Act.0048.5:俺にないもの……

(絶対に勝ってやる!)


 いちずの家からの帰り道。

 夕闇の中で、ひとり熱く和真は燃えていた。

 魔生機甲レムロイドの勝負なら負けやしない。

 魔生機甲設計者レムロイドビルダーには、確かに優秀な魔生機甲レムロイドのパイロットもいる。

 なにしろ、魔生機甲レムロイドのことをよく理解しているのだから、性能を引きだすのが上手いのだ。

 しかし、こちらは実戦経験も豊富で、この辺りなら警務隊に行った兄や、隊長クラスを除けば、ほぼ負け知らずだ。


(しかし……なぜ、あいつなんだ?)


 やはり気になるのは、それだった。

 ふと、いちずの言葉を思いだす。


――和真は、頼りがいがあって、社交的で、パイロットとしても優秀で、何でも1人でできてしっかり者だ。それでいて、正義感もあるし、常識的だし、優しいし、面倒見もいい。


(あいつ……褒めちぎりすぎだろう……)


 思わず、にやけてしまう。


(まあ、俺はあいつに似合う男になるため、がんばってきたしな。……でも……それでも足らないのか)


 ふと足をとめて、星空を眺める。


(……あの世代という男にあって、俺にないもの……)


 あのむかつく男の顔を思いだす。


「――あっ! そうか!」


 そして、気がついた。


(俺にないもの……それは変態性か!)


 彼は悩む。

 まじめな彼には、ほど遠い属性なのだ。


(そうか……いちずは、変態が好きなんだな! ならば俺も変態になれば、望みがある!)


 変態になっても望みはないのだが、今の彼は気がつけない。


(変態……変態か。どうすればいいのだ……。女性物のパンツでも頭にかぶればいいのだろうか!?)


 ふと、そんな自分を頭の中で想像してみる。


 が、すぐに無理だと気がつく。


(そんな恥ずかしい真似できるか! 親も泣く!)


 深夜、彼は道の真ん中で、膝から崩れ落ち、四つん這いになって苦悩した。


「くっ……。なんて、覚悟が必要で奥深いのだ、変態道……」


 家に帰ってから落ちついて考えたら、「そんなわけあるか」と思うのだが、それまでは、まじめに悩んでいた和真だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!