Act.0060.5:忠告しておくことがある……

「あっ。コックピットが特殊なんで、パイロットスーツがないなら、服を脱いで裸で乗ってね。服着ていると挟まっちゃうから」


 世代にそう言われ、今一つ意味が分からなかったが、フォーは素直にうなずいた。


「――ハダカ!?」


 それを聞いた、いちず、そして双葉とミカに、フォーはすごい勢いで取り囲まれる。

 かと思うと、そのまま世代から離れさせられ、部屋の隅に連れて行かれてしまう。


「な、なにね?」


 何事と驚いているフォーをよそに、取り囲んだ3人がそれぞれ顔を見合わせてからうなずきあう。

 まるで、言葉がなくとも通じ合うものを確認しているかのようだった。


「フォー。忠告しておくことがある……」


 いちずが神妙な顔で口を開く。


「世代の作る魔生機甲レムロイドはな……」


魔生機甲レムロイドは?」


「すっっっっっごく……気持ちいいから、気をつけろ」


「…………」


「…………」


「……この一大事に、なに言ってるね? 想定外ね」


 フォーは、がっくりと肩を落としてため息く吐く。

 なにか大事なことかと思い身構えてみたら、なんともくだらない話だった。


「違うのよ、フォーちゃん! 油断すると、大変なことになるんだよ!」


 双葉も両こぶしに力を込めて訴えてきた。


 その横で、ミカがウンウンとうなずく。


「気をしっかり持たないと、魔生機甲レムロイドから降りられなくなるぞ」


「意味わからないね。だいたい、フォーはあんたたちみたいな、オボコ娘と違うね。多少の刺激はなんでもない。想定内ね」


「多少じゃなくてだな……」


「もう行くね」


 止めようとする3人をしり目に、フォーは部屋をさっさと出てしまう。


(まったく、なに言ってるね……想定外ね)


 やれやれと首をふる。



 ――だが、彼女は後から3人の言葉を深く理解することになる。

 この時はまさか、魔生機甲レムロイドの中で「あんなこと」をしてしまうとは夢にも思わなかったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!