Act.0069:クイーン……君は……

 最初、世代セダイを見つけた時、クエは焦った。

 真っ青な顔をして地面に力なく座りこみ、顔や肩にはたっぷりと血糊がついていたのだ。

 彼女は駆けよって世代セダイを心配したが、それは返り血だと説明されて安堵した。


 だが、その返り血の理由を聞いた時、世代セダイが急に立ちあがって嘔吐を始めた。

 もう、ほとんどできってしまっているのか、ゲェーゲェーと言うだけで唾液しか吐きだされていない。

 今にも崩れそうな体を膝に手を置いて支えている。

 鼻につく酸い匂いと、どこか生臭さが彼から漂う。

 そんな世代セダイを支えて背中をさすりながら、クエは変な話だが少し嬉しくなってしまった。


「ジェネはんは、ほんにこん世界の人たちを人間として認めてはるのやなぁ」


 額に汗を浮かべた世代セダイが、疲労困憊の表情で苦笑する。


「逆に言うと、人殺しを認める……ってことだけどね……」


「――あっ! 堪忍しとくれやす! うち、つい……心のうことを……」


「別にかまわないよ。ヴァルクと共に罪を背負えるなんて快感だ」


「……さすがに、そら嘘やろ?」


「…………」


 クエの言葉には応えず、世代セダイが下を向く。


「最初は平気かなって……遠くからコックピットを貫いても、さほどではなかったんだけど。目の前での爆破シーンは辛すぎ……た……うぇ~~~っ……」


 世代セダイはまた思いだしたのか、地面に手をついた。

 だが、嘔吐えずくだけでやはり何もでない。


「ヴァルクの中で嘔吐もどしはりました?」


「……このボクが愛しいヴァルクの中で?」


「愚問どした」


 クエは、クスリと笑う。


 世代セダイは、コックピットの中に入ると性格が変わる。

 いや。正確には、「本気をだす」と言うべきだろう。

 愛すべきロボットの機能をすべて引きだすため、全身全霊をかけて操縦するのだ。

 そのために、彼は鬼気迫った近寄りがたい雰囲気をだす。

 その姿を見せた大会で、アナウンサーに「鬼将軍」と形容されたぐらいだ。

 そんな彼のことだから、「人を殺した」という罪の意識さえも、乗っている間は張り詰めた精神で抑えこんでいたのだろう。


「まあ、ジェネはんががんばったおかげで、あのお三方は気ぃしてへんようやな」


 戦いの最中、彼女らは世代セダイのパイロットとして操縦技術に意識を持っていかれていたようだ。

 その状態で、メインのコントロールをすべて世代セダイがやっていたのなら、彼女たちの「殺した」という意識は、かなり希薄になっていることだろう。

 それにこの世界は、元の世界よりも戦いが日常の中にある。

 だから、そもそもの感覚がかなり違うことは、クエも感じていた。


 もちろん、世代セダイがそこまで彼女らを慮ってやったのか、正直なところクエにもわからない。

 もしかしたら、本当にヴァルクを他人に操縦させるのが嫌で、そうしただけかもしれない。

 だが、少なくともこの男は、ロボットがらみならば絶対に逃げたり、誰かに責任を押しつけたりしないだろう。

 そして、大好きなロボットを好きな人のことも、実は大事にする男であることをクエは知っている。


 彼女は、あるBMRS関係のイベントで、たまたま世代セダイを見かけたことがある。

 その時、彼はロボット好きな子供たちの相手をしていた。

 しかも、人づきあいが面倒そうに、顰めっ面や愛想笑いをしている、普段の世代セダイではなかった。

 子供たちにロボットの説明をわかりやすく話したり、子供たちのロボットの夢を真剣に、そして楽しそうに聞いていたのだ。


 最初、そんな世代セダイを見て、そのギャップに驚いたものだ。

 だが、彼と何度も戦ううちに、なんとなくクエにも彼という人物がわかってきた。

 ある意味、度が過ぎるほど真面目なのだ。


ご苦労様はばかりさんお疲れになったへたばらはったなぁ……」


「クイーンこそ、巻きこんでごめんよ。そっちはどうだった?」


「問題ありませんえ。上手くあんじょう、片付きました。帰りがけいにしなに寄ってみまひょ」


「ありがとう。助かったよ」


大したことないだんないよ。それに、ジェネはんには生きててもらわんと。うちが倒すまではねぇ」


「そうか。万年3位を返上しないとね」


「そや。万年3……2位や!」


「まあ、それはともかく――」


「流さんといて!」


「――敵の隊長から、面白い話を聞いた」


 世代セダイがマイペースなのはいつものことだ。

 仕方なく、クエは続きをうながす。


「はぁ……。なんですの?」


 すると、ロボットにも乗っていないのに、世代セダイの目許がひきしまった。

 そのただならぬ様子に、クエにまで緊張が走る。


「解放軍の幹部たちは、『ロボット』という呼称を口にするらしいよ」


「……えっ!?」


 その世代セダイの言葉を噛みくだくのに、数秒の時間がかかった。


(ロボット? だからなに? ……って、え? 幹部?)


 そして、それを理解した時に、クエは「仲間がいるかもしれない」という喜びよりも、得体の知れない不安を感じてしまった。

 まるで、周囲の気温が下がったのかと勘違いするほど、血の気がさがって寒気を感じる。


「それ、ほんま?」


「さあ。でも、あの状態でわざわざそんな嘘を言うとは思えないよ」


「…………」


 クエは、頭の中で瞬間的に思考を巡らせた。

 その言葉を使う可能性。

 そして、もし、だったら……そして目的。

 情報が少なすぎて答えなど出せないが、彼女の思考は悪い方へ悪い方へと流れてしまう。


「なんや……悪いことしか浮かばへんな……」


「奇遇だね。ボクもだよ……」


 世代セダイの苦笑が、自分と同じ結果にたどりついたのではないかと思わせる。

 だが、今はこれ以上、考えても仕方ないことだ。

 今、考えるのは別のことだと、クエは頭を切り換える。


「とりあえず、ジェネはんのパイロットのお嬢たちが心配してはるさかい、そろそろ戻りまひょ」


 そう言うと、クエは世代セダイの腕をつかんで立ちあがるのを手伝う。

 世代セダイが、「汚れてるから」と断るが、何を今さらだ。

 だいたい、人間に興味がないと言いながら、妙なところで気を使う。


「いいから、早よう。3人とも心配してはったで。……というか、ジェネはんはいつの間に、そないにモテる男になりはったん?」


「別に……。ボクは、手なんてだしてないよ」


「そんなこと、承知してます。ジェネはんが手をだすのは、ロボットだけや」


「……うん。クイーンはよくわかっているな。ボク、立派な変態だから」


「はいはい。そん変態はんは、これからいろいろやることがおますやろ」


「……なにが?」


「ジェネはんのことや。街、こないな事になったこと、少なからず責任、感じてはるはずや。街のために何か……とか考えてはるやろ?」


「…………」


 黙っている世代セダイの腕を肩に回して、クエは彼を立たせた。


「ジェネはんは、こん世界では魔生機甲設計者レムロイドビルダーや。やれることはつまり、そんだけ。それにその後は、ここ居たら迷惑かけてしまいます。だから、はようで出ていく用意もせんと……と思ってはるのやろ?」


 どうだとばかり、クエは世代セダイのを方見る。

 しかし、世代セダイの顔は反対を向いており、表情はうかがえない。

 その様子に、クエは口元を少し緩める。


「時間もあんまりのうさかい、手伝いますえ」


 クエは、その返事を待つように止って待つ。


 世代セダイとの間に、さほどつきあいや交流があったわけではない。

 だが、彼女は世代セダイと戦っている時、どこか心が繋がっている気がしていた。

 最初、これは単なる勘違いだと思っていた。

 ひどい思いこみだと恥ずかしくなったこともあった。

 しかし、そのうち「繋がっている」という感触を否定できなくなった。

 言葉にはできないが、あのBMRSの機械を通じて、少なくとも戦っている最中だけは、世代セダイとは心が繋がっていたと確信していた。


 だから、今もわかる。

 自分の予想は、絶対に当たっている。


「ふぅ……。クイーン」


 世代セダイが大きなため息をついてから、顔を少しだけクエに向ける。


「今だから言うけどね。ボクは万年2位の【エンペラー】より、万年3位のクイーンの方が戦いにくかったよ」


「……それはそれはおおきに。光栄なこと……って、ちゃう! 万年3位ちゃう! うちは、万年2位……ああ、それもちゃう!」


「え? 別に1位以外は、にたりよったりじゃない」


「大雑把すぎます! ……まあ、確かにうちは、順位は別にいいんや。目的は、ジェネはんを倒すことだけ。そのために、うちはわざわざここまできたんや!」


「……え?」


「――あっ!!」


 クエは滑った口を塞ぐがもう遅い。

 はっきり、きっぱりと言ってしまった。


「もしかして、クイーンはボクを追いかけるためにBMRSで……」


「…………」


 今度はクエが顔を背ける番だった。

 紅潮する頬を抑えきれず、今すぐ彼を放りだして逃げだしたくなる。

 確かに、世代セダイを追ってきたことはまちがいない。

 だが、別に世代セダイを慕っているからではない。

 彼を倒すことが目的だ。

 それこそがすべて。

 彼がいない世界に生きがいなどなかった。

 だからこれは、決して恋慕などではないのだ。


(――本当に?)


 誰かの声が頭の中で響いた。

 もちろん、すぐに「本当だ」と反論するが、顔の赤味は酷くなる一方だ。


「クイーン……君は……こんな世界にまで……」


 クエは反論を考える。

 ここで下手な言い訳をしたら、逆にツンデレみたくなってしまう。

 そうじゃない、そうじゃないのだと思うが、頭が混乱してわからなくなってしまう。


「クイーン……君は……君は、なんて変な奴なんだ! 頭、おかしいんじゃないか?」


「…………」


 クエは、世代セダイを放りだした。


 変態に「変だ」と侮辱されるのが、こんなに腹が立つことだとは思いもしなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!