Act.0018.5:さあ、行きなさい――

(こいつは、確かにすげー武器だ……)


 獅子王――和真――は、アラベラを抱きかかえ、先ほどみつけていた洞窟へ向かいながら思いだす。

 背負った魔術道具【グラトン・アーム】を渡された時のことを――




「――というわけで、君にはすぐに偽拠点の森に向かってもらいたい」


 【混沌の遠吠え】の首領ファーザーであるササが、薄笑いのままでそう言った。

 ヒサコの部屋で情報を聞いた和真は、迷いなく「わかった」と返す。

 行かない理由など、どこにもない。

 しかし、その森はかなりここから距離がある。


「さっき、『足を用意した』と言っていたな?」


「ああ。任せたまえ。ただ、その説明は、作った本人にさせよう」


 そう言うとササは、手帳をスーツの懐からとりだした。

 そして、それに空いていた手をかざす。


「私だ。例の件、説明を頼む」


〈はい。お父様〉


 手帳から声がする。

 それは、遠距離通話ができる魔法アイテム【伝話帳でんわちょう】。

 なんだ、伝話帳ごしで説明するのかと和真が思っていると、なぜかササは伝話帳を体の横にもっていった。

 すると、伝話帳の隙間から、気体とも液体ともしれない、なにかが間欠泉のような勢いで吹きだしてくる。

 その気体が輝き、まるで雲が霞む春の青空がそこにひろがっていくように見える。

 寸刻で、さらに変化する。

 青白磁あおはくじ色の気体は、なんと人型をとり、まるで粘土を固めていくように固体化していく。


「なっ……なんだ?」


 和真が驚きに声をあげた時には、もうそれはそこにいた。

 一言で言えば、大昔にいたキリスト教徒の修道女。

 目元を隠すベールのついた頭巾、そして修道服スカプラリオを身に纏っている。

 色は濃淡がある水色系で統一され、まるで和真にはそらが女性になったように思えた。


「お待たせいたしました、お父様」


 少し甘えるような、涼やかな声で彼女は話した。

 そして無垢な少女のように藤色の唇をほころばせて、ササに微笑む。


「それでわたくしの魔術道具を使うのは、ここにいる下等そうな人間ですの?」


「これ、ウィズ。お客様に失礼なことを言ってはいかんな」


 ササに叱られると、その頬が膨れる。

 見た目は17、8才ぐらいに見えるが、その反応はもう少し幼い子供のようだ。

 いや、違う。

 子供とか、そういう問題ではない。

 彼女もそもそも違う・・・・・・と、和真は身を強ばらす。


「すまないね、和真君。どうも甘ったれでね。男親にとって、男の子を育てるより、女の子の方が難しいものだ。男の子は千尋の谷に落としておけば、父を超えるほど立派になってくれるからね」


「悪いが、子育ての経験はないから知らん。……ってか、彼女も魔人だろう? 魔人って本当に珍しくないんだな。ここに3人もいるんだから」


「あははは。イグザクトリー! よくわかったね。彼女も魔人だ。さっきも言ったとおり、魔人は君らのよき隣人だよ。……さて。この娘の名前は、ウィズ。優秀な魔導師で魔術道具を生みだす天才だ」


「天才だなんて……お褒めにあずかり光栄です、お父様」


 紹介を受けたウィズは、手を胸元で重ねながら少しだけ身もだえする。


「ウィズ。彼は、雷堂和真君。彼に今日、用意してきた道具の説明をしておくれ。彼は、私の大事なお客様だ。くれぐれも失礼のないようにね」


「お父様が、そう仰るなら……」


 すぐさまウィズが、和真の正面に歩みでる。


「雷堂和真さん。それでは説明いたします」


「は、はい。よろしく……」


 もう事態が急展開過ぎて、あまり頭が働かない和真は、とにかく流れに身を任せることにする。


「まず、外に【マギネーター】。用意しています」


「マギネーター?」


魔動まどうバイク……と言ってもわかりませんね。まあ、1、2人乗り用の小型魔動車まどうしゃだと思ってください。かなりスピードはでますし、運転も癖がありますから気をつけてください」


「き、気をつけるって言っても……」


「運転方法は、上で現物を見ながら教えます。それから、魔力で動きますから、到着した頃には魔生機甲レムロイド構築ビルドする余力はないかもしれません」


「……それじゃ、駆けつけても意味がないんじゃないか?」


「そこで、少ない魔力で戦える武器を用意しました」


 言いながら、ウィズが和真の背後を指さした。

 その指先を追うように視線を動かすと、和真の視界にヒサコが入る。

 彼女の手には、少し大きめな箱状の物。

 その両サイドや上からはベルトが伸びており、いかにも背負えるようになっている。


「なんだ、それ? リュックか?」


「これは、【グラトン・アーム】といいます。とりあえず、つけてみましょう」


 指示に従い、ヒサコに手伝ってもらいながら和真はそれを背負った。

 両肩、腰をベルトで固定し、かなりしっかりと背中にフィットする。

 さらにグラトン・アームの起動方法を聞いて起動すると、前腕の外側に大きな視界パーツが貼りつき、臀部を包むような少し硬質なカバーもでてくる。

 まるでその感覚は、小さな椅子が貼りついているかのようだった


「――というわけで、これがワイヤーアンカーの使い方です。スイッチ2つの操作だから簡単でしょう。ただ、何度も言いますけど、跳ぶ時はヒップガードにしっかり体重をかけないと、あちこち脱臼します。うまく使ってください」


「うまくって言われてもなぁ……」


 グラトン・アームに内蔵されているワイヤーアンカーの使い方をウィズに一通り聞いたが、和真はこんな道具を初めて見た。

 とてもうまく使えるとは思えない。


「それから、攻撃手段として【咆哮魔撃インパクト・ハウリング】という機能があります」


 しかし、ウィズは気にとめてくれず、話を進める。

 確かに、今は時間がない。

 急いで説明を聞いて、あとはぶっつけ本番で行くしかないだろう。


「まず、左腕部に3つ内蔵されたカートリッジの1つをとりだし、右腕部にセットします。そして、横にある安全装置を解除。その状態でコックピットのある正面の装甲に先端を密着させ、発動させます。非常にシンプルです」


「……待て。シンプルだが、どうやってコックピットに……って、そのためのワイヤーアンカーか? まさか、生身でとりつけと?」


「当たり前ではないですか」


「そんなの一朝一夕で、できるようになるわけないだろう!」


「大丈夫です。お父様があとでマギネーターとグラトン・アームの過去の使用者から、肉体の記憶を転送してくれます」


「……そんなことができるなら、説明はいらないんじゃないか?」


「残念ながら、知識はそう簡単に転送できません。肉体の記憶は知識がキーになって呼びだされますから、知識は身につけてください」


「……よくわからんが。グラトン・アームって使用者がいたのか?」


「はい。死にましたが」


「……え?」


「敵魔生機甲レムロイドに貼りついたところをペタンと潰されました」


「――ダメだろ、それ!」


「そこは勇気と知恵で創意工夫なさってください」


「雑な使用方法だな! ……もういい。とにかく、コックピットに貼りつけということだな。それで発動方法は?」


「発動は、【咆哮魔撃インパクト・ハウリング】と念じながら叫び、トリガー2つ同時に引きます」


「【咆哮魔撃インパクト・ハウリング】か……それが発動呪文になっているんだな?」


「いえ。お父様がカッコイイから、そう言うようにと」


「――ちょっと、お父様!?」


 反射的に和真は突っこんだが、ササは笑顔で答える。


「あはは」


「あはは、じゃねーよ!」


「嫌なら、貸さないだけですよ? 気にいったなら、さしあげようかと思っていましたがね」


 わざとらしく腕を組み、眉間に皺を寄せながら呻るササに、和真はグッと言葉を詰まらせる。

 ここは堪える場面だと、自分に言い聞かせる。


「……せ、正義の味方に、かっこうよさは必要だよな……」


「あなたなら、わかってもらえると思いました。うちの息子もよく叫んでいて、かっこうよかったものです……」


「息子自慢はいいから……。それで発動するとどうなる?」


 ササを受け流し、和真は視線でウィズに話を促す。


「はい。発動すると、グラトン・アームの先端から固定具が出て、敵装甲に密着。カートリッジ内の火薬が爆発して、スペル・スタンパーという円柱系の金剛鉄アダマンタイト製ハンマーが飛びだし、敵の装甲を叩きつぶしにいきます」


「火薬? 魔法ではなく、なんでわざわざ……」


「魔法結界の中でも、強い威力で使えるようにするためです」


「でも、そんなもんで、コックピットを壊せるのか?」


「壊せるわけないではないですか」


「――おい!」


「話は最後まで聞いてください。スペル・スタンパーの中心には鋭い突起があり、それが装甲に突き刺さります。さらにその周辺には、魔法陣が対象に刻まれる仕組みがあります。敵の装甲表面に魔力障壁があっても突き破り、スペル・スタンパーはそこに【真空乱刃ボイド・ブレイズ】の呪文を刻みます」


「そんなの密着で撃ったら危険だし、そもそもそれぐらいで――」


「最後まで聞いてください。だから、下等種は……」


「ぐっ……」


「その刻まれた魔法陣には仕掛けがあり、発動位置が魔法陣より80センチほど先になっています」


「コックピットの中……か……」


「はい。そこに真空の刃が大量に現れて、狭い空間の中で暴れ回ります。ですから、使ったあとのコックピットは見ない方がいいです。見えない獣に食い散らかされたような状態になりますから」


「えげつねーな……」


 和真の背筋に冷たい汗が流れる。

 このような武器、今まで見たことがない。

 完全なる対魔生機甲レムロイド兵器など、今まで存在しなかった。

 それもそうだろう。

 魔生機甲レムロイドに対抗するには、魔生機甲レムロイドを使うのが一番簡単なのだ。

 生身で戦うことを考える奴など、まずこの世界にはいない。

 ある意味で、かなりイカレている武器だろう。


「ところで――」


 ヒサコがタイミングを見ていたように割りこむ。


「――そろそろ出発しないと、タイミング的に警務隊が全滅しちゃいますよ、ファーザー?」


「……あっ」


「あっ、じゃねーよ! もう説明はいい。だいたいわかったから、出発する!」


 和真の言葉に、ササがうなずいた。

 そして、そのササのアイコンタクトを受けとったヒサコ、ウィズも真剣な眼差しでうなずく。

 心をひとつにした3人の真摯な視線が、和真を貫いた。


「わたくしの魔術道具、大切に使ってください」


 ウィズが言葉を贈った。


「警務隊の裏切り者は、こちらで押さえてある。ひきわたすから、ちゃんと帰ってこい」


 ヒサコが言葉を贈った。


「君の活躍を期待している。さあ、行きなさい――」


 ササの言葉に続き、3人の声がひとつになる。


「「「――変態仮面!!!」」」


「――さっきの意味ありげなアイコンタクトは、それを言うためかよ!」




(思いださなけりゃよかった……)


 魔人たちは、どんな時でもお茶目だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!