Act.0056:うえぇぇぇ~~~ん!

「やられたよ。まさか、あんな手があるなんてな……」


 試合終了後、その場で魔生機甲レムロイド格納ストレージ・インさせた和真が、同じように降りていたいちずのもとに歩み寄ってきた。


 コロシアムの真ん中で、いちずの前に立つ和真に悔しそうな顔色は見えない。

 むしろ、どことなく力が抜けた、すっきりした顔をしていた。

 そんな和真に、いちずは困惑してしまう。

 いたたまれないように、合わせられない目線を地面に落とす。


「ん? どうした? 優勝候補たる俺に勝ったんだから、もっと嬉しそうにしろよ」


「……卑怯……ではなかったか?」


 いちずは、和真の顔を見られず胸元当たりに視線を落とす。

 勝つためとは言え、肉弾戦を行っている時に、あのような不意打ちはいかがなものかと思ってしまったのだ。


 だが、和真は大袈裟に両肩を落としてまでため息を返してくる。


「ばぁ~~~か! あれも魔生機甲レムロイドの武器なんだろうが」


 和真の手が、いちずの頭に乗せられ、ポンポンと叩かれる。

 手が離れ、いちずが顔をあげると、そこには微笑を見せる和真がいた。


「全力で戦うってのは、そういうもんだろう。むしろ、魔生機甲レムロイドの機能を使いきって戦っていなければ、魔生機甲設計者レムロイドビルダーに失礼ってもんだろうが」


「和真……」


「まあ、あんな当たりもしなさそうな、爪攻撃をされた時に、『なにかある』と思えなかった俺の落ち度だ。たぶん、俺はお前を……あの東城世代セダイを舐めていた。それが敗因だ」


 いちずは思わず感心してしまう。

 逃げないし、物事を真っ正面から受けとめる。

 和真の態度は、まさに男らしかった。

 自分がなぜ、この男の求婚に応じなかったのか不思議に感じるぐらいだ。


「ところで、あの土のゴーレムは、もしかして親父さんがデザインしたものじゃないのか?」


「ああ。よくわかったな」


 和真が、肩をすくめて見せる。


「そりゃあな。昔から見ていたし。しかし、よりによって親父さんのゴーレムに止められるとはなぁ。まるで、親父さんに結婚を反対された気分だったぞ」


「あははは。父さんは、結婚に賛成みたいだったぞ。和真はいい男だと、しきりにほめていたしな」


「ちぇっ。親父さんが生きているうちに……もっと早いうちに決着をつけておくべきだったな」


 少しだけ寂しそうな顔を見せた後、和真は右手を伸ばしてくる。


「…………」


 その手をいちずは、しっかりと握った。

 2人は、強く握手を交わす。


「友達であることは変わらないんだ。あいつの浮気性が困るなら相談しろ」


「ありがとう。でも、その心配をしたいぐらいだよ」


 いちずは、苦笑してみせる。


「……幸せにな」


「ああ……」


 涙がこぼれそうになるのを彼女は必死に抑える。

 ここは、泣く場面ではない。

 泣きたいのは、和真の方のはずだ。

 和真が気持ちよく手を離せるよう、笑顔で別れなければならない。


 そう思っていた矢先だった。

 いきなり、和真が思いっきり手を引いた。


「――なっ!?」


 バランスを崩しながら前のめりになる。

 そのまま和真の背中側に回される。

 とたん、大きな影がかぶさる。


 轟音と共に、威嚇するように間近で着地する、見覚えのある3機の魔生機甲レムロイド

 風が吹き荒れ、勢いで倒れそうになるが、和真がしっかりと支えてくれた。


 だが、異変はそれだけでは終わらなかった。

 騎馬が数頭、走り寄ってくる。

 運営者の魔法による放送で何か警告されるが聞き取れない。


「これは……何事なんです?」


 和真が、冷静を装いながら危険な行為に怒りを見せる。

 だが、相手が相手だ。

 怒りにまかせることはできない。


 3機の魔生機甲レムロイドは、どれも同じデザインをしていた。

 青いボディは、他の魔生機甲レムロイドよりかなり厳つく、重武装の鎧武者を思い起こさせる。

 そして胸部には、日の丸の前に刀が2本クロスしたマーク。

 馬に乗って現れた者達も、青いジャケットに同じマークをつけている。


 それは、警務隊のマークだった。


「貴殿が【あずまや工房】の【東埜いちず】か!」


 騎馬したまま警務隊の1人が呼びかける。

 一瞬だけ躊躇うが、いちずは和真の前に身をだした。


「いかにも。わたしが、東埜いちずですが」


「ふむ。あずまや工房と、魔生機甲設計者レムロイドビルダー【東城世代セダイ】に、国家反逆罪の嫌疑がかけられている。大人しく同行してもらう!」


「――なっ!?」



   ◆



「様子がおかしい。なぜ警務隊が?」


 ミカがそう言った途端だった。

 まるでそれに合わせたように、階段から多くの足音が響いてくる。

 ミカたち3人がふりむくと、階段から次々と青い制服を着た者達が、腰に差した剣に手をかけながら現れた。

 そして、あっという間に、3人を囲んでいた。


「これはどういう戯れか?」


「我々は警務隊である。貴殿らは、あずまや工房の関係者か?」


 警務隊のリーダー格らしいものが、一歩前にでた。


 それに対応するように、ミカも前にでる。


「いかにも」


「あずまや工房と東城世代セダイには、国家反逆罪の嫌疑がかけられた。関係者である貴殿らも拘束させていただく!」


「なっ、なにをバカなことを! いったい、どういう理由で――」


「それについては、警務所で説明する。まずは、貴殿らの武器と魔生機甲設計書ビルモアを預からせていただく!」


 そこにミカを押しのけて、双葉が前にでる。

 その幼さの残る顔は、眉がつりあがりいつもと違う迫力が増していた。


「冗談じゃないわ! あたしは大隊長・神守の娘、双葉よ! 父はどこなの!?」


「大隊長殿は、本任務から外されている!」


「――えっ!? パパが!?」


 双葉はすぐに自分のせいで父親が外されているとすぐに気がつく。

 だが、そんな罪に誰も覚えがない。

 どうして、そんな大それた罪の嫌疑がかけられるのか、まったく意味がわからない。


「うえぇぇぇ~~~~ん!!」


 突然、双葉の背後で鳴き声がした。

 それは、フォーだった。

 まるで、本当の子供のように泣きじゃくっている。


「お、おい。なんだ、あの子供は!?」


「……報告にはいない娘ですね」


 警務隊の中でも予想外だったのか、少し慌てた声が聞こえた。


「わ、わたし……ひっく……ふ、双葉お姉ちゃんに……ひっくひっく……いい場所で見学できるよって……言われて……」


 いつものフォーと、まったく違っていた。

 あまりの違いについていけず、双葉とミカは固まってしまう。


「うぇ~~~ん……ひっく、ひっく……わ、わたし、魔生機甲レムロイドなんてもってないし、関係ないのにぃ~~~」


 そこまでして、ミカがやっと反応した。


「そうなのだ。この娘は近所の子で関係ない。見学したいというので、同席させたに過ぎぬ。このとおり、まだ子供。彼女は、このまま帰してはもらえぬだろうか」


「むむ……。まあ、よかろう。子供は関係あるまい。貴様は、帰ってよい!」


「うえぇぇぇ~~~ん! あ、ありがとうごじゃいましゅ~~~」


 フォーはそう言いながら、怖がっているそぶりで早々に階段を降りていく。


(……主殿を頼んだぞ、フォー!)


 その姿にミカは感心しながらも、彼女に一縷の望みをかけるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!