Act.0047:うほ! いいパーツ!

 食事は、つつがなく終わった。


「えーっと。改めてなんだけど……」


 どこか毒気が抜かれてしまった和真は、とりあえず開口した。

 食器がさげられたテーブルには、全員が席についたままだった。

 席をはずしたがっていた世代セダイのことも、なんとか和真は留めていた。


「まず、君らは奴隷って意味がわかってるのか? こう言っちゃなんだけど、悲惨なものなんだぞ。俺は今回の戦いで、ちょうど奴隷解放の手伝いをしてきたけど、それは悲惨な……」


「あのさ、和真。あたしたち、そんなに悲惨そうに見える?」


 双葉のツッコミに、和真は言葉を失う。

 もちろん、悲惨には見えず、むしろ楽しそうに見えた。

 だが、黙っているわけにはいかないと、言いたくないことも言ってしまう。


「いいか。女の奴隷は、男の玩具おもちゃにされるのがオチなんだ。君たちはまだかもしれないけど、そのうちこの男が君たちを好きなように……」


「それこそ、望むところなのよ!」


「……はあぁ~?」


 もう和真は、今日だけで何回口にしたかわからない声をだしてしまう。


「あのね。あたしは、世代セダイと結婚したいの! 既成事実ウェルカムなの! 玉の輿バッチコイなの!」


「……え? 双葉、こいつのこと好きなの?」


「もちろんよ! まだ告白してなかったけど」


「……え?」


 思わず和真は、世代セダイをうかがい見る。


 するとお茶をすすっていた世代セダイが気がつき首肯した。


「うん。初耳」


 興味なさそうに世代セダイが答える。


「……双葉、おまえ、大切な告白、どさくさ紛れでよかったのかよ」


「どーせ、ご主人様には、どんな告白しても大差ないから問題ないわよ」


「そんな適当な……。じゃあ、ミカさんはどうなんだ!?」


 同じようにお茶をすすっていたミカが、話をふられて静かに湯飲みをおろした。


「ふむ。奴隷の扱いに関しては存じている。別に問題ない」


「問題ないって……嫌じゃないのか!?」


「ああ。嫌ではない。むしろ拙子を夜伽の相手に選んでくれるなら光栄だな」


「へ、変態的な事をされるかもしれないんですよ……」


「ふむ。まあ、主殿が変態であることは、すでに我らは承知のこと。覚悟はできておる」


「…………」


 和真は言葉を失い、思わず頭を抱える。


 そんな和真に、双葉がため息をつく。


「あのね~、和真。だいたい、その心配自体が無駄なのよ」


「……どういうことだよ」


「ご主人様はね、あたしたちを奴隷として扱ってくれないのよ。こういうのなんて言ったっけ? 放置プレイだっけ? とにかく、そういう意味では、あたしたちに興味がないのよ」


「……え? こいつ……もしかして男のが好きなの?」


「ちょっと、そういう噂はやめてくださいね」


 さすがに世代セダイが苦情を口にする。


「ボクは、ちゃんと男性よりは女性に興味がありますよ。その手の噂が立つのは迷惑です」


「でもさ、ご主人様。そうは言っても、女性への興味なんて、魔生機甲レムロイドの次なんでしょ!」


 双葉が膨れ気味に言うと、世代セダイはゆっくりと首を横にふって微笑を見せた。


「双葉……そんなことないよ」


「えっ!?」


魔生機甲レムロイドの次ではなく、お風呂の次ぐらいだよ」


「――うわっ! 興味薄っ! って、魔生機甲レムロイド、食べ物、風呂……ベスト3にもはいってないわけ!?」


「まあ、女性がというより、人間にあまり興味がないんだけどね」


「言い切ったな、主殿」


「想定外ね」


 さすがに周りも引きはじめる。


「ああ。でも、魔生機甲レムロイドのパーツとしての人間は興味があるよ。どうすれば、より性能を引き出せるのかとか、今までと違った視点だよね」


「……なに言ってんだ、こいつ」


 和真は、すっかりついていけなくなる。


「あれ? 待てよ。そういう視点で見ると……和真さん、あなたすばらしいパーツに見えますね」


「……え?」


「筋肉の付き方や、たぶん動きなんかもさっきから観ていると……。うーん。この中で、もっとも興味がわくパーツかも!」


「……え?」


 ガバッと世代セダイが立ちあがる。


 そして熱い無遠慮な視線を和真に向け、舐めるように視線を動かす。


「うん……うん……うほ! いいパーツ! よし。和真さん。あっちの部屋でちょっとはだ――」


「――世代セダイ!」


 暴走し始めた世代セダイの頭をいちずがガッシリと鷲掴みする。

 その表情は、まるで般若のような怖ろしさが宿っている。

 2本の角が頭部にそそり立ち、目が赤く光ってつりあがり、口が裂けて牙が顔をだしている……かのように、そこにいる全員が感じていた。


 さすがの世代セダイも、顔をひきつらせて固まる。


「君は、『そういう噂』を立てられたくないのだから、そういうことは口にしないようにするべきではないか? うん?」


「は、はい……そ、そうですね……」


「それに今は、私の魔生機甲レムロイドを作っているはずだろう? 浮気している暇はないはずだな? うん?」


「は、はい……そ、そうですね……」


「よし。世代セダイ、君はもう工房に行ってよし」


「りょ、了解です……」


 そう言うと、世代セダイは脱兎のごとく工房のドアに消えていった。


「和真……」


 いちずが重く言葉を紡ぐ。


「うちの世代セダイを誘惑するのはやめてくれるか?」


「誰が誘惑してるか!!!!」


 とんだ言いがかりだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!