Act.0061:ユー・ハブ!!!

 街はずれにあった宿から、世代たちは馬を使って東の隣接した山の影まで後退した。

 その間、街の阿鼻叫喚は、響き渡っていたことだろう。

 10機の魔生機甲レムロイドが、我が物顔で街を蹂躙していたのだから。


 まず最初に狙われたのは、警務所だった。

 雨のように多くの火の玉が飛来し、その時点で警務隊の半数近くはやられてしまったらしい。

 なにしろ、この街の警務隊には、全部で8機の魔生機甲レムロイドがあるはずなのに、現れた警務隊魔生機甲レムロイドは、たった3機だったのだ。

 そのうち1機は、自宅謹慎を言いわたされている双葉の父親の分としても、少なくとも4機のパイロットは、出撃できない状態にされてしまったことになる。


 いや。むしろ、出撃できなかった方が幸せだったのかもしれない。

 なにしろ、敵は1機で警務隊の魔生機甲レムロイド2機を斃すことができる解放軍の魔生機甲レムロイド10機だ。

 はたして、3機はなすすべもなく、巨体に蹂躙されるだけの地獄が始まったのだ。


「パパ……大丈夫かな……」


 双葉が街の方を見ながら、不安を口にする。


 馬をおりて、少し森に入ったところだった。

 天気の良い、木もれ日の中。

 本来なら、好きな人と仲の良い友達で来ているのだから、ハイキングでもしたくなるような、穏やかな場所のはずだった。

 だが、遠くから響く爆音が心の不安をかきたてて、この森の風景さえも不気味に感じさせる。


「きっと大丈夫だ、双葉」


 根拠はあるが自信はない。

 それでも、いちずは双葉に力強い言葉をかける。

 双葉の父親には、クエがコンタクトを取り、ある依頼をしているはずだった。

 だから、その作戦がうまく言っていれば彼は今頃、別のところにいるはずなのだが、巻きこまれた可能性は0ではない。

 それに母親の心配もある。

 ミカも双葉を元気づけるように、肩へかるく手を置く。


「まあ、ボクは興味がない人間が、何人死のうと関係ないんだけどね……」


 だが、そこに世代の心ない言葉が、3人の背後から浴びせられた。

 普段ならまだしも、さすがにこのタイミングで言われて、3人とも目を剥いてふりむいてしまう。


「世代! 君はこんな時……に……」


 だが、いちずのわきあがった怒りの言葉は、途中でふと呑みこまれてしまう。

 それは言葉と裏腹の顔が、目の前にあったからだ。

 眉がつりあがり、歯を食いしばる、初めて見せる世代セダイの表情。

 思わず、いちずは苦笑する。


「君は……まったく『関係ない』というような顔をしていないぞ」


「そうなんだよ。なんか知らんけど、すげぇ腹が立つんだよ!」


 目力がこもったまま、彼は背後の街の方をふりかえる。


「これはさ、こっちの世界に来た時に、なんとなく気がついたことなんだけど。この世の中に、本当は『まったく関係ない人』なんていないってことなんだよね、きっと」


世代セダイ……」


 いちずも他の2人も、世代の言葉に微笑する。

 世代セダイが、変わってくれたのだと思った。

 きっと、魔生機甲レムロイドだけではなく、人も見てくれるようになったのだ。

 そのことが、みな嬉しかった。


世代セダイ。君は、そのことに気がついたのだな」


「うん。やっぱり、必要だもんね」


「ああ。そうだ。必要……え? 必要?」


「うん! やっぱりさ、ボクの作りだした愛すべきロボットを褒め称える、その他大勢のモブも必要なんだ!」


「……モブ?」


「そう。……ヴァルクを描いた時に思ったんだ。作っても、誰にも見てもらえないことの虚しさ。もちろん、自己満足もいいんだけど、やっぱり自慢してみんなに見てもらいたいんだよ!」


 背中を向けながら拳を握りしめて熱く語る世代セダイ

 それはいつもと変わらない、魔生機甲レムロイドバカの姿だった。

 それを見て、いちずの顔が引きつる。


「そんなボクのロボットを褒め称える役割を持つ、大事なモブを殺すなんて……許せない!」


「ちょっ……ちょっと世代!?」


「まあまあ、いちず」


 思わず詰めよろうとしたいちずの肩をミカがつかむ。


「とりあえず、今はそういうこと・・・・・・にしておこうではないか」


「……え?」


 ミカの含みのある言葉に、双葉が続ける。


「そうだね。ご主人様は、もうそれでいいよ。理由はどうあれ、今はあたし達と同じか、それ以上に怒ってくれているんだもん」


 不安を抑えて微笑する双葉にそう言われては、いちずも笑うしかない。


「……そうだな」


 それに、いちずもやっと気がついた。

 世代セダイの背中にバツの悪さがあることに。

 気にしたくないのに、気になって仕方がない……そんな感じだろうか。

 それを無理やり、隠そうとしているのかもしれない。


 世代セダイは、別に人間嫌いではない。

 だが、人間のために動くぐらいなら、魔生機甲レムロイドのために優先的に動きたいはずなのだ。

 それが今、逆転しかかっている。


「……ああ、もう! やっぱり正義の味方とか柄じゃないよ!」


 背中に浴びせられる、3人の視線に耐えられなかったのだろうか。

 それをふりはらうかのように、世代セダイが勢いよくふりむいた。


「とにかく早く構築ビルドしよう! あいつら、今は余裕ぶっこいて遊んでいるけど、このままだと街が滅びちゃう。ヴァルクの活躍が無意味になっちゃうと、作戦失敗だよ!」


 その言葉にうなずき、いちずが魔生機甲設計書ビルモアを前にだす。

 が、ミカの手が伸びてきて、魔生機甲設計書ビルモアをかるく押し返した。


「その前に……主殿に聞きたいことがございます」


 彼女の顔が少し顰められる。

 声色もどことなく固い。


「主殿は、人を殺めたことがございますか?」


「……ないよ」


 世代セダイの言葉に、ミカが静かにうなずく。

 そして、すぐさま彼女は残り2人を見やった。

 その視線の意味を理解して、いちずが応じる。


「ああ。私も経験はない」


「あたしもだよ」


 2人の返事は予想通りだったのか、ミカはかるくまたうなずいた。


「拙子は、用心棒や賞金稼ぎをやっていたから経験がある。自慢などするつもりはないが、それなりにだ。だから、拙子がメインパイロットになろう」


 そう言うと、ミカは世代に片膝をついて頭をさげた。


「いえ。主殿の代わりに、メインパイロット役を拝命できぬでしょうか。今回、敵はテロリストたち。強制フォース格納ストレージ・インで逃がしてしまうと、何をしでかすかわからない。今回ばかりは、コックピットを狙い、パイロットと魔生機甲レムロイドを一緒に葬らなければならぬでしょう」


「…………」


 訴えかけられた世代セダイは、それをわかっていたのか、わかっていなかったのか、どこか無表情に黙している。


 いちずも、「殺さなければならない」ということは気がついていた。

 もちろん、仕方がないとは思っていた。

 でも、決心がついたわけではなかった。

 たぶん、心のどこかで、「自分が操作しない」という逃げがあったのだ。

 ミカにより、そのことが指摘された気分になり、彼女は恥じて目をそらしてしまう。

 それはたぶん、双葉も同じだったのだろう。

 彼女も下唇を噛んでうつむいている。

 唯一、ミカだけが現実をしっかりと見ていたのかもしれない。


「人の命を取るのは、簡単ではございません。それも初めてならば、罪の意識も強くなおさら。そのためらいは、命取りになることもございます。その点、拙子はもう慣れております。罪の意識で迷うことも――」


「――ダメだよ」


 世代セダイは、少し冷たい声でミカの言葉を遮った。

 驚いたミカが顔をあげる。


「し、しかし……」


「ヴァルクのすべては、ボクのものなんだから!」


「……はい?」


 唖然とするミカをよそに、いちずが持っていた魔生機甲設計書ビルモアへ、世代セダイが熱い視線を送った。


「愛しきヴァルクのパイロットはボクで、愛しきヴァルクのすべてはボクのものだよ! なに勝手にとろうとしてるの!?」


「い、いや、主殿……?」


 興奮気味の世代セダイの迫力に、さすがのミカもおされてしまう。


「だいたいね、君たち3人はヴァルクのパーツ……でもないな。もう言うなれば今回は、ヴァルクから見たら使い捨てのエネルギータンクみたいなもんだよ!」


「――ひどっ! 今までで一番ひどっ!」


 双葉が、ムキーッという声を上げる。

 だが、世代セダイは無視だ。


「つまり、君らの意志など関係ないの。愛しい相手のものは、すべて欲しくなるものでしょう。だから、ヴァルクが犯した罪もボクのものだよ! ヴァルクが人を殺めても、君たちにその罪は一切あげない! すべてボクひとりのものだ!」


「…………」「…………」「…………」


 一瞬、三人とも呆気にとられる。

 この非常時に、何を言っているのだ。

 誰も、ヴァルクへの愛など聞いていない。

 この変態男は、どこまで非常識な変態なのだ。


 ……そう思って、一拍してから気がついた。

 いちずは、急に気持ちが楽になった。


(すべてを背負ってくれる気なのか……)


 言い方は、かなり異常だった。

 だが、告げられた内容は、男の覚悟そのものだったのだ。


「……わかり申した、主殿。勝手なことを申して失礼いたしました。お許しください」


 そう言いながら立ち上がると、ミカは掌を上に向けて腕を前に伸ばした。


 そこに重ねるように、双葉も手をだす。


「確かに『愛しい相手のものは、すべて欲しくなるもの』だね。だから、ヴァルクのすべては、ご主人様のものだよ」


「しかし……」


 その上に、いちずは魔生機甲設計書ビルモアの背表紙を持った手を伸ばす。

 3つの手が重なる。


「……それならば、私たちだって同じ。だから、世代セダイの罪は、私たちがもらう!」


「えええぇぇ~~~~ぇ~~~~」


「なんでそんなにイヤそうなのよ! そこは感動する場面でしょ!」


 双葉のツッコミは、無視される。


「――設計読込デザイン・ロード、タイプ、クアッド・コア!」


 いちずの呪文で、魔生機甲設計書ビルモアが浮き上がる。

 いつもと違う呪文だが、同じように最初のページから自動的にペラペラとページが次々とめくれていく。


「――材質確定マテリアル・フィックスド!」


 素材チェックリストが、次々と光を放っていく。


「「「――構築ビルド、【フルアーマー・ヴァルク】!」」」


 三人の声がきれいに重なる。


 光の粒子が魔生機甲設計書ビルモアからあふれだす。


 スリムなヴァルクとは、まったく別形態とも言うべき姿がその場に作られる。


「…………」


 気がつけば、4人は薄暗いコックピットにいた。

 中央にいちず。

 左後ろに双葉。

 右後ろにミカ。

 そして真後ろの1段高くなったところに、世代が座っていた。


「……スタンバイモード、レディ! 各部チェック開始!」


 世代の命令で、3人がそれぞれの仕事を始める。


「コンディション確認、オールグリーン!」


「ジャイロスコープ、起動。アクティブフェイズドアレイレーダー、起動。探索範囲10,000mに設定。各部電磁誘導バリア、起動。出力80%。自動防御システム、オートパイロット」


可変光帯翼かへんこうたいよく、100%展開。各部武装、アンロック、アンド、イネーブル。ツインレーザーライフル、セパレートスナイパーモード」


「オートバランサー、右0.58、左0.34補正。推定稼働時間15分44秒。電力レベル、グリーン。レンジエクステンダー、レディ。モード、デストラクション」


 そして今、すべての準備が整った。

 世代が操縦桿を握る。


「よし、行くぞ! ……アイ・ハブ・コントロール!」


 その声に、3人が応じる。


「「「――ユー・ハブ!!!」」」


 スタンバイモードから、アクティブモードに切り替わる。

 それは、ヴァルクの目覚め。

 その起動の瞬間には、大量の魔力が3人から吸い上げられる。


「あああああぁぁぁ~~~~!!」


「いやああああぁぁ~~~~!!」


「うわああぁぁぁぁ~~~~!!」


 同時にもだえ苦しむ3人。

 だが、単に苦しいわけではない。

 魔力が吸い取られるゾワゾワとした感覚。

 その刺激が強すぎるのだ。


「あふっ……。こ、これ……慣れたら……ま、まずいよね?」


「ああ……。怖いな……」


 双葉にいちずは同意する。

 2人は呼吸が荒くなってしまう。

 唯一、ミカだけはそこまで乱れず、普通に話しだす。


「さて。主殿。これからどうなさいますか?」


「まずは、おちょくって街からこっちに誘いだす」


「おちょくる?」


「ああ。後は、任せとけ! ……それでは、いただきます!」


「…………」


 コックピットに座った世代は、普段と違う自信あふれる表情を見せるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!