Act.0010.5:――しねーよ!!

 アラベラが去った後、和真はその場で両膝から崩れおち、両手を手前についた。

 まさに四つん這い状態で、その様子は絶望感にあふれている。


「か、かず……ま……?」


 ミチヨは階段を降りてくると、近寄ってようすを見ようとする。

 が、近寄れない。

 名状しがたい空気が、彼の周りを包んでいる。

 近づくだけで、闇に呑まれそうな雰囲気だ。


「お……俺は……や……やはり……は、はれんち……なのかあぁぁぁ……」


 首が垂れ下がり、その表情は見えない。

 だが、長い付き合いのミチヨには、容易に思い浮かべることができる。


「あ、あのさ、和真……」


「別に……大きい乳房が欲しかった……わけじゃ……」


「ちょ、ちょっと……和真?」


「お、女から見ても……はれん……ち……」


 床に向かって呟く和真は、かなりメンタルがヤバい。

 恋心を受け入れてくれない腹いせに、ここまで追いこんでしまったのは自分なのだが、これはさすがにまずいとミチヨも心配になる。


「俺はハレンチな変態……変態仮面……なのか……」


「そ、そんなことはないよ、うん!」


「じょ、女装だって……やりたくて、しているなら……まだしも……俺は……」


「あ。じゃあ、もう開きなおって女装を好きになっちゃえば?」


「…………」


「和真……?」


「…………」


「……大丈夫? 女装する?」


「――しねーよ!!」


 さすがに哀れに感じたミチヨは、獅子王の時に着る上着を用意することにしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!