Act.0011:日本に決まっているじゃないか

「小僧が……あの魔生機甲レムロイドを操っていたのか?」


 ヴァルクが消えて世代セダイが地面にふんわりと降りると、髭面が睨んできた。


「うん。そうだけど?」


 世代セダイは素直にうなずいて、彼の様子をうかがう。

 四角顔が特徴的な三〇代の柳生は、いちずが用意した薄く光る金属のような魔法の拘束具で、腕ごと胴体を縛られていた。


 なんでも魔法に頼るのはどうかと思ったが、確かに便利なことはまちがいない。

 しかも、夢にまで見たヴァルクを具現化してくれたのも魔法なのだ。

 そう考えたら、魔法でも何でも許すしかない。

 そもそも、別に科学にこだわっていたわけでもない。

 どうせ元の世界の科学が巨大ロボットの時代に行くのは、まだまだ先の話だった。

 巨大ロボットが目の前にある。

 彼にとって、それがすべてだ。


「なんでオレを殺さなかった? いや。オレの部下も見逃したな? 先の2人も助けたのか? 情けでもかけたのか?」


 そんな世代セダイのウキウキ気分を無粋な言葉で柳生が台なしにしてくれる。

 世代セダイは、わざとらしいぐらい大きなため息を返す。


「あのねえ……。ボクは、個人的におじさんたちを殺すほどの怨みなんてないよ。ただ、別に知らないおじさんが死んでも気にしないと思うけどね」


「なら、なんだ? 手軽にコックピットを潰さず、強制格納フォース・ストレージ・インを狙った? パイロットのくせに、人殺しはしたくないとかきれい事、言うつもりなのか?」


 自棄になっているのか、それとも元々なのか、柳生は饒舌に質問をしまくっていた。

 その様子を鬱陶しく感じ、世代セダイは辟易しながらも答える。


「そりゃ、まあね。人殺しなんてしたくはないよ。でもさ、たぶんロボット……魔生機甲レムロイドで攻撃して殺しちゃったとしても、死体を見なかったら、きっと『殺した』って実感がわかなかったと思うし、『殺されかけたから、しかたないよね』と自己弁護して済ませたと思うんだよ、ボクは」


「……なんだそりゃ。わかんねーやつだな。なら、やっぱりコックピット狙った方が早いじゃねぇーか」


「ああ。それは単に、コックピットを狙いたくなかっただけ」


「……あん?」


「だから、コックピットを壊したくなかったの。コックピットって乗り込み型ロボット……魔生機甲レムロイドにとって、すべての機能が集中している心臓部というか、一番大切な場所ってか……もう、言っちゃえば聖域みたいな場所でしょう! そんなところを人間の血で穢すなんて……ボクにはできない!」


「…………」


「…………」


 柳生だけではなく、横で聞いていたいちずまでもが、唖然とした顔で世代セダイの方を見ていた。


「おい。いちず嬢ちゃん。……こいつ、どこで拾ってきたんだ? ってかなんなんだよ、こいつ。若いのに、頭おかしくないか?」


「正直、何者か知らない。ここで遇ったばかりだからな。ただ――」


 そう言って、いちずは手に持った魔生機甲設計書ビルモアを掲げる。


「――お前を倒した魔生機甲レムロイドをデザインしたのは、まちがいなくこの者だ」


「なっ!? なんだとぉ!? あの精密な魔生機甲レムロイドをこんな若造が!?」


「ああ。悔しいが、父よりも遙かに優れた魔生機甲設計者レムロイドビルダーらしい……」


「うっ……うそだろ、おい……」


 柳生が目を見開いて世代セダイを睨んでくる。

 だが、なんでそんな目で見られているのか、世代セダイは今ひとつピンとこない。

 確かに、あのノート……魔生機甲設計書ビルモアに書いた魔生機甲レムロイド【ヴァルク】はよくできたデザインだと自負はしている。

 だが、まだまだ甘いところはあるし、書き足りない部分もある。

 それほど驚愕されるものではないはずだ。


(……だけど、あいつらが乗っていた魔生機甲レムロイドを見ると、確かに驚くのかもしれないな)


 そこまで大したものではないと思うが、世代セダイとしては確かにあのかっこ悪いロボと一緒にはされたくはない。


「ところで、世代セダイ。君はどこに行くつもりだったのだ?」


「……どこ?」


「ああ。どこかに行く途中とかではなかったのか?」


 そう言えばと、世代セダイは思いだす。

 彼はこの世界にいきなり飛ばされてきて、天涯孤独の身になっていたのだ。

 さっきまでヴァルクがあったので、たとえ天涯孤独でもあとは飯と風呂ぐらい入れれば、どうでも良く感じていた。

 だが、ヴァルクを返却しなければならない今、この世界で生きる希望のほとんどを奪われたに等しい。

 彼の手にある魔生機甲設計書ビルモアが、今では愛しくてたまらなくなる。

 この愛を手放す……そう考えると、世代セダイは急に不安になってしまった。

 それに、腹が非常に減っているのも、彼の不安を後押しした。

 思わず彼は、低く呻ってしまう。


「私は警務隊を呼んだので、この男を引き渡したら自宅に帰るつもりだ。もし、特に当てがないなら、私の家によってもらえぬか。助けてもらったお礼もしたいし、相談したいこともある」


「……はあ。別にかまいませんけど。飯はだしてもらえますか?」


「無論。そのぐらいの礼はさせてもらうし、泊まる場所も提供しよう」


「それでしたら。……あ、でも、その前にちょっと聞きたいことが」


「なんだ?」


「……ここ日本じゃないですよね?」


「はあ? なにを言っている。日本に決まっているじゃないか」


「日本……なんだ……。じゃあ、今年は何年ですか?」


「ん? なんだ、世代セダイはまさか記憶障害とかではないだろうかな。今年は、第三魔法歴516年だろう」


「……ああ、なるほど。把握しました。そういうパターンですか……」


 怪訝な顔を見せる黒髪のいちずを前に、世代セダイはため息をついた。


(たぶんここ、BMRSバトルマッチロボティックシミュレーターの初期設定原案の世界だわ……)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!