人形と合成獣

 望郷の調べに荒々しい竜の咆哮ほうこうと風の音が混じる。

えもいえぬ繊細な音色に野蛮な力強さが加わって、なんとも不思議な旋律へと変化した。

 サクルへアルルが猛烈に吼える。強靭きょうじんな後ろ足をばねにして、自分の背丈よりもはるかに高い位置まで跳躍ちょうやくしたアルルの鼻先が、降下してきたサクルの足に触れた。アルルが、ぎゃっ、と悲鳴を上げた。怯んだその時、初めて笛の音に気づいたように、アルルがウィゼルの方に顔を向けた。その隙に、サクル 逃げた。強い横風を利用して、ぐんぐんと高度をあげる。あまりにも高い所へ飛び退ってしまったサクルに、ルークはほっと、胸をなでおろした。


サクルはしばらく戻ってこないだろう。問題は、アルルだが)


 いつの間にか笛の旋律が変わっていることに気付き、ルークは片眉を動かした。小川のせせらぎのような、心を揺すられるような旋律だ。


(……気のせい、だろうか)


 興奮した竜を落ち着かせるための笛の音であるはずなのに、アルルはずっと唸り声をあげている。苛立つように後ろ足で地面をひっかいているのが気になった――――刹那のこと。ぱたた、という羽ばたきに、ルークは弾かれるように空を見上げた。

 それは矢のように降ってきた。

 咄嗟とっさにウィゼルを背後から抱きすくめ、頭をかばう。左腕に矢を射こまれたような恐ろしい衝撃に、ルークは声にならない悲鳴を上げた。鋭い何かが、ルークの腕をがっちりと掴んでいる。縞模様しまもようの翼が、顔中を叩いた。ウィゼルの悲鳴を、ボラクの喚きが塗りつぶす。落馬しそうになるウィゼルを支えながら、ルークはボラクの手綱を必死で握りしめた。サクルもウィゼルも、呻くほど重かった。アルルの姿を視界の隅に捉えたルークは、血相を変えた。

 見てしまった。唸り声をあげてこちらへ襲い掛かってくるアルルを。

ボラクが恐怖でいなないた。咄嗟とっさにボラクを走らせようとしたけれど、ウィゼルを支え、さらにサクルが腕にしがみ付いているせいで、ルークは身動きすらできない。


(やられる!)


 アルルが、ボラクへ飛びかかった。ルークはウィゼルに覆いかぶさるように抱きしめると、身を固くした。刹那、二人と一匹の間に、が割り込んだ。黒と青の残像が絡みあい、ウィゼルの悲鳴が響いた。ざあっと、砂が霧のように撒き上がると、もうもうとした砂煙の中で、何かが投げ飛ばされた。どすんと転がったそれへ、ウィゼルは震え、ルークが生唾を飲みこんだ。

 陽光の下で、ぬらぬらと輝くものを大量に垂れ流し、口角に泡を吹いて痙攣しているそれは、アズライトが乗っていたはずの馬。獲物を仕留めたばかりのアルルが身震いし、嬉しがるように喉を鳴らす。その背後で、着地したばかりの青い影が、すっくと立ちあがる。

 伸び放題の前髪を邪魔臭そうにかきあげるアズライトは、。アルルが唸り声を上げながら、アズライトを振り返った。アルルにとっての獲物がサクルでもなく、ボラクでも、馬でもなく、アズライトへ移った瞬間。獰猛どうもうたけるアルルと、直立不動のアズライトの姿にルークは青ざめた。

 アルルが吼える。アズライトが左手を掲げた。その掌から赤い光の、長方形の盾が現れる。


「駄目だ」


 ルークは恐ろしかった、これから起こるであろう大きな喪失が。ウィゼルを支えるので精いっぱいで、対峙する一人と一匹を止められないことが悔しかった。絶対に表へ出すまいと押し込めていた感情が、胸の中からせきを切って溢れ出す。一度溢れた言葉と感情は、止められなくなっていた。竜と、竜の民ホルフィスを滅ぼしたというアズライトの告白が、ルークに叫ばせた。


「それを殺すなっ、アズライト!」


 赤い盾へアルルが吶喊とっかんするのとルークが叫んだのは同時だった。アズライトは逃げなかった。避けようともせず、光の盾を構えたまま、アルルの頭突きを正面から受け止めようとしていた。アルルもまた、光の盾など見えていないかのように、一直線にアズライトへ向かってゆく。アルルが、光の盾へ食らいついた。刹那、光がルークの視界をいた。白い闇の中で響いた金切り声を耳にしながら、ルークは白い闇の中で、深い絶望と共に目を瞑った。


(二度目を、犯してしまった)


 徐々に光が薄らいでゆくのを感じながら、祈るような気持ちで閉じていたまぶたを開いた。最初に赤紫色の残影があった。それに重なるように大小の黒い影が立っている。大きいほうの影が、どうっと倒れた。やがて、小さな影も続くようにうずくまる。赤紫色の影が消えた後、その光景はルークの前に現れた。

 砂上にアルルが投げ出されていた。四肢をだらりと放り出し、ぐったりと横たわっている。アズライトが座り込んだまま、アルルを観察するように眺めていた。やがて二人へ視線を移し、変なものを見つけたかのように首を傾げた。ウィゼルの横顔に、みるみるうちに怒りがあふれた。


「おろして」


 ルークの腕をウィゼルは払いのけるように引き剥がすと、自力でボラクから飛び降りた。


「なんてことしてくれたの」


 アズライトの胸倉を紅潮した顔で、ひっつかんだ。


「なんとか言いなさいよ、ねえっ!」


 黙ったまま視線を宙に彷徨わせていたアズライトの表情に、何かがにじんだ。あまりにもとぼしくて、向けられたウィゼルには理解できなかった。刺すような沈黙の中で、ふっと、アズライトにいつも通りの無表情が戻る。そして、初めて気が付いたような素振りで、ウィゼルを見上げた。


「アルルは、極度の興奮状態であったため」


「だからって、殺さなくてもよかった!」


 血を吐くような叫び。共に在り続けてゆくはずだった存在を、理不尽に奪われた事への怒りと、哀しみの混ざり合った声に、ルークは苦い思いを抱いた。


(こんな想いを、させるつもりではなかったのに)


 腕にしがみついたままのサクルが小さく鳴いた。すがるように手を伸ばすと、ルークを慰めるようにサクルの方から身を寄せてきた。足にくくりつけられた鮮やかな青い紐が、指に絡みつく。

 

「笛であの子は大人しくなるの!」


「ならなかったから、襲われそうになったのでしょう。私とルークがいなかったらどうなっていたか。容易に想像できたことです。それから、アルルは死んでいません」


「嘘をつかないで!」


 かすれにかすれた声へ、アズライトは首を振った。嘘ではなく、事実なのだと。


「話は最後まで聞くべきです、ウィゼル。アルルは死んでいません。強い光による刺激で、一時的な失神状態に陥っただけです」


 証拠だとでもいうように、アズライトがアルルを指さした。投げ出されたアルルの後ろ足が、ぴくりと動いた。一度だけ大きく空を蹴ると、また小刻みに震えはじめた。呼吸もしているようで、腹も上下に動いている。


「アルルは生きています」


 淡々と述べたアズライトを、ウィゼルは乱暴に突き放した。


「……いみわかんない」


 潤みを持った声が吐き捨てられた。


「一時間もあれば、起き上がれるようになるでしょう」


 最初から心配する必要は無かったのだと、アズライトが言い放った。


「それから貴女の笛の音。旋律が微妙に異なっています。あれではアルルを落ち着かせるというより、興味を別の方向へ誘導しているようなもの。根本的な解決には至りません。落ち着かせるには、もう少し低い音色の笛で、アルルの心音に合わせるように吹かなければ」


「貴女なんかに竜の何が分かるの?」


「分かりません」


 本当の竜を知るアズライトの中では、アルルは竜ではなく、ただの合成獣で、家畜なのだという事をまざまざと思い知らされる言葉に、ルークは表情を苦くした。認識が違い過ぎるがゆえの、深い溝だった。


(アズライトだけじゃない、俺もだ)


 ウィゼルの笛の音があるから、絶対に大丈夫だなんて、たかを括っていたのがそもそもの間違いだった。アルルは犬のように従順だ。けれど、本質は肉食獣であるということを、忘れていた。


(俺も、アルルのことを家畜として見ていた)


 だから、アズライトのことをルークは強く責められなかった。

 不意に、アズライトと目が合った。


「イスマイーラの馬を、やられてしまいました」


「……事情は俺から話しておく」


 アズライトが、少しだけ困ったように眉をしかめた。


「説明は私からもさせてください。行動したのは、私なのですから」


 ルークは溜息を吐いた。


「二人で謝るか」


 考えるように口を閉ざし、サクルに目を止めた。黄金の瞳が、すっと、細くなった。


「……アリーの言う通り、鳥が来てしまいましたね」


「……ああ」


 ルークと、アズライトに見つめられたサクルが、首を傾げる。括りつけられた鈴が鳴った。


 ”鳥が、坊やの運命を運んでくる。”


 あの夜、アリーは子供に物語を聞かせるような口調で、 とつとつと、ルークへ語った。


”いいかい、よく聞きな。鳥が来たら、坊やは大きな運命に立ち向かわなきゃいけなくなる。大きな決断を強いられて、心が参ってしまうかもしれない。けれどね、絶対に目を曇らせるんじゃないよ。腹に力を込めて、しっかりと足を踏みしめて、物事をよくみるんだ。あんたのためにも、あんたを囲う人達のためにもね。”


 アリーの話を思い出しながら、ルークは厳しい表情で南カムールの方角をにらんだ。風に煽られた回転草タンルードが、乾いた大地を転がっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます