Act.0012.5:どこに興奮するというのだ?

「ちょっと聞いて良いか?」


 いちずは、世代セダイの理解しがたい変態的性癖にひきながらも、興味本位で聞いてみることにした。


「コックピットのどこに興奮するというのだ?」


「そうですね。もちろんコックピットによって違いますが、たとえばヒップを包みこむコックピットチェアの滑らかな丸いライン……」


「ふむふむ……」


「にょきっとそそり立つようなスティックに、穴にズッポリと入れた指先まで包みこむコントローラー」


「ふ、ふむ……」


「隠しているものをはぎとってやれば、ガバッと見える、蠢く触手のような配線」


「…………」


「などなどですね……」


「そ、そうか……」


 意外にエロスを感じてしまった、いちずであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!