鋼の中の雛

作者 フジムラ

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 正統派ファンタジーとクトゥルフの入り交じる独特の名作でした。
 最強を目指す剣士の道行きに、ピリッとした短いホラーが入るのがまた良い!
 決して飽きない味わいで読み続けられる良い作品なので、皆さんも是非読んでみて下さい。
 
 個人的な好みは屍食鬼の話でしたね。

★★★ Excellent!!!

――

非常に濃密な短編です。
ですが、世界設定を描き出す用語の数々は、すんなりと頭に入ってきて、とても豊かに情景を見せてくれます。

アイホートの雛の宿主になった主人公が、自らの意思で最強を目指すファンタジーなのですが、しかしそこはクトゥルフ。一筋縄ではいきません。
毎度毎度がけっぷちで、反則や裏技などあるわけもなく、それでも必死──そしてどこか淡々と、主人公は戦いを続けます。

ゲストキャラも濃い面々がそろっており、飽きるということがありません。
ぜひ、お読みになってみてください。
そしてあなたも、雛神さまの宿主になってみてはいかがでしょう?


星3文句なしの、素敵な作品でした!

★★★ Excellent!!!

――

主人公アインの中に宿る雛神様。
一蓮托生な関係だからこそ生まれるツンとデレがとても良いです。

共に生きる道があるかもしれないことをにおわせながら、二人で戦っていくその後を想像させる。
エピソード以降のデレが想像できて素敵です。

雛神様は母神様によって宿る相手を決められるから、アインに対しての『ツン』その理由も想像できてツンのバックボーンがしっかりできていると感じます。

オリジナルっぽい用語も出てきたので言わせてもらうと、これ短編で終わらせるのちょっともったいないくらい面白いですね。

アインの雛神様にも名前を与えて、その名前は誰が決めたのかとか、主人公が決めるのならそういうシーンも書いてほしい、読んでみたいです。

アインに恋を寄せる相手が出て来て雛神様がそれに対してやきもちやいたり「今更普通の女に恋しても~」的な、一蓮托生のゆえの関係――ツンデレを見たいと思える作品でした!