Act.0006.5:極めるぞ、変態を!

(まったく……大介さんまで、なにが変態仮面だよ……)


 神守家からの帰りの夜道。

 和真は星を見ながら、帰路についていた。

 さんざん変態呼ばわりされた和真は、少し肩を落とす。


(まあ、あんなタイトなスーツ着ている女は、露出狂の変態呼ばわりされても仕方ないのか……。やっぱり、あの上になにか羽織らせてもらいたいな)


 コーディネーターであるミチヨに、進言する必要がある。

 却下されそうだが……。


「これじゃますます変態と……あれ?」


 ふと和真は、既視感デジャビュを感じる。

 前にもこうして、夜空の下で「変態」について考えたことがある。


(――! そうだ! なぜ、いちずにふられたのか考えた時……俺に足りないものを考えた時だ!)


 そう。その時に思ったのだ。

 世代セダイという変態を選んだいちずは、きっと変態が好きなのだろうと。

 変態大好きっ娘なのだろうと。

 そして、自分にその変態性がないから、ふられてしまったのだろうと。


「ということは……変態である今なら、もしかしていちずも……ふりむいてくれるんじゃないか!?」


 周りから認められた立派な「変態」である今なら、世代セダイの変態性に勝てるかも知れない。

 そうなれば、いちずももう一度、考え直してくれるかも知れない。


「そうだ! 変態、すばらしいじゃないか! こうなったら、なってやる!」


 和真は、夜空の星をつかむように手を伸ばす。

 そして、響きわたる声で宣言する。


「極めるぞ、変態を!」





 ――家に帰って酔いが覚めた時。

 和真は、あの時の自分に殺意を覚えたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!