Act.0067:愛が感じられない!

 ヴァルクのコックピットに座るミカは、心臓の鼓動が激しくなっていることを自覚していた。

 額に小さな水滴のように浮かんでいる汗が気持ち悪い。

 背筋や脇の下などにも、冷たい汗がツーと垂れていく。

 自分でも、この汗が意味するところを迷ってしまう。


 恐怖? 驚愕? それとも畏敬?


 最初、ミカは世代セダイのことを単に優れた魔生機甲設計者レムロイドビルダーとだけ見ていた。


 しかし、話してみたら、「器が大きい人間である」と勘違いしてしまった。

 ただ、最初は勘違いだったものの、実際に彼のことがさらにわかってくると、好感が持てるようになっていた。

 彼の魔生機甲レムロイドへのストイックさは、ある意味で尊敬に値するし、魔生機甲設計者レムロイドビルダーとしての能力もすばらしい物だった。

 その上で、彼が作った魔生機甲レムロイドに乗っていると、さらに彼に好意を持つようになっていた。

 ある意味で洗脳かもしれないが、きっかけはともかく、ミカはそのことに特に不満もなかった。

 彼の魔生機甲レムロイドに乗り、彼に仕えることに素直に喜びを感じられた。


 だから、これからこの貧弱な主を【ズワールド・アダラ】と共に守っていこう。

 そう誓っていたのだ。


 なにしろミカは、剣術にかなりの自信があった。

 神明八重垣しんめいやえがき流という剣術流派の師範の資格を持っている。

 剣術の戦いで世代セダイに後れをとることはあり得ない。

 だから、世代セダイの刃として働けるという自負があった。


 だが、それは生身の時だけの話だったのだ。

 パイロットとしては、それは当てはまらない。

 たった今、彼女は嫌と言うほどそれを思い知った。


 ヴァルクの剣さばきだけならば、ミカは自分とほぼ五分ではないかと思う。

 しかし、ヴァルクの能力を活かした体さばきを見た時、勝てるとは欠片も感じられなかったのだ。

 ホバー移動とローラーダッシュの組合せによる奇襲から始まった、すばやい動き。

 その間の判断力と操作は神業のようだった。

 結局最後まで、ミカはまともに世代セダイの動きを先読みすることができなかったのだ。


 実際、世代セダイは敵魔生機甲レムロイドの剣さばきをものともしなかった。

 敵の剣の動きを見る限り、弱くはないどころか、かなりの手練れだとわかる。

 それをほぼ一方的に圧していたのだ。


 横を見ると、いちずが口を半開きにしたまま、世代セダイを見つめていた。

 そして、双葉はまさにとろけるような双眸で、世代セダイのことを見つめている。

 反応はそれぞれだろうが、この二人も彼に対するイメージが明らかに変わったことだろう。


 優れた魔生機甲設計者レムロイドビルダーだが、ひ弱そうな、魔生機甲レムロイド好きの変態男。

 それが、精密な射撃から、ワイルドな近接戦闘までこなす、自分たちよりも遙かに優れたパイロットになったのだ。


 ミカは世代セダイを主に選んでよかったとあらためて思い、誇りに思った。

 しかし、同時に自分のパイロットとしての未熟さを痛いほど思い知った。

 自分の力不足を早急に、何とかしなければならない。

 それこそ今にでも、アダラをだして訓練したいところだ。


 だが、今はそれどころではない。

 まず、このヴァルクが握っている解放軍【新月フルムーン】のパイロットを何とかしなければならない。


「おーい。東城世代セダイさんよー」


 黒い金属の指につかまれながら、体に密着した緑のパイロットスーツを着た男が声をあげる。


「オレの名前は、名月っていうんだけどさ。最後に顔見せてくれねえ?」


 その言葉に驚いたミカは、金髪碧眼の男を見つめた。

 捕まっているくせに、心から嬉しそうにニヤニヤと笑っている。

 その笑顔に、ミカは狂気を感じる。


「主殿。このまま連れ――」


 ミカの言葉は、世代セダイに向けられた掌で止められた。

 なにかと思っていると、世代セダイが自分の目の前にあるキーを操作する。


「名月とはいい名前だね。……いいよ。今、でる」


 その言葉に、全員が驚き、彼を止めようとした。

 だが、世代セダイは話を聞かずに、体につけられていたベルトを外し始める。


「ちょうど、聞きたいことがあったし」


「だ、だめだよ、ご主人様! あいつ、悪い顔してるもん!」


「そうだ、世代セダイ。やめた方がいい……」


 2人の声がまるで耳に入っていないかのように、世代セダイは席から腰をあげる。


 どうあってもやめる気はないらしい。

 そう知って、ミカはせめてこれだけはと声をかける。


「主殿。お話の邪魔は致しません。しかし、腕のコントロールだけでも拙子にいただけませぬか」


「…………」


 一拍だけ世代セダイが黙考し、そしてキーをまた操作する。

 そして、音声で命令をだす。


「両腕部コントロールをサードコンパネに委譲。……ユー・ハブ・コントロール」


「アイ・ハブ!」


 ミカはそう応じると、自分の目の前のレバーにコントロールが来たことを感じた。


 もちろん、名月と名のったあの男が、世代セダイになにかしようとした時に対応できるようにするためだ。

 腕だけならば、ミカでも十分コントロールできる。

 いざとなれば、握りつぶしてしまえばいい。


 世代セダイが立ちあがって、コックピットの天板を開く間も、ミカはモニターに映る名月の一挙一動を見逃さないようにと見張り始める。


 天板から世代セダイが上半身をだすと、名月が一瞬だけ目を見開いて口笛を吹いて見せた。


「こいつは驚いた。子供じゃないか……」


 揶揄するような名月に対して、世代セダイは平然とした態度で答える。


「この世界だと、15過ぎたら大人だと聞いたけど?」


「オレから見たら、20前なら子供だぜ。ってか、魔生機甲設計者レムロイドビルダーとしてみたら20代でも子供のはずだ。本当にお前が?」


「嘘つく必要性を感じないけど?」


「ま、そりゃそーだな」


 名月がクックとかるく笑う。

 そんな態度を見せる度に、ミカは名月が何かするのではないかと身構えてしまう。


「ところで教えてくれよ。『魔生機甲レムロイドを貶める使い方』ってなんだよ?」


「ああ。ボクはね、ロボット……魔生機甲レムロイドが大好きなんだよ」


「ロボット……」


 名月の笑い顔が瞬間的に消えた。

 だが、1秒もしないうちに、また口角があがる。


「ハンッ! じゃあ、何か。大好きな魔生機甲レムロイドを戦いに使って、傷つけないでーってか?」


「ハンッ! まさか」


 世代セダイが揶揄するように名月のマネをした。


「まちがいなく、魔生機甲レムロイドは戦うための道具だし、ボクもそのつもりで作っているよ。だから、魔生機甲レムロイドが戦いで傷つくのは、まさに魔生機甲レムロイドが生きた証と言えるね。ならばボクは、その傷さえも愛おしいよ! 頬ずりしたいぐらいさ!」


「……ぷっ!」


 名月は我慢できないように爆笑し始める。


「アハハハハハハハ! おまえ、おまえ……ぜってーおかしいわ!」


「よく言われる」


「――ぶっふううぅぅーっ! ……アハハハハ! ……やべー! このまま最高に楽しい気分で笑い死にそうだ! ……で、でもよ。じゃあ、じゃあよ、けっきょく、なにが貶める使い方なんだよ?」


 笑いを我慢しながら、名月はなんとか質問した。


 すると、世代セダイにしては珍しい強い口調が返る。


「……愛だよ」


「……はあ? 愛?」


「あんたたちからは、魔生機甲レムロイドに対する愛が感じられない!」


「……な、なに言ってんだ?」


「確かに魔生機甲レムロイドは、戦うための兵器だ。でも、『戦う』ってのは、力ある者同士の衝突だ。ところが、あんたらがやったのは戦いではなく、一方的な殺戮。魔生機甲レムロイドは、虐殺兵器ではない」


「……殺すってことに、かわりはねーじゃんか」


「違うね。『殺す』『死ぬ』は結果のひとつだよ。……『戦う』ってことは、『希望という勝利を得るための行為』。ボクはそういう生きる意味を魔生機甲レムロイドに与えている。これが、ボクの愛だ!」


 世代セダイは、熱弁モードに入っていた。

 こういう時の彼が放つ覇気は、普段とは比べ物にならない迫力がある。

 彼は自分のことで興奮することはない。

 怒るときはいつも、恋人レムロイドに関する時だけだった。


「でも、あんたらは、生身の人間を虐殺するという『絶望をばらまくこと』に魔生機甲レムロイドを使った。……はあ~~ぁ。なんて愛がないんだ」


「道具に愛とか……バカじゃねーのか……」


「だから、負けたんだよ、あんたたちは。……そう、ボクの愛にね!」


 あまりにもきっぱりとした世代セダイの物言いに、名月が圧倒されて口ごもる。

 そして、彼は肩を落として脱力する。

 その顔は、すべてをあきらめたように目じりも口角も下げている。


「あぁ~~もう。負けだ、負け。……なーんか、おまえと話してたら、いろいろとバカらしくなってきた」


「じゃあ、今度はこっちの質問に答えてもらってもいいかな?」


「ああ。なんでも答えてやるよ。十分楽しませてもらったしな」


「じゃあ、教えてよ。【あずまや工房】の工房長【東埜 一徹】を殺したのはあんたなの?」


 席に座ったままのいちずが、ビクッと体を震わした。

 そして、頭上で話す世代セダイに、震えるか細い声で「なにを……」とだけこぼす。

 端から見てもわかるぐらい、彼女の頬が引きつっている。

 懸命になにか言おうとしているのか、口だけがもぞもぞと動いている。

 だが、それが言葉になる前に、名月が開口する。


「……ああ。それはオレじゃねぇ。弦月って奴の指示で、奴の部下が……そうだ。確か薬を盛ったはずだ。表ざたは病死のはずだろう? なんで知ってる?」


 その事実に、立ちあがろうとするいちず。

 それを世代セダイが、顔も向けず手ぶりだけでとめた。

 ミカも、いちずの肩をおさえる。

 事情はよくわからないが、今は世代セダイに任せておいた方が良さそうだ。

 名月は世代セダイに気持ちよく話しているが、いちずがでていったら話さなくなるかもしれない。

 とにかく情報を多く引きだすべきだと判断する。


「一徹さんの日記に、あんたらに命を狙われていると書いてあってね。事実関係を調べていた」


「なるほど。勘のいいオヤジだったらしいからな。気がついてたのか。なら逃げればよかったのに」


「あんたらから逃げるのは、そうとう難しいそうじゃないか。それに病死に見せかけての暗殺が得意なんだろう。……だからだよ」


「あん?」


「下手に荒事になれば、娘も巻き込まれる可能性がある。気がつかないフリをして病死で殺されれば、自分だけで済む可能性が高い」


 世代セダイの言葉に、いちずが息を呑みこむ。

 それを心配するように、双葉もいちずの肩に手をのせた。

 ミカの手に、いちずの肩の震えが伝わってくる。

 きっと彼女は、すぐにでも跳びだして名月を締めあげたいはずだ。

 だが、それを必死に下唇を噛んでまで耐えている。


「なるほどね。娘のためか。それも愛ってやつか?」


「たぶんね」


 世代セダイの反応に、名月が眉を寄せる。


「たぶんね? おまえの好きな愛の話だろ?」


「ボクが興味があるのは、ロボ……魔生機甲レムロイドへの愛だけだからね」


「……気持ち悪い奴」


「まあね!」


 侮蔑の言葉にも、傷一つつかない世代セダイの反応は、見るからに名月を楽しませていた。

 きっとそのおかげで、名月の口も軽くなっているのかもしれない。


「それで、その弦月ってのはどこにいるの?」


「悪いけど、知らねぇ。部隊が別なんで情報はないぜ」


「そうか……」


「まあ、代わりに面白いことを教えてやるよ。……東城世代セダイ、おまえと同じように、解放軍には魔生機甲レムロイドを『ロボット』と呼ぶ奴らがいる」


「――えっ!?」


 世代セダイの声色が変わった。

 今まで冷静に対応していた世代セダイだが、予想外なことだったのだろう。

 緊張感を感じさせながらも、少しだけ震える声をだす。


「だ、誰?」


「解放軍の幹部たちだ。……どうだ、なかなか面白い話だろう?」


「……うん。面白い。もうちょっと教えてくれ。その幹部の名前は?」


「だーめだ。これはオレの最後の嫌がらせでもあるからな。おまえは、このモヤモヤを持ったまま火種をまき散らせ」


「ん? 火種って?」


「おまえだよ。おまえは完全に火種だ。おまえは確実に、この世界を面白くする! オレはそれが見られなくて残念だけど、期待しているぜ」


「ボクは魔生機甲レムロイドを作って、それを愛でていられれば十分なんだけど……」


「その魔生機甲レムロイドが火種なんだよ。あちこちできっと大爆発を起こさせる火種だぜ!」


「…………」


「……こんな風にな!」


 名月の二重瞼も大きめの口も、グニュッと弓なりになる。

 笑う……というより、まるで歪んだ顔。


「――はっ!!」


 そこで、ミカはやっと反応する。

 すっかり2人の会話の内容に意識をとられてしまっていたのだ。

 おかけで反応が間にあわない。


「あばよ! ……【風爆ふうばく】!」


 慌てて空いていたヴァルクの左手を名月と世代セダイの間に割りこませた。


 刹那、重々しいこもったような、ボンという爆発音が響く。


 かるい……本当にかるい振動が機体に伝わる。


 同時に、ビチャビチャと液体のついた柔らかい物体が、ヴァルクの表面に張りつく音がする。


「全モニター、オフ!」


 世代セダイの命令に従い、ヴァルクのコックピット内のモニターが一気に消えた。

 コックピット内が急に暗くなる。


「主殿!」


 ミカはとっさに立ちあがって世代セダイを見た。

 すると世代セダイは、肩に乗っていた何か赤い塊を外に投げ捨てるところだった。


「申し訳ございません、主殿! お怪我は……」


「……ないよ」


 そう言って下を向いた世代セダイの額には血がたれていた。

 そして、肩口から首にも血がついてしまっている。


「大丈夫。これは、あいつの置き土産」


「…………」


 ミカの案じる顔色に気がついたのか、世代セダイが少し弱々しく微笑した。


「申し訳ございません……」


 ミカは自分の未熟さを恥じた。

 あの時、会話の内容に気をとられていなければ、主に不快な思いをさせずに済んだのだ。

 自分から言いだしたことなのに、この体たらく。

 悔しくて涙がでそうになる。


「主殿。拙子のモニターだけ回復を。拙子は大丈夫故に……」


「…………」


 世代セダイは天板を閉めて、自分の席に座った。

 そして、一呼吸してから命令する。


「サードコンパネ、モニターオン」


 ミカの目の前のモニターに明かりが灯る。

 さっそく、彼女は腕を動かす。

 名月を握っていた掌は、思った通りの惨状だった。

 血糊は仕方ないので、残っていた肉片だけ捨てていく。

 そしてついでに、地面に転がっていた魔生機甲設計書ビルモアを破壊しておく。


「いちずさん……」


 世代セダイがまるでいつもと変わらない口調で話しかけた。

 その声に戦闘中の緊迫感はなくなっている。


世代セダイ……父は……」


「ごめん。今回の件が片付いたら、全部説明する。それまで、お父さんの件は待ってもらえるかな」


「……ああ。わかった」


 いちずはきっと、今すぐにでも事情を聞きたいことだろう。


 しかしそれよりも、今は街のことが心配だ。

 戦闘が始まってから何も言っていないが、双葉もきっと自分の両親の事が心配で仕方がないはずだ。

 いちずもそのことをわかっているから、世代セダイの言葉を呑んだに違いない。


 ヴァルクは、街へ戻るため道を進み始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!