Act.0028:じっくり裸を見せて

 夕方近くになって、双葉がやってきた。

 本当に大きなバッグに、着替え類だけしか持ってきていなかった。

 彼女はかなりオシャレで、多くの服を持っていたが、自分の荷物のほとんどを整理してきたというのである。


 また、整理したのは、荷物だけではなかった。

 自分に言い寄ってきていた男性数名に、引導を渡してきたというのだ。


「本気で好きな人ができて、その人と結婚するつもりだからと言ってきた」


 本当に、すっぱりと断ってきたらしい。

 もちろん、好きな相手とは誰なのかとか、何をしている奴なのかとか、いろいろと問いつめられたが、双葉は「そのうち」とだけ答えてきたという。


「まだ、婚約してもいないからね! まあ、絶対にしてもらうけど!」


 彼女はどこまでも前向きで、思っていることに正直な人間だった。

 いちずは、たまに双葉のそういう所に憧れてしまう。

 いちずの方が言葉遣いは男っぽいが、双葉の方が心意気では男っぽい。


「バカね、いちず。なんで言わないのよ」


 だからなのか、いちずはよく双葉から説教される。

 今もダイニングテーブルでお茶を片手に、呆れるような双葉の声に問いつめられる。


「試合に関係なく、あんただって、本当は自分用の魔生機甲レムロイドをご主人様につくって欲しかったんでしょう?」


「うん……」


 力なくうなずくいちずに、双葉が大きなため息をつく。


「ご主人様は頼んでも、別に嫌がらないと思うよ?」


「……そうだとは思うのだが、世話になっているのに、私のわがままを言うのも」


「いちずだって、食事の世話したりしてあげてるんでしょう?」


「いや、だがな。彼の稼ぎに釣り合うような世話はさすがに……」


「なら、いっそうのこと、いちずもご主人様に身も心も捧げてしまえば?」


「――なっ!?」


「だって、それに釣り合うものを返せてないんでしょ?」


「いや。しかしだな、人の心というのはだな……」


「気に入っているくせに」


「――はうっ!」


 双葉の言葉で、いちずは心臓がバクンッと大きくはねるのを感じる。


「いちず、ああいうタイプ好きでしょう? 見た目は普通だけど、脇目もふらず、仕事に一心不乱に打ちこむタイプ。ああいうの見ていると、陰ながら支えたくなっちゃうんでしょう? あなたのお父さんも、そういうタイプだったしね」


「…………」


 いちずは自分でも紅潮していることに気がつく。


「なにげに、いちずって尽くす系だよね。まあ、才能がない相手だと目も当てられないけど、世代セダイの場合は才能もあるから、尽くし甲斐があるよね~」


「…………」


 いちずは黙してしまう。


 彼を支えることで彼が生みだす、すばらしい魔生機甲レムロイドを一番に見たり、乗ったりすることができるポジション。

 双葉に言われるまでもなく、そのポジションで彼女は心に充実感を感じていた。

 そしてその充実感は、確実に世代セダイに対する想いを変化させていた。


世代セダイのこと好きになってるでしょ?」


「――い、いやっ! その……」


「認めるなら、早めの方が良いよ。じゃないと、和真が可哀想だ……」


「うっ……」


 いちずは、双葉と同じ幼なじみの名前を挙げられ、また息を呑んでしまう。


 脳裏に、幼い頃から一緒にヤンチャした顔が浮かび、それが今の立派な青年になった顔にオーバーラップする。

 世代とはタイプが違うワイルド系で、少し焼けた肌、太い眉毛、男らしい体つきで、この辺りでは人気度の高い好青年の和真。


「和真から、未だに求婚されているんでしょう?」


「……ああ」


 和真は双葉と同じタイプで、思ったことに割と素直に行動する。

 そのため態度はわかりやすく、周りにも和真がいちずに懸想していることは丸わかりだった。

 周囲からは「お似合いのカップルだ」と思われているらしく、いちずとしては困っていた。


「もう、何度も断ってはいるのだがな……」


「和真はいい奴だし、明るいし、かっこもいいし、パイロットとしての腕も見込みある。いい物件だと思うけどね」


「物件って、おまえな……」


「わかってる。いちずって線が細いタイプというか、コツコツタイプというか……要は地味なのとか好きだよね。ファザコンの気があるし」


「そ、そういうわけではないぞ。ただ、あいつと結婚すると考えた時、どうしてもイメージがわかなくてな。あいつとは、友達やライバルのイメージの方がわきやすいのだ」


「でも、向こうはまだあきらめてないよ。男と一緒に住んでいると知ったら……」


「だから、双葉たちが一緒に住むことを認めたんだろが。お前が、2人きりだとまずいと言うから……」


「あははは。あたしとミカは、和真に感謝しなきゃね!」


 これが、双葉とミカの居候を許した一番の理由だった。

 あくまで世代セダイは住み込み職人で、いちずとは雇用関係を強調する。

 それには、双葉やミカという押しかけ女房がいれば、和真にも言い訳が立つと双葉にそそのかされたのだ。

 いちずが世代セダイに対する気持ちをハッキリさせないことに、つけこんできたわけである。


「というか、お前はいいのか」


「ん? なにが?」


「朏さんも、よくわからないが世代セダイを気に入っている。それに私のことも煽っているが、お前にとってはライバルが増えることになるぞ」


 いちずの心配事を一瞬、考えてから双葉は「なーんだ」と笑い飛ばす。


「あたしは、あのママの影響かな。うちのママって、知っての通り現実的というか、なんというか。……まあ、要するに当人同士に愛情があって、夫に養う力もあるなら、一夫多妻でも問題なしなんだよね。その点の考え方は、あたしも同じ」


「そ、そう言えば、そんなことを前にも言っていたな。あれは本気だったのか」


「もち。経済的には問題なさそうだし、【東城世代セダイ】作の魔生機甲レムロイドをこれからも近くで見たり、乗ったりできるなら、あたしは幸せなんだよね。もちろん、ご主人様がちゃんとあたしのことを好きになってさえくれれば……の話だけど。さすがに愛情がないと、寂しいしね」


「そうだな……」


 そこに、ドアが開く音が聞こえた。


「……あれ? 双葉、また来ているの? 暇人?」


 出てきた途端、世代セダイに酷い言われようをした双葉が立ちあがる。


「ちょっとご主人様! 暇人ってどーいうことよ! あたし、今日からここに住むんだよ! 聞いてないの!?」


「聞いてないよ。……ってか、なんでご主人様って呼ぶの?」


「だって、あたしの体は世代のものになったんだから、いわば奴隷でしょ。だから、世代はご主人様じゃない!」


「あ、そういうことなんだ。じゃあ、双葉はボクの言うことをなんでも聞くの?」


「も、もちろんよ……」


 予想外の質問だったのか、双葉が顔をちょっとひきつらせる。


「ふーん。なら、たとえば『じっくり裸を見せて』と言ったら見せてくれるの?」


「――なっ!? ……も、もちろんよ!」


 一瞬で顔を赤く染めながらも、双葉は強く言い放った。


 対して、世代セダイの顔色はほとんど変わっていない。


「……そうか。クラスの男子が知ったらうらやましがるだろうなぁ」


「クラス?」


「……いいや。なんでもない。そんなことより――」


「――そんなこと!? あたしの裸の話がそんなことなの!? 見たくないの!? あたしの裸が見られるなら、死んでもいいっていう人もいるぐらいなのよ!」


「どうせ見るなら、魔生機甲レムロイドを眺めたい。後で、カットゥを構築ビルドしてよ」


「あ、あたしの体より、カットゥの体のがいいっていうの!?」


「うん」


「――ひどっ!」


 いちずは、「どこかで聞いたような会話だな」と苦笑しながら、手ぶりで世代にもお茶を勧めながら話しかける。


「ちょうど良かった。私からも世代セダイに話があったのだ」


「あ。そうなの?」


 いじける双葉を放置して、二人は話し始める。


「えーっとだな……。つ、つまり、勝手なお願いで悪いのだが……。や、やはり、私にも魔生機甲レムロイドを作ってもらえないだろうか! 賞金のためと言うより、私も世代の魔生機甲レムロイドが欲しいのだ!」


 いちずは席に着いた世代にお茶をだしながら、気まずそうに少し上目づかいで様子をうかがう。


 だが、世代セダイの態度はかるかった。


「それはもちろん、いいんだけど。もう次の機体、描いちゃったよ」


「……え?」


 彼は片手に持っていた魔生機甲設計書ビルモアを机の上に置いた。


「自由に描いて良いと言われたから、初めての試みで法術戦中心タイプを描いてみたんだけど、これはどうかな」


「すまん。私は剣術メインの近接のが得意で……」


 いちずは、がっくりと肩を落とした。


「そうか。まあ、また描くから。ただ、近接と言っても、前の2機も気にいってもらえなかったみたいだし、ボクはいちずさんがどんな魔生機甲レムロイドを望んでいるのかよくわからないんだよね」


「す、すまない……」


「ううん。相性だと思うんだ。……というか、考えてみたら今まで『誰かのために』と、ロボットをデザインすることなんてなかったんで、どうすればいいのかよくわからないんだよ」


世代セダイ……」


 世代セダイが珍しく、暗い顔を見せた。


「それに、ボクは根本的に『すべてのロボットは、ボクのためにある』と思っているし」


世代セダイ……それはどうかと思うぞ」


 その思考では、確かに「誰かのために」デザインするのは無理だろうと納得する、いちずであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!