Act.0019.5:本当か?

 カットゥを購入することが決まった双葉が、とりあえず家に帰って家族と相談することになった。

 いちずは玄関先まで、彼女を送る。


「双葉、本気でカットゥを買うというのだな?」


「本気だってば! これ以上ないくらいね!」


 双葉の笑顔に、いちずは少し微笑し、その揺るぎない意思を確認した。

 だが、またいちずは表情を引きしめる。


 彼女には、もう一つ大事な確認事項があった。


「双葉、もう一つだけ聞きたいことがあるのだ」


「ん? なに?」


「ビ……魔生機甲設計書ビルモア4冊って本当か?」


「え? ああ、結納の話? ホントだけど?」


「そ、そうか……」


「それがどうしたの?」


「い、いや、なんでもないのだ……うむ!」


 平静をよそおいながらも、ショックを隠しきれない、いちずだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!