Act.0024.5:はうっ!

 魔生機甲設計書ビルモアという文化のおかげか、印刷に対する魔法体系もできあがっており、そのために出版物というものも多く出回っていた。


「ファーストキスは……レモン味……」


 衝撃の出来事から家に駆け込み、そのまま自分の部屋に閉じこもった双葉は、愛読書の1冊を手にベッドに潜りこんでいた。


 それは甘酸っぱい青春を描いた小説だった。


「レモン味……酸っぱいの? でも、香りは石けんの……はうっ!」


 衝撃のファーストキスを思いだしてしまいそうになり、双葉はまた枕に顔を埋めた。


「いや、あれは違う! 事故! レモン味しなかったし! ……あ、でも、お風呂前なら蒸れてるから酸っぱい……はうっ!」


 また、顔を埋める。


「だめだ……モヤモヤする、モンモンする……どうすればいいの、これ!?」


 小説に意識を持っていこうと、横に積んであった別の巻を手にして適当に開く。


――すべてを見られた私は、もう彼に結婚してもらうしかないわ!


 小説の中のヒロインが、風呂に入っているところを男性キャラクターに見られて、心を決めるシーンが目に入る。


「逆はないの、逆は! あたしの場合は、見ちゃったの! この場合は、お婿にもらうの!? いや、でも、あたしはすでにもらわれている立場だし……」


――誓いのキス。これで私は、この人のもの……


「え? え? そう言えば、このシーンでもらわれる証でキスしてた……。考えてみれば、これ契約のキス!? でも、あたしの場合は……はうっ!」


 また回想してしまい、それを消すために顔を枕に埋める。


「とにかく、結婚してもらわないとダメね。もう明日から押しかけるしかない! ……でも、あれ、その……不潔だったりしないのかな。病気とか平気かな。風呂には入った直後だったけ……はうっ!」


 何かのおもちゃのように、双葉は同じ行動をくりかえす。


 数人の男を手玉にとりながらも、健全なおつきあい止まりだった双葉には、ハードルの高い出来事であった。


「とりあえず、こういうことに詳しいミチヨに明日、話を聞こう! 聞くことは、えーっと……ファーストキスの味と、こういうことして……いや、あくまで友達――いちずでいいかな――が、こういうことをしちゃったんだけど、衛生的に大丈夫だったのかと、このモンモンした気持ちを収める方法と、あとは男性が喜ぶことでも聞いておけばいいかな……あくまで、いちずが知りたがっているということで!」


 翌日。


 双葉はとんでもない耳年増にレベルアップを果たした。


 そして、世代セダイの押しかけ女房となるため、いちずの家に突撃したのだった。


 ちなみに、いちずにあらぬ噂が立つのだが、それはまた別の話である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!