第二章:双葉

Act.0015:昨夜はそんなにお楽しみでしたか!

――コンコンッ!


 真鍮で作られた獅子の顔をしたドアノッカー。

 朝早くから、その小気味よい音が響く。


――コンコンッ!


「はいよ、待ってくれ~」


 料理をしていたいちずは、卵を焼いていたフライパンを薪のコンロから降ろすと、勝手口まで小走りした。

 横の窓でドアの向こうの相手を確認すると、予想通りの相手だったので、閂を解除して厚みのあるドアを押し開ける。


「おはよう、いちず!」


 そこにいたのは、いつもにもましてニコニコとした顔を見せる幼なじみだった。

 丸い輪郭に、丸い目、少し茶色い髪まで、後頭部でアップポニーにされて円を描いている。

 そのおかげか、彼女は実年齢より、かなり幼く見える。

 いちずと同じ17才のはずなのに、首から上だけ見れば、12才と言われても信じてしまうような顔立ちだ。

 しかし、彼女は顔の幼さに反して、プロポーションがすごかった。

 身長はいちずより一回り低いのだが、胸だけはいちずよりも大きいぐらいだ。

 そのうえ、ウエスト周りはいちずより細いときている。


 そしてそれを武器にするように、彼女は新緑色のスポーツブラのような服と、タイトなスパッツでヘソ出しルック姿だった。


「今日は、いつもより早いではないか。どうしたのだ、双葉」


「どうしたのだ……じゃないわよ! 聞いたんだからね!」


 そう言いながら、遠慮なく双葉は家に入ってくる。

 そして、「いつもそうしています」というように、ダイニングの椅子に腰かけた。


「若い男、連れこんだんだって?」


「つ、連れこっ……違う!」


「ごまかさなくていいわよ。教えたとおりの服を着けておいて」


「いっ、いや、こ、これは……」


 慌てて自分の身を隠すように、いちずは両手で胸を隠す。

 言い訳の余地もなく、まさに昨日、世代セダイを悩殺しようとした黒のタンクトップと短パン姿であった。


「パパから聞いたもーん。その人、コソ泥柳生を捕まえたんだって?」


 双葉の父親は、警務隊の大隊長だった。

 きっと、昨日の事件の顛末を双葉も聞いたのだろう。

 いちずは、あきらめたようにため息をつく。


「……まあ、そうなんだが」


「で? そのナイト様はどちら?」


「まだ、寝ている」


「おお! 昨夜はそんなにお楽しみでしたか!」


「ばっ、ばかっ! 違うっ!」


 ニヤニヤと笑いが止らない双葉に、いちずが慌てて怒鳴る。


「難攻不落の姫君いちずも、とうとう大人になっちゃったんだね~」


「だから、違うと言っているだろう! そんな色っぽい話など欠片もないぞ! 彼が寝ているのは、工房のソファだ!」


「……え? 恩ある客人を工房のソファで寝かせたの?」


 心底びっくりしたのか、ニヤニヤ顔が消え失せて、目をパチクリとさせる。


「もちろん、父の使っていたベッドを勧めたさ。しかしだな――」


――バタンッ!


 廊下と繋がるドアが開き、いちずの声を遮った。

 そこには、昨日のしわしわになったワイシャツと黒いズボンのままの世代セダイがあくびをしながら立っていた。


「おお。おはよう、世代セダイ


「……おはようっす」


 目を擦りながら、まだ眠そうにしていた。


「目が覚めぬか? いったい、何時までやってたんだ?」


「……外が明らんでいたのは覚えているよ」


「根をつめすぎだ……」


 いちずは思わず苦笑する。


「今、朝飯を作っているが、食べるか?」


「食べるけど……」


 そう言いながら、世代セダイが双葉の方を見る。


「彼女は……」


「ああ。すまん。紹介してなかったな。彼女は――」


「……魔生機甲設計書ビルモア、2冊分ぐらい?」


「だ、だから、換算するな!」


 叱りながらも、自分の方が評価が高いことに内心で少し嬉しい、いちずであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!