ファントム・パンツァー

作者 ボストンP

115

49人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

戦場を駆ける男たちの描写がとても丁寧で軽快で読みやすかったです!まだ二章までしか読んでなく、アルベルトとキリの今後が気になるのですが、その楽しみは明日にでもとっておこうかと!
土煙と砂埃の舞う戦場が文章を読むたびに頭に浮かぶ、そんな作品です。

★★ Very Good!!

――

ミリタリーものというと、ある程度敷居の高いものとなりがちだが、この作品のテンポと読みやすさはどうだ?

簡潔な描写と目まぐるしく展開していく光景。

ミリタリー的なガジェットのデザインも面白い。

頭部を欠いた隻腕の巨人のようなロボット。
不可思議な能力によって、戦場を縦横に駆け回る幻影戦車。

それらの内部構造のディティールが気になる。

しかも、残酷性や残虐性、ウェットな展開に偏り易いミリタリーをやりながら、これだけ爽快感と疾走感のある作品はなかなかないだろう。

ミリタリーに馴染みのない読者にも、おすすめできる作品だ。

★★★ Excellent!!!

――

 先の気になる展開がテンポ良く進む。
 ライトノベルらしい読みやすい文体なのだが、キャラクターにあざとさがなく、クールでドライながらも、愛嬌のある兵士たちの掛け合いは、見ていて面白い。

 そして何よりも、この作者さんの戦闘描写はすばらしい!
 前作もなかなか面白かったけど、この作品はドはまりしそう。兵器を使ったロボットアクションもそうだけど、戦術、戦略もうまい作家さんなので、続きの展開が気になりすぎてやばい。


--------------------------
(追記)3/22

 話数が進むごとに、どんどんキリがキュートになっていくし、アルベルトのクールな性格もつかめてきた。
 戦場という過酷な状況の中でも、ひと時の平和な時間っていうのって、なんかいいよね!

 相変わらず出てくる専門用語や解説は、堅苦しさも無駄に難しさもない。僕みたいな素人でも「なるほど」と思わされるように分かりやすく書いてくれているので、すごく読みやすいし、面白いです。