉はまちがっている気がする。

 ただ、今までとは意味が違う。

 人だけではなく、罪さえも憎む必要はないのだ。

 そして、必要なのは許す心ではない。


「正義は恥じるものであってはいけない。だから、正義には矜持が必要なんだ。どんな相手にでも、雄々しく轟かせる咆哮のごとく、胸を張って謳える矜持が」


「…………」


 アラベラは、確かに感じた。

 和真には、その光があることを。

 決して折れない芯のある矜持が輝いていることを。


「……ああ。なんか、偉そうなことを言っちまったな」


 鏡に映る己の姿を顧みたように、和真が少し照れくさそうに表情を崩した。

 それは、まるで10代半ばの少年のような、無邪気な笑顔。

 つられるように、アラベラまで顔を赤らめてしまう。


「すまん。説教臭いことを言って。実は、俺もこれはこいつに教わったようなものなんだ」


 そう言って、和真はウェストバッグを手にする。

 中には、まずまちがいなく東城世代セダイから譲り受けた魔生機甲設計書ビルモアがあるのだろう。


「【雷獅子オンウィーア・レウ】……こいつを見た時、初めて正しくススムの気持ちが理解できた気がした。そして、俺に足らないもの、俺のしたいことが見えた気がしたんだ」


 そう言ってバッグの中の魔生機甲設計書ビルモアを見つめる明眸は、先ほどよりもさらに輝きを増している。

 疲弊しているはずなのに、それさえも吹き飛ばすような希望の色を浮かべていた。

 思わず、アラベラはその表情に見とれてしまう。


 なんと真っ直ぐなのだろうか。

 なんと強いのだろうか。

 男でも女でも、アラベラはこのような人間を見るのは初めてだった。


「……ん? どうかしたか?」


 あまりにもじっと見つめすぎたせいで、和真に不可思議そうな表情を向けられる。

 とたん、アラベラは顔が破裂したように赤面する。

 すべての熱が顔に集まり、逆に背筋が寒くなる。


(なっ、なっ、なっ……なにしているんだ、私は!?)


 自分の行動が、感情がわからない。

 半パニック状態に陥りながらも、彼女はなんとか口を動かす。


「いっ、いやぁ、その、ほらぁ、あれ、それぇ……それ! それぇを見せてはもらえぬかぁ!?」


 かなりどもりながらも、彼女は和真の魔生機甲設計書ビルモアに人差し指を向ける。


「ふ、ふむ。そこまで、そのなんだ、貴殿の心を動かしたという魔生機甲レムロイドを私も見てみたいのだぁ!」


 不必要に力が入り、イントネーションまでおかしくしながら和真に迫る。

 そのあまりにも不審な迫力に、さすがの和真もたじろぎを見せた。


「お、おおう……。別にいいが……」


「そっ、そうかぁ~? 悪いなぁ。で、では、さっそく見せてもらうぞぉ!」


 動揺をごまかそうとするたびに、動揺が酷くなる。

 これは和真の顔をまともに見られないと、アラベラは早々にウェストバッグを受けとった。

 そして、中に入っている魔生機甲設計書ビルモアをとりだそうとする。


「……ええっと。そうか、これが噂の【雷獅子オンウィーア・レウ】の魔生機甲設計書ビルモア……さっそく見せてもら……ん?」


 アラベラはとりだした魔生機甲設計書ビルモアの表紙を見て目を疑う。

 そこには、【雷獅子オンウィーア・レウ】の文字がどこにも書いていない。

 その代わり、そこにあったのは――


「……【せいしをかけて、魔性器交セクサロイド】……」


 ――いかがわしい女性の裸体が描かれた表紙だった。


「――うわああああぁぁっ!! そうだったああぁぁっ!!!!」


 まさに疾風迅雷。

 目にもとまらぬ速さで、和真がアラベラからその魔生機甲設計書ビルモア……だと思われた本を奪っていく。

 その勢いに、固まるアラベラ。

 背後を向いたまま、固まる和真。

 痛い沈黙が数秒過ぎる。


「ら……雷堂和真……」


 重々しく動くアラベラの唇。


「こ、これには事情があってだな……大事な魔生機甲設計書ビルモアをだな……」


 軽々しく動く和真の唇。


「雷堂和真……貴様……」


「待て! それだけは言うな! 聞いてくれ! 違うんだ!」


「こぉぉぉ~~~のぉぉぉ~~~……変態があぁぁぁ!!!!」


「――うわあああぁぁぁ! 違うんだああぁぁ!!」


 変態再認定に、和真の咆哮があがる。

 運良く見つからなかったものの、すっかり隠れていることを忘れて騒いでいる2人であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!