Act.0026:仕えさせてもらえぬだろうか!

「では、朏さんにゆずるとして、値段をいくらにするのだ、世代セダイ?」


「え? だから、いちずさんが決めて良いよ」


「これからもあることだ。自分のデザインぐらい、自分で決めるようにしないか」


「じゃあ、前に競売で1億ぐらいって言っていたから、1億で」


「ま、待て。安易すぎるだろう! 競売なら確かにそのぐらいいくとは思うが、組織での落札の話だ。さすがに個人でその額は……」


「いいや。払わせていただきたい!」


 ミカは、きっぱりと言い切った。

 最悪、そのぐらいの金額を覚悟していなかったわけではなかった。


「そのぐらいの価値は、認めざるを得ない。ただ、拙子が払えるのは、優勝賞金等をためこんだ5千万円まで。それを手付けとして売らずに残しておいてもらえぬだろうか」


 そう言って、ミカは額がテーブルにつくぐらい頭をさげた。


「もちろん、引き渡しは全額払ってからでかまわぬ。今の魔生機甲レムロイドは売らずに、それで賞金稼ぎを続け、何年かかっても必ず払って引き取らせていただく」


「いや。別に、先にアダラは持っていっていいんじゃないの?」


「……え?」


「だって、寝かしといても、もったいないし。いいよね、いちずさん」


「無論。世代セダイがよいなら、それでよい」


「OK! じゃあ、そういうことで」


「いやいや、待たれよ! 5千万の残金だぞ。それを払わずに逃げたらどうするつもりだ!?」


「……え? だって、あなた逃げないでしょう?」


「……え?」


「逃げたら逃げたで、見る目がなかったって事でいいよ。別に5千万でもよかったんだし。……まあ、でも、たぶんあなたは逃げないタイプだよ」


「…………」


 ミカは、激しい感動を覚えた。


 旅をしながらの賞金稼ぎなど、信用度は最低レベルと言っていいだろう。

 なにしろ、すぐに逃げることができるし、実際問題としてそういう詐欺まがいのことをする者も多かった。


 ミカはそのような騙すマネをしたことはなかったが、そこまで心から信用されたことなどなかったのだ。


 世代セダイが内心で「それよりそろそろ次のデザインに入りたい」と考え、「とっとと話を切りあげたい」と思っているなど、想像もしないミカは、感激して体が打ちふるえてしまう。


「じゃあ、そういうことで。あとはいちずさん、よろしく」


「ちょ、ちょっと待ってくれ!」


 去ろうとする世代セダイを立ちあがってミカは止める。


「本人もいないのに失礼なことを聞くが、もしかして双葉も後払いでカットゥを使わせてもらっているのか?」


「カットゥ? ああ。違うよ。あれは、双葉が自分の体を代金として払うことになって、それで手を打ったの」


「な、なんと……」


(つまり奴隷ということか? だから、ご主人様と呼んでいたのか! ……だが、それはたぶん、大義名分。なるほど、そういう御仁なのか!)


 その瞬間、ミカの中にある決心ができあがる。


(この方だ! この方こそ、探し求めていた……)


 そう考えた途端、もう口が勝手に動いていた。


世代セダイ殿、重ねてお願いしたきことが。残金の分、双葉と同じように、拙子のすべてを差しださせてもらうことで、払えぬだろうか。これから拙子が稼いだ賞金も何もかも、もちろんこの身もすべて世代セダイ殿のもの。その代わり、アダラだけは拙子のものとして、働かせて欲しい。つまり、世代殿を主として仕えさせてもらえぬだろうか!」


「――ちょっ! 朏さん!? 世代セダイはただの魔生機甲設計者レムロイドビルダーだぞ!」


 いちずが驚くが、ミカはそのまま黙って世代セダイを見つめる。


 すると、世代セダイが大きくため息をついて返した。


「……えーっと。ボクはぶっちゃけ、魔生機甲レムロイドが作れれば、別に誰もいらないんだけど?」


「やはり。……しかしながら拙子は、各地の対戦試合プグナにかなり詳しい。明日からでも、いろいろと案内することもできるがいかがか?」


「よし、採用!」


「こ、こら! 世代セダイ! 簡単すぎだ!」


 ミカはこうして、世代セダイの二人目の所有物となることになった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!