Act.0014:そっちのがお得?

 食事は、豚肉とタマネギを甘辛く焼いたものがだされた。

 主食は、フランスパンのような硬いパンが炙られたもの。

 それに挟んで食べた。


「あり合わせですまんが……」


 いちずがそのようなことを言っていたが、味付けは世代セダイにとって非常に好みだった。

 空腹だった彼は、それをありがたくいただいた。


「料理上手ですね」


「そ、そうか。まあ、父の食事をずっと世話していたからな……」


 二人が食事中にした会話は、そのぐらいだった。

 どうやら世代セダイが食事に集中できるよう、彼女は余計な話を控えてくれていたらしい。

 そう気がついて、世代セダイは食事が終わると自分から話題をふってみた。


「ところで、魔生機甲設計書ビルモアっていくらするんですか?」


 実は世代セダイが一番気になっていたことだ。

 なんとしても、彼は魔生機甲設計書ビルモアが欲しい。

 そしてできたら、たくさん欲しい。

 彼はヴァルクの他にも書きたいロボットがたくさんあるのだ。


「まあ、1冊で500万円ぐらいが相場だ」


「500……。不躾なことを聞いていいですか?」


「なんだ?」


「この街の一般的な月収って?」


「ん? そうだなぁ……20万円ぐらいではないだろうか。パイロットなら賞金額によるし、魔生機甲設計者レムロイドビルダーは作った魔生機甲レムロイドが競りにかけられたりもするので、それによって大儲けする者もいるな」


「なるほど」


 ノートが1冊500万円と考えれば、異常に高く感じる。

 しかし、巨大ロボットの値段として考えれば激安である。


「そう考えると、5冊で2,500万円って……本当に大金ですね」


「ああ。本当は父が魔生機甲レムロイドをデザインして売るための投資だったのだが、1冊を書きかけのところで死んでしまった。でも、今度の対戦試合プグナに優勝すれば、賞金は1億円だ」


「すごい賞金……。スポンサーはそんな賞金だして平気なんですか?」


「それはデザインの買取代でもあるからな。今回の大会で優勝すれば、警務隊の正式採用魔生機甲レムロイドに登用され、その工房の名前が一気に広まるわけだ」


「同じものが、コピーで作れるんだ」


「いや、あくまで模写だな。警務隊専任の魔生機甲設計者レムロイドビルダーたちが、それを元に量産機のようなものを作ることになるのだ」


「量産機……ということは、やはりもとのより劣化するんですか?」


 この辺の仕組みは、彼にとって非常に気になるところだ。

 もちろん、量産機で我慢するという選択肢はないが、好きなだけ魔生機甲レムロイドを作るためにお金を稼ぐことも考えなくてはならないだろう。

 そうなれば、量産機販売なども考えなければならない。


「まあ、劣る……とは限らない。結局は、魔生機甲設計者レムロイドビルダーの力次第なのだ。ただ、コピーを作れる者よりも、オリジナルを作れる者は遙かに少ない。この街の15工房にオリジナルが作れるのは、父が死んでしまったのでたぶん17人だけだ」


 説明をしながらも、いちずはまた紅茶を入れてくれた。

 今度は、少しほろ苦い風味。

 わざわざ味を変えてくれていることに、世代セダイは彼女の気づかいを感じた。

 そんな彼女に感謝しながら、話の続きに耳を傾ける。


「とにかく1億円あれば、魔生機甲設計書ビルモア代を払っても余裕ができる。素材費もまかなえるから、よりいっそう売りやすくなる」


「素材費?」


「ああ。魔生機甲レムロイド構築ビルドするには、魔生機甲設計書ビルモアに素材を読み込ませないとならない……って、ヴァルクの素材マテリアルは、世代セダイがロードさせたのではないのか?」


「……ああ!」


 しばらく悩み、あの悲劇の瞬間を思いだす。

 プロト・ヴァルクが魔生機甲設計書ビルモアに、光の粒子になって吸いこまれた瞬間のことだ。

 だが、プロト・ヴァルクが血肉となり、新生ヴァルクが生まれたと考えれば感慨深い。

 感慨深い……のだが、そうなれば目の前にあるヴァルクの描かれた魔生機甲設計書ビルモアが欲しくなる。


「そういえば、あの素材はどこで手に入れたのだ?」


「ああ、あれですか。……ボクがこの世界に来た時に乗っていた、元の世界のレムロイド……と言っていいのかなぁ? それが半分事故で吸いこまれてしまったというか……」


「別世界の魔生機甲レムロイドだと?」


「うん……」


「…………」


「…………」


「……そうか……」


「……絶対、信じていませんよね?」


「いいや。信じられないが、否定もしきれないのだ。さっきこれを見たせいでな」


 苦笑する世代セダイをよそに、いちずがテーブルの横にあった魔生機甲設計書ビルモアを手にする。

 そして、開くとこちらにあるページを見せた。

 それは、魔生機甲設計書ビルモアの最後の方に記入された、素材マテリアルリストだった。

 いちずは、そのリストを指さす。


「たとえば、ここにある【レムリック合金】という素材だ。こんな金属、私は聞いたことがない」


「ああ。それ、一応は使える素材で最高品質素材のはずなんだけど……」


「そうなのか。しかし、それほどの素材なら知らないはずもないのだが……。まあ、そういうわけで、世代セダイが別世界から来たという話、まったく信じていないわけでもないのだ。そういう噂も聞いたことはあったしな」


「噂……ですか?」


「ああ。まあ、それは置いといてだ。話を戻させてくれ」


「あ。すいません。……えーっと、つまり試合に賭けてみようというわけですね」


 噂というのも気になったが、飯までごちそうになった身として、世代セダイは相手の話を優先する。

 それに他にも自分と同じように、この世界に来ているものがいたとしても、自分には大して関係ないことである。

 自分はここでロボットと暮らせればいい。

 育ててくれた両親には悪いが、自分が幸せならきっと両親も喜んでくれるだろう。

 世代セダイは、自分勝手にそんなことを考えていた。


「でも、ボクのロボットだからって勝てるとは限らないのでは?」


「いや。ヴァルクを見て乗って実感した。世代セダイ魔生機甲レムロイドならば、勝率の高い賭けだと思うのだ。最後に父が手がけた未完成の作品の処分は、できるならばしたくはない。だから、賞金がほしいのだ。協力してくれまいか?」


「なるほど」


 確かにそうかもしれないと、世代セダイはあの時の戦闘を思い出す。

 敵の魔生機甲レムロイドは、本当に弱かった。

 ヴァルクの半分の強さだとしても、きっと余裕で勝てたであろう。

 つまり、自分には強い魔生機甲レムロイドを作る能力があるということだ。

 ならば、これを利用するしかない。


「それは別にかまわないんですけど……」


 世代セダイは落ち着いた感じで交渉を開始する。


「けど?」


「いちずさんが勝ったら、成功報酬ください」


「ん? 金か?」


「あ、お金はいいです」


「お金ではない成功報酬? ……ま、まさか!?」


 いちずは身をひいて、自分を抱くように今さら胸元を隠す。

 その顔が、少し紅潮する。


「み、見るだけじゃ飽き足らず……わ、私の体が欲しいとか?」


「いや、そんなものより……」


「そ、そんなものっ!?」


「ヴァルクの魔生機甲設計書ビルモアをください」


「私より魔生機甲設計書ビルモアのがいいと言うのか!?」


「ええ、もちろん」


「もちろん!? 自分で言うのもなんだが、これでも街で一、二位を争う美女と名高いのだぞ!」


「ごめんなさい。ヴァルクのフォルムのが好みなんです」


「謝られた!? ……この身と添いとげたいと引く手あまたなのだぞ!」


「ヴァルクと添いとげられるなら本望」


「添いとげられるか! いいのか、こんな美女を前にして!」


 いちずは、十分に豊満な胸に手を当てて、自分をアピールする。

 もちろん、彼女とて身を差し出したいわけではないのだろう。

 しかし、その怒りの表情は、「魔生機甲設計書ビルモアに負けるのは許せない」と物語っている。


「私と結婚できるなら、貴族の地位を捨ててもよいという男や、魔生機甲設計書ビルモアを3冊結納してもいいと言ってくれる男がいるぐらい人気の体なんだぞ!?」


「えっ! 魔生機甲設計書ビルモア3冊!?」


「…………」


「……そっちのがお得?」


「私を魔生機甲設計書ビルモアで換算するな!」


 世代セダイは女性に対して、かなり失礼な男だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!