Act.0028.5話:くぱぁも?

「ねえ、ちょっとミカ」


「ん? なにようか?」


 今日から双葉と同じように住み込むミカは、バッグの荷物を整理しながら双葉の方に振りむいた。

 双葉は相部屋となる寝室のベッドに腰かけながら、妙に神妙な顔を見せる。

 これから2人で寝食を共にし、さらに場合によってはパイロットだけではなく、世代のことについてもライバル関係となるかもしれない。


 だから、双葉はミカにその覚悟を聞いておきたかった。


「あなたも、世代セダイの奴隷になったんだよね」


「うむ。しかし、拙子はできるならば、忠臣という立場を望んでおる。まあ、どちらにしてもこの身は、主殿に捧げたつもりだ」


「ならさ、世代セダイが『じっくり裸を見せて』と言ったらどうする?」


 双葉は、昼間に言われたことを思いだして、少しだけ頬を染めながら話した。


 それに対して、ミカは超然と答えた。


「主殿はそのようなこと言わぬと思うが、もちろん言うとおりにするだろう」


「は、恥ずかしくないの?」


「恥ずかしいが、主殿が望まれるならば、それが我が望みでもある」


「な、なかなか覚悟してるわね、ミカ。……じゃあ、もし、『裸のままM字開脚しろ』って言われたら?」


「むろん、行う」


「そ、それを目の前で観察されたら!?」


「なすがままに」


「さらに『自分でくぱぁしろ』って言われたら!?」


「御心のままに」


「――変態! ミカの変態!!」


「……自分で聞いておきながら、酷い言いようだな」


「だっ、だって、そんなの変態じゃない! 恥ずかしくて死んじゃうでしょ!」


「……ならば、双葉は命令されたら従わぬのか?」


「……え?」


 双葉が固まってしまう。


「双葉は奴隷だが、従わぬわけだな。つまり、拙子だけが主殿の従順たる奴隷……」


「し、従うわよ! 言われたとおりにするわよ!」


「ほう。M字開脚もか?」


「も、もちろん!」


「くぱぁも?」


「……あ、あたりまえ……よ……」


「…………」


「…………」


「……変態」


「いやあああぁぁぁぁぁ!!!!!」


 ミカほど割りきれぬ、双葉であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!