Act.0049:自分で決着をつけておいでよ

 法術で身を守る方法には大きくわけて、魔力をまとう【魔力障壁】と、法術による隔離を行う【魔術結界】という2種類がある。

 魔術結界は高等魔術の1つだが、その中でもすべてを遮断する大呪【想起結界】という魔術結界は非常に強力だった。

 特定空間を【世界の記憶】という壁で覆うもので、外から見ると結界を張った直前の様子が固定されている。

 壁は周囲からの影響を「記憶を保持」することで無効化し、内部が完全に遮断される。

 この結界ならば、外部から見ても内部での行為は見えないし、内部の行為が外にもれることもない。

 ただし、【想起結界】は飛びぬけて消費魔力が高いため、数人の魔術師で術をおこなって、数十分しかできないのが普通だった。


 しかし、それだけあれば、秘密裏に魔生機甲レムロイドのテストを行うには十分である。


「これで劣化コピーなのか?」


 弦月げんげつは、サングラスをクイッとあげてから肩をすくめた。


「冗談みたいだな。この狭い空間で、同レベルの魔生機甲レムロイド5機を相手に、1機で勝ててしまうとは」


 もし、この結果だけ報告されたら信じられなかっただろう。

 魔法障壁の中で行われた実験を目の当たりにしていたからこそ、弦月も結果を受け入れることができたのだ。

 彼は少し乱れたオールバックの髪を整え、黒いスーツの埃を払ってから、隣のやはり黒スーツの男に口角をあげてみせる。


「名月、オリジナルはもっとすごいのだろう?」


 尋ねられた名月が、さらさらの金髪を掻きながら答える。


「ああ。たぶんね~。劣化コピーの数倍、下手したら10倍ぐらいは強いかもしれないぞ。まあ、パイロット次第だけどさ」


「まあ、そうだろうな。私が南天で見た魔生機甲レムロイド2機も、性能で言えばそのぐらいはありそうだった」


「交渉できなかったのかい?」


「残念ながら、長門がなぜか匿ってな。関係性はわからないが、そのまま逃げられてしまった。今は騒動を起こしたくないしな」


「あらま。弦月さんにしてはドジったね」


「フン。お前だって奪い返されたくせに」


「面目次第もないな」


 まったく悪びれず、名月は楽しそうに笑う。

 その態度に、弦月は肩をすくめた。


「しかし、これでも十分楽しめるだろう」


「まあね。次の作戦時には、18機が用意できそうだよ」


「ほう。ずいぶんと全力を注ぎこんだな」


「そりゃあ、この強さを見ればね。幹部連が手が空いている魔生機甲設計者レムロイドビルダーを全員集めてきたよ。全部で17人。コピー作業に1機あたり5日はかかるらしい」


「レベル25に5日……それほど難しいと言うことか」


「ホントにな。いったい、このオリジナルを作るのに、どのぐらいの月日をかけたやら」


「ああ。でも、そのオリジナルのレベルが量産されたりしたら、今の魔生機甲レムロイドは、ゴミになるぞ。それどころか、それを最初に握った奴が、歴史を変える力を得る……」


 弦月は考えただけで、ぞっと寒気を感じる。

 下手すれば、4~5台で今の大隊を相手にできる戦力だ。

 小さな工房が握っていていい戦力ではない。


(やはり今回の作戦のどさくさで奪うしかないな……)


 一計を案じていた弦月は、それを実行することを決めていた。


「で、この劣化コピー魔生機甲レムロイドの名前は?」


「劣化、劣化言うなよ。今後、この新機軸のは【フルムーン】と呼称することになったんだからさ。こいつは、その第一モデルとして【フルムーン・アルファ】だよ」


「なるほど。【新月ニュームーン】という組織が使うのが【満月フルムーン】とは皮肉だな」


「いい名前だろう。日の本の国に、月の明かりを照らして、日の光を消してやろうじゃないか!」


 彼らは、ひっそりと、しかし大胆に準備を着々と進めていた。


 そして、そのふりかかる火の粉は、世代セダイの居場所を奪おうとするものであった。



   ◆



 和真が帰った後、あずまや工房では、また会議が行われていた。


「あんな約束して、どーするのよ、ご主人様?」


 双葉に問いつめられるが、世代セダイは上の空だった。

 長門から借りてきた魔生機甲レムロイドの資料を片手に見ながら、とりあえず「うーん」と低く唸っておく。


「ちょっとご主人様! 聞いていますか! まさか、いちずをゆずるつもりじゃないでしょーね!」


「……あのさ、ゆずるも何もないと思うんだけど。いちずさんは、ボクの物じゃないし」


 双葉のキャンキャンした声に我慢しかねて、世代セダイは資料を閉じた。

 そして、ダイニングテーブルに座っている他の3人の顔を見まわす。


「それにあの場合、受けなければ収まらないと思ったから受けたんだけど。断れると思う?」


「まあ、無理でしょうな」


 答えたのは、ミカだった。


「彼とて本気で、いちずを好きだったのでしょうから、男として退けるわけもないでしょう。しかも、相手が変態となれば」


「……ミカさんも、主とか言いながらハッキリ言うね」


「拙子は別に、主殿が変態でもかまいませぬからな」


「そう言われると、言い返す言葉も見つからないけど」


 世代セダイは、ふうとため息を一度ついてからまた話し始める。


「とにかく、ボクはどうでもいいけど、彼は引かないでしょ。引かないと、ボクは魔生機甲レムロイドのデザインに集中できないでしょ。だから、勝負は受けたんだよ」


「しかし、世代セダイ。今から自分の魔生機甲レムロイドを作る気か? レベル制限が35の大会だから、ヴァルクは使えないぞ」


 不安そうな顔のいちずに、世代セダイは目をパチクリさせる。


「いちずさん、なに言ってんの? ボクは魔力がないんだから、1人じゃ魔生機甲レムロイドを動かすことできないじゃない」


「……あっ!」


 心底驚いたように少し青ざめて、いちずが口元を手で押さえる。


「そうだった! どうするのだ! 複座など認められぬぞ!」


「いや、そもそもボクは参加するとは言ってないし……」


「ちょっと逃げるの、ご主人様!」


「勝負から逃げるのはいただけぬぞ、主殿」


「わ、私はどうなるのだ!?」


 3人に迫られ、世代セダイは怯えて身をそらす。

 ロボットに関することなら強気でいられる自信はある。

 しかし、それ以外で威圧されることには、あまり慣れていなかった。

 思わず、世代セダイは言いよどんでしまう。


「みんな落ちつくね。マスターは逃げない。想定内ね」


 そこに助け船をだしてくれたのは、今まで黙っていたフォーだった。

 彼女は、落ちついた様子で3人の女性を流し見る。


「慌てないね。話は簡単ね。あなたたち3人の内、1人でもマスターのデザインした魔生機甲レムロイドで大会にでて、優勝すればマスターの勝ちね」


 意味がわからず、3人が顔を見合わす。

 その様子に、フォーがやれやれと首をふった。


「あなたたち、マスターに一言一句きちんと覚えておけと言われたのに覚えていないのか。想定外ね」


「い、いや。覚えているぞ。主殿は『【東王杯】でどちらが勝つか決めましょう』と仰った」


 そう言ったミカをフォーが指さした。


「問題は、その後ね」


「その後? ……『あなたが操縦する魔生機甲レムロイドが勝つか、ボクの魔生機甲レムロイドが勝つか。直接対――』」


「――ストップ。そこが和真の想定外ね」


「む? そこだと? ……『あなたが操縦する魔生機甲レムロイドが勝つか、ボクの魔生機甲レムロイドが勝つか』……はっ! そうか!」


「そうね。マスターは、『ボクの魔生機甲レムロイド』とは言ったが、自分が操縦するとは一言も言ってないね」


 全員の視線が、世代セダイに集まる。

 やっとわかってくれたかと安心して、世代セダイはかるく頷き返す。


「だって、ボクはパイロットではなく魔生機甲設計者レムロイドビルダー。ならば、ボクの魔生機甲レムロイドでの戦い方は、優れた魔生機甲レムロイドをパイロットに託すことじゃない?」


「筋は通っていますが、だます気で仰いましたな……」


 ミカの苦笑に、世代セダイは心外だと苦笑を返す。


「だますと言うと人聞き悪いなぁ。ただね、ボクが戦うのは違うと思っただけなんだよ」


 そうだ。ボクじゃない。

 改めてそう考えた世代セダイは、横にいたいちずの目を覗きこむように見つめた。

 そこに、世代セダイは真摯な心をこめる。


「これは、ボクの問題じゃない。いちずさん、魔生機甲レムロイドは必ず用意する。だから、自分で決着をつけておいでよ」


「……世代セダイ……」


 一瞬だけ、いちずは驚いた顔を見せた。

 しかし、すぐに目を閉じて黙考する。

 それは、ほんの1、2秒のこと。

 彼女は何かを呑みこむように、深くうなずく。


「ああ、そうだな。……魔生機甲レムロイドを頼む、世代セダイ


 伝わった。

 そう感じた世代セダイは、いちずを安心させるように力強くうなずく。

 自分で投げた賽だ。

 必ずふさわしい魔生機甲レムロイドを用意しなくてはならない。


(やっぱりあのアイデアを実行するしかないか……)


 一つだけ問題があり、どうするか悩んでいたアイデア。

 しかし、世代セダイはそれを実行することを決心するのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!